ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表

2017.11.27 自動車ニュース
「ジャガーXF」2018年モデル
「ジャガーXF」2018年モデル拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。

「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大

インジニウムガソリンエンジンを導入

XFの2018年モデルには、設計から生産までを自社で手がけた、軽量で高効率なINGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)新たに導入された。それに加えて、最高出力180ps、最大トルク430Nmのインジニウムディーゼルエンジンを搭載した「ピュア」と「プレステージ」の2つのグレードに、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた全輪駆動(AWD)モデルが追加された。

コネクティビティー機能も強化された。インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には新たに通信機能がオプションとして導入され、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除やエアコンの操作を行ったり、走行履歴や車両状態を確認したりできるようになった。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつなぐこともできる。

また、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)が標準装備された。車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示して運転操作をサポートするフォワード・トラフィック・ディテクションや、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインド・スポット・アシストも新たに採用された。さらに、ワゴンバリエーションの「XFスポーツブレイク」が登場した。

車両価格は以下のとおり。

<インジニウムガソリンエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(200ps):605万円
  • XFピュア(250ps):668万円
  • XFプレステージ(200ps):672万円
  • XFプレステージ(250ps):732万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(250ps):756万円
  • XF Rスポーツ(300ps):820万円
  • XFポートフォリオ(300ps):899万円

<ガソリンエンジン搭載モデル>

  • XF S:1147万円

<インジニウムディーゼルエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(FR):615万円
  • XFピュア(AWD):640万円
  • XFプレステージ(FR):698万円
  • XFプレステージ(AWD):723万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(FR):722万円

(webCG)

関連キーワード:
XF, XFスポーツブレイク, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
ホームへ戻る