「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ

2017.10.19 自動車ニュース
「ホンダ・スーパーカブ50」
「ホンダ・スーパーカブ50」拡大

本田技研工業は2017年10月19日、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表した。同年11月10日に販売を開始する。

「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。
「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。拡大
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。拡大
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。拡大

スーパーカブシリーズは、1958年8月に登場した初代モデル「スーパーカブC100」以来、幅広いユーザーに支持されてきた二輪車のロングセラーモデル。

今回発表された新型のスーパーカブ50とスーパーカブ110では、レッグシールドからリアフェンダーにかけて滑らかな曲面を構成するなど、エクステリアデザインを一新。さらに、使い勝手を高める取り外し可能なサイドカバーやエネルギー効率に優れるLEDの丸形のヘッドライトを採用するなど、伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備える新世代スーパーカブとしてのアイデンティティーを表現したという。

あわせて、これをベースに、新聞配達や宅配サービスでの使用を想定して開発されたビジネスモデル「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」もラインナップされる。こちらは、小径14インチタイヤや、大型のフロントバスケットおよびリアキャリアが特徴となっている。

WMTCモードの燃費値(1人乗車時)は、スーパーカブ50および50プロが69.4km/リッター、スーパーカブ110および110プロが67.0km/リッターと公表される。

価格は以下の通り。生産は、国内の熊本製作所で行われる。

  • スーパーカブ50:23万2200円
  • スーパーカブ50プロ:25万3800円
  • スーパーカブ110:27万5400円
  • スーパーカブ110プロ:29万7000円

(webCG)

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダのオフロードバイク「CRF250L」「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ 2020.11.13 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月13日、二輪のオン/オフロードモデル「CRF250L」「CRF250ラリー」をフルモデルチェンジし、同年12月17日に発売すると発表した。新型では常用域における力強さと、車体の軽量化が追求されている。
  • ホンダが「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを先行公開 2020年12月24日に正式発表 2020.11.20 自動車ニュース ホンダが軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを公式ウェブサイトで先行公開。現行モデルとなってから初めて内外装のデザイン変更と新色の追加を実施する予定で、装備の強化もアナウンスされている。正式発表は2020年12月24日の予定。
  • MINI初の電動ミニバンコンセプト「ビジョンアーバノート」登場 2020.11.18 自動車ニュース 独BMWは2020年11月17日(現地時間)、オンラインイベント「#NEXTGen 2020」において、MINIの電動ミニバンコンセプト「Vision Urbanaut(ビジョンアーバノート)」を発表した。電動化と自動運転を前提に開発された内外装とキャビン空間が特徴だ。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る