ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売

2017.10.16 自動車ニュース
「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」
「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月16日、フルモデルチェンジにより2代目となったミドルサイズSUV「XC60」を発表し、同日、販売を開始した。

 
ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売の画像拡大
「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリア。
「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリア。拡大
 
ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売の画像拡大
 
ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売の画像拡大
「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」
「ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」拡大
 
ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売の画像拡大
 
ボルボ、「XC60」をフルモデルチェンジして発売の画像拡大
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のインテリア。
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のインテリア。拡大
写真左がボルボ・カー・グループ デザイン部バイスプレジデントのジョナサン・ディズリー氏、右はボルボ・カー・ジャパンの木村隆之代表取締役社長。
写真左がボルボ・カー・グループ デザイン部バイスプレジデントのジョナサン・ディズリー氏、右はボルボ・カー・ジャパンの木村隆之代表取締役社長。拡大

売れ筋のSUVが新世代へ

2008年にデビューしたボルボのミドルサイズSUV、XC60は、同社の世界販売の約30%を占める最重要モデルである。日本では2009年に販売が開始されたが、完全停止する自動ブレーキを国内で初めて搭載し、その後の自動ブレーキ普及に弾みをつけたのは記憶に新しい。そのXC60が「60」シリーズの先陣を切り、新世代へと生まれ変わった。

新型XC60は、上級モデルの「90」シリーズと同じ新しいプラットフォーム「SPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)」を採用することで、ボディーの軽量化やパワートレインの高効率化および電動化、安全性向上などを実現している。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mmで、全長を45mm、全幅は10mm拡大しながら、全高が55mm低くなったことで、旧型に比べてロー&ワイドなプロポーションを手に入れた。一方、車両重量は旧型に比べて30kgの軽量化を果たしている(新旧「T5 AWD」を比較した場合)。

エクステリアデザインでは、いまやすっかりおなじみになった“トールハンマー”と呼ばれるT字型のLEDデイライトを備えたヘッドライトが最新のボルボデザインを象徴する一方、LEDデイライトをラジエーターグリルに結びつけるデザインでXC60の個性をアピール。サイドビューでは、切り詰めたフロントオーバーハングや、深い彫りを設けたドア部分などでダイナミックさを強調している。

スカンジナビアンデザインのラグジュアリーを表現したというインテリアは、コントラストステッチが施されたダッシュボードやスウェーデンの高級ガラスメーカー「Orrefos(オレフェス)」製のクリスタルを使用したシフトレバー、流木をモチーフにした「ドリフトウッドパネル」などにより上質な雰囲気に仕立てられるとともに、縦長のエアコンルーバーなどにより個性的なデザインとなった。インフォテインメントシステムの「SENSUS(センサス)」には縦長の9インチセンターディスプレイを採用。ナビゲーションに加えて、エアコンやメディアの操作を赤外線方式のタッチスクリーンで可能とすることで、物理スイッチを削減。オプションで「Bowers&Wilkins」のオーディオシステムが用意されるのも、音楽好きには見逃せないところだ。

パワートレインは、ガソリンエンジンが2リッター直4ターボの「T5」(最高出力254ps)と2リッター直4スーパーチャージャー+ターボの「T6」(同320ps)、クリーンディーゼルが2リッター直4ターボの「D4」(同190ps)。さらに、2リッター直4スーパーチャージャー+ターボに電気モーターを組み合わせることで、システムトータルで405psを発生するプラグインハイブリッドの「T8」をラインナップ。全車駆動方式は4WDで、トランスミッションは8段ATとなる。JC08モード燃費は、T5搭載グレードが12.6km/リッター、T8では15.7km/リッターを達成している。なお、新型XC60では、エアサスペンションをT8に標準、他グレードでオプション設定することで、快適な乗り心地と悪路走破性を両立したという。

ボルボが得意とする安全技術については、さまざまな先進安全・運転支援機能をパッケージ化した「Intelli Safe(インテリセーフ)」を全車に標準装備。XC60では、衝突回避・軽減フルオートブレーキの作動速度を60km/hまで高めたことに加えて、危険回避時にステアリング操作を支援する「ステアリングサポート」や対向車との正面衝突を避けるようステアリングを自動で操作する「オンカミングレーンミティゲーション」、車線変更の際に後方からの車両との衝突を回避するようステアリングを自動で操作する「ステアリングアシスト付きBLIS」を新たに搭載した。また、140km/h以下であれば渋滞中でも車線を維持するアダプティブクルーズコントロールの「パイロットアシスト」を搭載。レベル2水準の自動運転を実現している。

ラインナップと価格は以下のとおり。このうち、D4およびT6の納車は2018年第1四半期以降になる予定。

  • D4 AWDモメンタム:599万円
  • D4 AWD R-DESIGN:649万円
  • D4 AWDインスクリプション:679万円
  • T5 AWDモメンタム:599万円
  • T5 AWDインスクリプション:679万円
  • T6 AWD R-DESIGN:724万円
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:884万円

(文=生方 聡/写真=向後一宏、webCG)

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『webCG』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る