第525回:イタリアの山中で不死身の「ハイラックス」に会う

2017.10.27 マッキナ あらモーダ!

あのピックアップが帰ってきた

今回は「トヨタ・ハイラックス」のお話である。

2017年9月12日、トヨタはハイラックスの国内販売を13年ぶりに開始した。

開発責任者の前田昌彦チーフエンジニアはプレスリリースの中で、「主に作業で使用する保有者が現在もなお約9000名いらして、復活してほしいという声を多くいただきました」と、日本再投入の背景を示した。

加えて前田氏はハイラックスについて、「1ナンバークラスのため毎年車検が必要で、高速道路での料金も少し高いなど、実用面から選択されにくいクルマかもしれない」などとしながらも、「堂々としたたたずまいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜びや、世界中で鍛え抜いたタフさを持ち合わせているクルマだと思います」とコメントしている。

今回日本に投入されたモデルはトヨタ・モーター・タイランド製で、2.4リッターディーゼルターボエンジンを搭載。駆動方式はパートタイプ4WD+6段ATのみで、ベースグレードには326万7000円というプライスタグが付いている。

同じ9月12日、ドイツのフランクフルトモーターショーでは、 ハイラックス誕生50周年を記念したコンセプトカー「インヴィンシブル50」が展示された。

こちらは現行ハイラックスをベースに、BFグッドリッチのタイヤなどでドレスアップを施したものだった。

「トヨタ・ハイラックス」の欧州仕様車のカタログから。
「トヨタ・ハイラックス」の欧州仕様車のカタログから。拡大
こてこてのコンピューターグラフィックスで仕上げられた、カタログのイメージ。制作者は、さぞ楽しみながら仕事をしたことだろう。
こてこてのコンピューターグラフィックスで仕上げられた、カタログのイメージ。制作者は、さぞ楽しみながら仕事をしたことだろう。拡大
「ハイラックス」5人乗りダブルキャブのインテリア。
「ハイラックス」5人乗りダブルキャブのインテリア。拡大
こちらはシングルキャブ。写真はいずれも欧州仕様車。
こちらはシングルキャブ。写真はいずれも欧州仕様車。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る