トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表

2017.09.19 自動車ニュース
新たにラインナップされる、トヨタ「GRシリーズ」の主要モデル。
新たにラインナップされる、トヨタ「GRシリーズ」の主要モデル。拡大

トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。

「トヨタ・ヴィッツ」のスポーツコンバージョンモデル3車。写真左から、「ヴィッツGRスポーツ“GR”」、「ヴィッツ“GRMN”」(プロトタイプ)、そして「ヴィッツGRスポーツ」。
「トヨタ・ヴィッツ」のスポーツコンバージョンモデル3車。写真左から、「ヴィッツGRスポーツ“GR”」、「ヴィッツ“GRMN”」(プロトタイプ)、そして「ヴィッツGRスポーツ」。拡大
ブラックを基調にドレスアップされた「ヴィッツGRスポーツ“GR”」のインテリア。写真の5段MT車のほか、CVT車もラインナップされる。
ブラックを基調にドレスアップされた「ヴィッツGRスポーツ“GR”」のインテリア。写真の5段MT車のほか、CVT車もラインナップされる。拡大
「ヴィッツGRスポーツ“GR”」
「ヴィッツGRスポーツ“GR”」拡大

GRシリーズは、トヨタのGAZOO Racing Companyが国内外でのモータースポーツ活動で得た知見やノウハウをもとに開発した商品群。エンジン内部にまで手を加えた数量限定のトップモデル“GRMN”、そのエッセンスを注ぎ込みシャシーや足まわりを強化した“GR”、気軽にスポーツドライブが楽しめる拡販モデル“GRスポーツ”といった3種のコンプリートカーのほか、カスタマイズを楽しむためのアフターパーツ“GRパーツ”がラインナップされる。

まず9月19日に「ヴィッツ」の“GR”モデルと“GRスポーツ”モデル、「プリウスPHV」「マークX」「ハリアー」「ノア」「ヴォクシー」の“GRスポーツ”モデルがリリースされた後、今冬には「86」の“GR”モデルと「アクア」「プリウスα」の“GRスポーツ”モデルが、2018年春にはヴィッツの“GRMN”が発売される予定だ。

今回発売される7車種のラインナップと価格、主なチューニングポイントは以下のとおり。

【ヴィッツGRスポーツ“GR”】

  • 専用チューニングサスペンション(ザックス製ショックアブソーバー)
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 10段スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車のみ)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • ヴィッツGRスポーツ“GR”<5MT車>(230万3640円)
  • ヴィッツGRスポーツ“GR”<CVT車>(230万3640円)
「ヴィッツGRスポーツ」
「ヴィッツGRスポーツ」拡大

【ヴィッツGRスポーツ】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加

価格

  • ヴィッツGRスポーツ<5MT車>(208万7640円)
  • ヴィッツGRスポーツ<CVT車>(208万7640円)
  • ヴィッツGRスポーツ<ハイブリッド車>(232万9560円)
「プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”」
「プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”」拡大

【プリウスPHV“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用タコメーター(「GR」ロゴ付き)
  • シフトノブ(スモークブラック加飾)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • プリウスPHV S“GRスポーツ”(371万1960円)
  • プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”(411万6960円)
「ハリアー エレガンス“GRスポーツ”」(2リッターターボ車)
「ハリアー エレガンス“GRスポーツ”」(2リッターターボ車)拡大

【ハリアー“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • 専用マフラー
  • カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッターFF車>(339万8760円)
  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッター4WD車>(359万3160円)
  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッターターボ4WD車>(399万6000円)
「マークX 350RDS“GRスポーツ”」
「マークX 350RDS“GRスポーツ”」拡大

【マークX“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)
  • 小径ステアリングホイール
  • LEDイルミネーションビーム

価格

  • マークX 350RDS“GRスポーツ”(442万8000円)
  • マークX 250S“GRスポーツ”(380万9160円)
「ノアSi“GRスポーツ”」
「ノアSi“GRスポーツ”」拡大

【ノア“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール
  • 本革巻きステアリングホイール

価格:ノアSi“GRスポーツ”(325万7280円)

「ヴォクシーZS“GRスポーツ”」
「ヴォクシーZS“GRスポーツ”」拡大

【ヴォクシー“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール
  • 本革巻きステアリングホイール

価格:ヴォクシーZS“GRスポーツ”(325万7280円)

(文=webCG/写真=小河原認、webCG、トヨタ自動車)

関連キーワード:
ヴィッツ, ノア, ヴォクシー, ハリアー, マークX, プリウスPHV, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
ホームへ戻る