赤いほろが目印の「マツダ・ロードスターRED TOP」登場

2017.11.10 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRF」
「マツダ・ロードスターRF」拡大

マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。

「ロードスターRF」。ボディーカラーは新色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」。
「ロードスターRF」。ボディーカラーは新色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」。拡大
特別仕様車「ロードスターRED TOP」は、2018年3月31日までの受注期間限定モデル。
特別仕様車「ロードスターRED TOP」は、2018年3月31日までの受注期間限定モデル。拡大
ダークチェリーのソフトトップは、「ロードスターRED TOP」の専用装備。
ダークチェリーのソフトトップは、「ロードスターRED TOP」の専用装備。拡大
「ロードスターRED TOP」のインテリア。ダッシュボードやシートには赤褐色のナッパレザーを採用している。
「ロードスターRED TOP」のインテリア。ダッシュボードやシートには赤褐色のナッパレザーを採用している。拡大
「ロードスターRED TOP」は足元も特別。高輝度塗装が施された16インチアルミホイールを履きこなす。
「ロードスターRED TOP」は足元も特別。高輝度塗装が施された16インチアルミホイールを履きこなす。拡大

走りの質感もアップ

今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。

ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「エターナルブルーマイカ」の3色を新たに採用したほか、これまでロードスターRFのみに設定していた「マシーングレープレミアムメタリック」を、ロードスターでも選択可能とした。

機能装備については、リアコンソールボックスの内部に遮音マットを敷くことで、収納物の転がり音の低減を図った。また、ファブリックシートのモデルにもシートヒーターを搭載可能としたほか、サンバイザーに表皮巻きタイプを設定している。

安全装備も強化しており、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えるアダプティブLEDヘッドライトを新たに採用した。

また、ロードスターにはリアサスペンションと電動パワーステアリングの制御を調整し、走りの質感の向上を図った。さらに、タコメーターの文字色を一部変更することで視認性を高めている。

価格はロードスターが249万4800円~320万7600円、ロードスターRFが325万0800円~374万7600円。

ほろとインテリアを特別にコーディネート

特別仕様車のRED TOPは、名前の通りのダークチェリー色のソフトトップに、オーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、標準車とは一風違ったコーディネートを特徴とするモデル。この2色のコントラストを際立たせるため、通常はブラックのドアミラーがボディーと同色にペイントされる。このほか高輝度塗装が施された16インチアルミホイールと、ナッパレザーシートも備わる。

価格は6段MT車が304万5600円、6段AT車が315万3600円。2018年3月31日までの期間限定で注文を受け付ける。

(webCG)

 

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る