ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表

2017.11.27 自動車ニュース
「ジャガーXF」2018年モデル
「ジャガーXF」2018年モデル拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。

「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大

インジニウムガソリンエンジンを導入

XFの2018年モデルには、設計から生産までを自社で手がけた、軽量で高効率なINGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)新たに導入された。それに加えて、最高出力180ps、最大トルク430Nmのインジニウムディーゼルエンジンを搭載した「ピュア」と「プレステージ」の2つのグレードに、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた全輪駆動(AWD)モデルが追加された。

コネクティビティー機能も強化された。インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には新たに通信機能がオプションとして導入され、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除やエアコンの操作を行ったり、走行履歴や車両状態を確認したりできるようになった。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつなぐこともできる。

また、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)が標準装備された。車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示して運転操作をサポートするフォワード・トラフィック・ディテクションや、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインド・スポット・アシストも新たに採用された。さらに、ワゴンバリエーションの「XFスポーツブレイク」が登場した。

車両価格は以下のとおり。

<インジニウムガソリンエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(200ps):605万円
  • XFピュア(250ps):668万円
  • XFプレステージ(200ps):672万円
  • XFプレステージ(250ps):732万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(250ps):756万円
  • XF Rスポーツ(300ps):820万円
  • XFポートフォリオ(300ps):899万円

<ガソリンエンジン搭載モデル>

  • XF S:1147万円

<インジニウムディーゼルエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(FR):615万円
  • XFピュア(AWD):640万円
  • XFプレステージ(FR):698万円
  • XFプレステージ(AWD):723万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(FR):722万円

(webCG)

関連キーワード:
XF, XFスポーツブレイク, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
ホームへ戻る