「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ

2017.10.19 自動車ニュース
「ホンダ・スーパーカブ50」
「ホンダ・スーパーカブ50」拡大

本田技研工業は2017年10月19日、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表した。同年11月10日に販売を開始する。

「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。
「スーパーカブ50」には、写真の「タスマニアグリーンメタリック」を含む5色のボディーカラーが用意される。拡大
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。
「スーパーカブ110」のボディーカラーも全5色。「スーパーカブ50」にはない「グリントウェーブブルーメタリック」(写真)がラインナップされる。拡大
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。
ビジネスユースを意識した「スーパーカブ110プロ」。大型のフロントバスケットが標準装備される。拡大

スーパーカブシリーズは、1958年8月に登場した初代モデル「スーパーカブC100」以来、幅広いユーザーに支持されてきた二輪車のロングセラーモデル。

今回発表された新型のスーパーカブ50とスーパーカブ110では、レッグシールドからリアフェンダーにかけて滑らかな曲面を構成するなど、エクステリアデザインを一新。さらに、使い勝手を高める取り外し可能なサイドカバーやエネルギー効率に優れるLEDの丸形のヘッドライトを採用するなど、伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備える新世代スーパーカブとしてのアイデンティティーを表現したという。

あわせて、これをベースに、新聞配達や宅配サービスでの使用を想定して開発されたビジネスモデル「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」もラインナップされる。こちらは、小径14インチタイヤや、大型のフロントバスケットおよびリアキャリアが特徴となっている。

WMTCモードの燃費値(1人乗車時)は、スーパーカブ50および50プロが69.4km/リッター、スーパーカブ110および110プロが67.0km/リッターと公表される。

価格は以下の通り。生産は、国内の熊本製作所で行われる。

  • スーパーカブ50:23万2200円
  • スーパーカブ50プロ:25万3800円
  • スーパーカブ110:27万5400円
  • スーパーカブ110プロ:29万7000円

(webCG)

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
ホームへ戻る