東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】トヨタが未来のプレミアムサルーンを提案

2017.10.18 自動車ニュース
「トヨタ・ファインコンフォートライド」
「トヨタ・ファインコンフォートライド」拡大

トヨタ自動車は2017年10月18日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)に、燃料電池車(以下FCV)のコンセプトモデル「Fine-Comfort Ride(ファインコンフォートライド)」を出展すると発表した。

 
【東京モーターショー2017】トヨタが未来のプレミアムサルーンを提案の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが未来のプレミアムサルーンを提案の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが未来のプレミアムサルーンを提案の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが未来のプレミアムサルーンを提案の画像拡大

ファインコンフォートライドは、電動パワートレイン搭載車ならではの自由なレイアウトと、水素をエネルギー源とする大電力量を生かした、「プレミアムサルーンの新しいかたち」を提案するコンセプトモデルとされている。

エクステリアデザインは車両前方から中央にかけて上下左右に広がりを持たせ、後部にかけて絞り込んだダイヤモンド型キャビンを採用。2列目シートの乗車スペースを最大化するとともに、空力性能も追求したスタイリングとなっている。

一方、「Wearing Comforts(快適な空間に包まれる)」というテーマのもとにデザインされたインテリアには、レイアウトを自由に調整できる独立式のシートを採用。乗員はエージェント機能やタッチディスプレイを通して、自由に情報にアクセスできる。

パワープラントは既述の通り燃料電池式で、JC08モード計測で約1000kmの航続距離を実現。モーターをタイヤ側に搭載するインホイールモーター方式の採用と、ボディー下部を覆うカバーにより、プレミアムサルーンにふさわしい、高い走行安定性と静粛性を実現しているという。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4830×1950×1650mm
  • ホイールベース:3450mm
  • 乗車定員:6人

(webCG)