モンスタースポーツが「スイフトスポーツ」のコンプリートカーを発売

2017.10.04 自動車ニュース

タジマモーターコーポレーションのモータースポーツ部門であるモンスタースポーツは2017年10月1日、新型「スズキ・スイフトスポーツ」(ZC33S)をベースとしたコンプリートカーの受注を開始した。

“モンスター田嶋”がプロジェクトを指揮

モンスタースポーツは、ラリーやヒルクライムなど、世界各地のさまざまなモータースポーツにスズキの車両で参戦しており、そこで培ってきたノウハウを生かしてスイフトスポーツの性能を高めるための開発を進めているという。

今回、プロジェクトの指揮を執るのは、“モンスター田嶋”こと田嶋伸博氏。パイクスピーク国際ヒルクライムで10回の優勝を数え、アジアパシフィックラリー選手権や全日本ダートトライアル選手権などでも活躍してきた。同じく全日本ラリー選手権や全日本ダートトライアル選手権で活躍してきた粟津原 豊氏を中心に、かつてジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に投入された競技車両「スイフト・スーパー1600」を造り上げたスタッフが開発の現場を担う。

販売は全国7店舗(オープン予定を含む)のモンスターモータースポーツプロショップで行われる。

価格は以下の通り。
ストリート/スポーツ Version 1:199万9000 円
ストリート/スポーツ Version 2:225万5000 円
ストリート/スポーツ Version 3:295万8000 円
ジムカーナA(PN3):230万6000 円
ダートトライアルA(PN2):256万1000 円
ラリーA(JN4):365万7000 円

(webCG)

モンスタースポーツが手がけた「スズキ・スイフトスポーツ」のコンプリートカー。
モンスタースポーツが手がけた「スズキ・スイフトスポーツ」のコンプリートカー。拡大

関連キーワード:
スイフトスポーツ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スイフトスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
ホームへ戻る