第525回:イタリアの山中で不死身の「ハイラックス」に会う

2017.10.27 マッキナ あらモーダ!

あのピックアップが帰ってきた

今回は「トヨタ・ハイラックス」のお話である。

2017年9月12日、トヨタはハイラックスの国内販売を13年ぶりに開始した。

開発責任者の前田昌彦チーフエンジニアはプレスリリースの中で、「主に作業で使用する保有者が現在もなお約9000名いらして、復活してほしいという声を多くいただきました」と、日本再投入の背景を示した。

加えて前田氏はハイラックスについて、「1ナンバークラスのため毎年車検が必要で、高速道路での料金も少し高いなど、実用面から選択されにくいクルマかもしれない」などとしながらも、「堂々としたたたずまいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜びや、世界中で鍛え抜いたタフさを持ち合わせているクルマだと思います」とコメントしている。

今回日本に投入されたモデルはトヨタ・モーター・タイランド製で、2.4リッターディーゼルターボエンジンを搭載。駆動方式はパートタイプ4WD+6段ATのみで、ベースグレードには326万7000円というプライスタグが付いている。

同じ9月12日、ドイツのフランクフルトモーターショーでは、 ハイラックス誕生50周年を記念したコンセプトカー「インヴィンシブル50」が展示された。

こちらは現行ハイラックスをベースに、BFグッドリッチのタイヤなどでドレスアップを施したものだった。

「トヨタ・ハイラックス」の欧州仕様車のカタログから。
「トヨタ・ハイラックス」の欧州仕様車のカタログから。拡大
こてこてのコンピューターグラフィックスで仕上げられた、カタログのイメージ。制作者は、さぞ楽しみながら仕事をしたことだろう。
こてこてのコンピューターグラフィックスで仕上げられた、カタログのイメージ。制作者は、さぞ楽しみながら仕事をしたことだろう。拡大
「ハイラックス」5人乗りダブルキャブのインテリア。
「ハイラックス」5人乗りダブルキャブのインテリア。拡大
こちらはシングルキャブ。写真はいずれも欧州仕様車。
こちらはシングルキャブ。写真はいずれも欧州仕様車。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • BMW M8コンペティション/M8カブリオレ コンペティション【海外試乗記】 2019.10.14 試乗記 20年ぶりに復活したBMWの最上級スペシャルティーモデルをベースに、BMW M社がさらなるパフォーマンスアップの手を加えた「M8」。600PS級の4.4リッターV8ツインターボを搭載したニューモデルの出来栄えを、ポルトガルのアルガルヴェから報告する。
ホームへ戻る