クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

“現世ご利益”のあるサービスがようやく登場
老齢者介護の現場から“つながるクルマ”の未来を考える

2017.11.20 デイリーコラム

普通のクルマと普通のスマホがあればOK

読者諸兄姉の皆さまは、モーターショーなどで自動車メーカーやサプライヤーが紹介している“コネクテッドな未来”に、心をときめかせたことがあるだろうか? ぶっちゃけ、記者は一度もない。理由はカンタンで、実現が何年先かも分からん絵空事の未来に、実感が湧かないからだ。今をときめくIoTやらAIやらビッグデータやらについても、これまでは一歩引いたところから「ふーん」と眺めているだけだった。

ところが過日、「そろそろ、そうした意識は変えなきゃいかんかも」と思わせるサービスに出くわしてしまった。ダイハツが開発した介護施設向けの送迎支援システム、その名も「らくぴた送迎」である。

……画面の向こうから、「大風呂敷を広げておいて、ずいぶんミニマムな話だな」「竜頭蛇尾とはまさにこのこと!」なんて声が聞こえてきそうだが、いやしばし待たれい。石を投げるのは、せめてコラムを読み終わってからにしてください。

あらためまして、ダイハツが開発した「らくぴた送迎」は、デイサービスをはじめとした通所介護施設向けの送迎支援システムである。小難しい表現を使うと、「スマートフォンを使った簡易テレマティクスシステム」。特別な機器に頼ることなく、施設が所有するフツーのクルマで使えるところがミソとなっている。

主な機能は2つ。ひとつは、送迎計画の自動作成機能だ。これまでは、一部の職員が長年の経験とカンを頼りに作っていた送迎の運行スケジュールを、送迎の利用者と使用するクルマを登録するだけで、システムが「ポン」と作ってくれるようになったのだ。蓄積された運行記録を活用すれば、送迎ルートの見直しや、車両台数の削減も図ることができるという。

もうひとつが、ダイハツが「国内初!」と高らかにうたう、介護施設と送迎車との相互連携機能だ。システムによって自動生成された送迎計画は、スマートフォンを介して各ドライバーの間で共有される。しかも、その後の運行状況や介護者のキャンセル通知なども、皆がリアルタイムで共有できるのだ。

「らくぴた送迎」の説明会は、マイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」「アトレーワゴン」の発表会とあわせて実施された。写真は会場に展示された福祉車両の「アトレー スローパー」。
「らくぴた送迎」の説明会は、マイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」「アトレーワゴン」の発表会とあわせて実施された。写真は会場に展示された福祉車両の「アトレー スローパー」。拡大
「らくぴた送迎」について説明する、ダイハツ工業 法人事業部の谷本敦彦部長。ダイハツでは自動車事業に代表される「モノづくり」に加え、利用者との接点拡大に向けた「コトづくり」にも注力。今回の送迎支援システムも、後者の一環として開発された。
「らくぴた送迎」について説明する、ダイハツ工業 法人事業部の谷本敦彦部長。ダイハツでは自動車事業に代表される「モノづくり」に加え、利用者との接点拡大に向けた「コトづくり」にも注力。今回の送迎支援システムも、後者の一環として開発された。拡大
システムの核となる施設側PCの画面の一例。ご覧の通り、GPSにより送迎の運行状況も確認できるのだが、そのGPSが携帯端末のものか、車載機器によるものかは確認しそびれてしまった。無念……。
システムの核となる施設側PCの画面の一例。ご覧の通り、GPSにより送迎の運行状況も確認できるのだが、そのGPSが携帯端末のものか、車載機器によるものかは確認しそびれてしまった。無念……。拡大

システム自体は非常にシンプル

例えば、送迎車が施設を出発した後で、ある利用者から「今日はおじいちゃん、具合が悪くてねえ……」とキャンセルの連絡が入ったとする。すると、施設のスタッフがシステムに「佐藤さんキャンセル」と情報を入力(入力といっても、ポチっとボタンを押すだけだ)。その情報は送迎車と共有され、担当ドライバーは無駄足を踏むことなく、次の利用者のお宅に向かうことができるというわけだ。

逆もしかりで、ドライバーが利用者のお宅で「ごめんなさい。おばあちゃん急に具合が悪くなって……」と伝えられたら、今度は彼がスマホを使って鈴木さんのキャンセル情報を発信(やっぱりボタンを押すだけ)。施設側は電話などでの連絡がなくとも、「ああ、今日は鈴木さんお休みか」と知ることができる。

……こうして文字にしてみると、つくづくシンプルなシステムである。つながっているのはドライバーのスマホと施設のPCだけ。しかも情報の共有自体は“人力”なわけで、コネクテッドというにはあまりにも簡素である。もちろん、小難しい先進技術は使われていない。

しかし、このシステムは上述のシンプルな仕組みだけで、現世ご利益をシッカリ実現している。送迎ドライバーを煩雑な仕事から解放し、介護事業者の業務の効率化にも寄与しているのだ。

「らくぴた送迎」の実演説明の様子。
「らくぴた送迎」の実演説明の様子。拡大
送迎車を運転するドライバーのスマートフォンには、運行のスケジュールが表示される。
送迎車を運転するドライバーのスマートフォンには、運行のスケジュールが表示される。拡大
利用者のキャンセル情報をカンタンに共有できるのも、このシステムの特徴。送迎業務の効率化は事業者に恩恵をもたらすだけでなく、利用者にも「送迎でクルマに揺られる時間が短くなる」などの負担軽減をもたらすという。
利用者のキャンセル情報をカンタンに共有できるのも、このシステムの特徴。送迎業務の効率化は事業者に恩恵をもたらすだけでなく、利用者にも「送迎でクルマに揺られる時間が短くなる」などの負担軽減をもたらすという。拡大

今はただの“送迎支援システム”だが……

記者がこのギョーカイに入ったころには、すでに“つながる技術”を使ったモビリティーの進化が各所で言いはやされていた。ビッグデータやコネクテッドカーといった“新語”が出てきてからも、もうずいぶんたつ。しかし、いまだに記者は「いやあ、ビッグデータのおかげでモビリティーは変わったなあ!」なんて感心したことがない。誰が受益者で、どんな現世ご利益があるのかをナマで実感したためしがないのだ。

それどころか、最近では技術のほうが一人歩きしている気さえする。某社などは「タクシーに車載カメラを搭載して、映像分析で分かったレーン渋滞情報をアプリで配信しよう!」なんて、壮大なんだかなんなんだかよく分からないサービスをブチあげたが、正直なところ、「そんな迂遠(うえん)なことを考える前に、やることがあるんじゃないの?」と思った人は私だけじゃないはずだ。弊社編集長のこんどーなども、「そうはいっても他に目的があるんとちゃうの? タクシーの車載映像なんて集めて、使い切れんのかなぁ?」と首をかしげていた。

また、タクシーといえば「Uber」や「全国タクシー」といった高度な配車サービスも普及しつつあるが、あれにしても複雑なシステムを構築しながら、“白タク”が許されない日本でできることといえば、「自分の元にタクシーを呼びつけること」だけ。便利は便利だが、さすがに“モビリティーの未来を感じるぜ!”とまではいかなかった。

だからこそ、原始的でありながら実利のハッキリしたシステムの方に、「始まったな。未来」と感じてしまったのだ。

このシステムが進化して、レンタカーやカーシェアの窓口に使われたらどうなるか? タクシーの予約サービスに応用する利点はないか? わが街、武蔵野市を走るコミュニティーバスの運行管理に使われたとしたら?
弊社デスクの竹下は、路線廃止の危機にさらされる過疎地のバスの存続に思いをはせていた。今はシステムは質素だし、ネットワークもちっちゃなものだが、その先に広がる夢はでかい。妄想は際限なく広がる。

そういえば、ダイハツは2015年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー「NORI ORI(ノリオリ)」について、個人所有ではなく“コミュニティーでシェアするクルマ”として提案していた。そんなクルマの使い方が実現する時代に、ユーザーはどうやってクルマをやりとりするのか? ミニマムでシンプルな「らくぴた送迎」に、未来のライドシェアの基盤を見た気がした。

そんなわけで、がんばれダイハツ。

(webCG ほった<Takeshi Hotta>)

「らくぴた送迎」の試験運用を行っているSOMPOケアネクストの角 秀洋副社長。同システムの導入により、送迎にまつわる作業の効率化や経費削減などが実現したという。
「らくぴた送迎」の試験運用を行っているSOMPOケアネクストの角 秀洋副社長。同システムの導入により、送迎にまつわる作業の効率化や経費削減などが実現したという。拡大
システムには、利用者宅への到着前に、「間もなく到着します」とワンタッチで通知できる「到着前お知らせ機能」も備わっており、利用者宅から車両への誘導のスムーズ化にも貢献している。
システムには、利用者宅への到着前に、「間もなく到着します」とワンタッチで通知できる「到着前お知らせ機能」も備わっており、利用者宅から車両への誘導のスムーズ化にも貢献している。拡大
2015年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーの「NORI ORI(ノリオリ)」。ここのところ、ダイハツが東京モーターショーで披露するコンセプトカーには、必ず「小型車・軽自動車によるコミュニティーやユーザーへの貢献」についてホンキで考えたものが含まれている。気になった人は、ぜひwebCGの記事で、過去のダイハツの展示を振り返ってほしい。
2015年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーの「NORI ORI(ノリオリ)」。ここのところ、ダイハツが東京モーターショーで披露するコンセプトカーには、必ず「小型車・軽自動車によるコミュニティーやユーザーへの貢献」についてホンキで考えたものが含まれている。気になった人は、ぜひwebCGの記事で、過去のダイハツの展示を振り返ってほしい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ダイハツ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。