「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ

2017.10.19 自動車ニュース
「ホンダ・スーパーカブ50」
「ホンダ・スーパーカブ50」拡大

本田技研工業は2017年10月19日、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表した。同年11月10日に販売を開始する。

「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。
「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。拡大
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。拡大
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。拡大

スーパーカブシリーズは、1958年8月に登場した初代モデル「スーパーカブC100」以来、幅広いユーザーに支持されてきた二輪車のロングセラーモデル。

今回発表された新型のスーパーカブ50とスーパーカブ110では、レッグシールドからリアフェンダーにかけて滑らかな曲面を構成するなど、エクステリアデザインを一新。さらに、使い勝手を高める取り外し可能なサイドカバーやエネルギー効率に優れるLEDの丸形のヘッドライトを採用するなど、伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備える新世代スーパーカブとしてのアイデンティティーを表現したという。

あわせて、これをベースに、新聞配達や宅配サービスでの使用を想定して開発されたビジネスモデル「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」もラインナップされる。こちらは、小径14インチタイヤや、大型のフロントバスケットおよびリアキャリアが特徴となっている。

WMTCモードの燃費値(1人乗車時)は、スーパーカブ50および50プロが69.4km/リッター、スーパーカブ110および110プロが67.0km/リッターと公表される。

価格は以下の通り。生産は、国内の熊本製作所で行われる。

  • スーパーカブ50:23万2200円
  • スーパーカブ50プロ:25万3800円
  • スーパーカブ110:27万5400円
  • スーパーカブ110プロ:29万7000円

(webCG)

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
  • トヨタが新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を新型「アクア」に搭載 2021.7.19 自動車ニュース トヨタが新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池をハイブリッドカーの新型「アクア」に初採用。従来型のニッケル水素電池と比べて集電体などの部品点数が少ないシンプルな構造が特徴で、大幅な高出力化とコンパクト化を実現しているという。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善 2021.7.19 自動車ニュース トヨタがハイブリッドのコンパクトモデル「アクア」をフルモデルチェンジ。従来モデルから全方位的な進化を図っており、バイポーラ型ニッケル水素電池の採用などにより燃費性能を約2割向上させたほか、予防安全や運転支援に関する装備も大幅に強化している。
ホームへ戻る