ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表

2017.11.27 自動車ニュース
「ジャガーXF」2018年モデル
「ジャガーXF」2018年モデル拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。

「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXF」
「ジャガーXF」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大
「ジャガーXFスポーツブレイク」
「ジャガーXFスポーツブレイク」拡大

インジニウムガソリンエンジンを導入

XFの2018年モデルには、設計から生産までを自社で手がけた、軽量で高効率なINGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)新たに導入された。それに加えて、最高出力180ps、最大トルク430Nmのインジニウムディーゼルエンジンを搭載した「ピュア」と「プレステージ」の2つのグレードに、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた全輪駆動(AWD)モデルが追加された。

コネクティビティー機能も強化された。インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には新たに通信機能がオプションとして導入され、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除やエアコンの操作を行ったり、走行履歴や車両状態を確認したりできるようになった。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつなぐこともできる。

また、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)が標準装備された。車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示して運転操作をサポートするフォワード・トラフィック・ディテクションや、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインド・スポット・アシストも新たに採用された。さらに、ワゴンバリエーションの「XFスポーツブレイク」が登場した。

車両価格は以下のとおり。

<インジニウムガソリンエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(200ps):605万円
  • XFピュア(250ps):668万円
  • XFプレステージ(200ps):672万円
  • XFプレステージ(250ps):732万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(250ps):756万円
  • XF Rスポーツ(300ps):820万円
  • XFポートフォリオ(300ps):899万円

<ガソリンエンジン搭載モデル>

  • XF S:1147万円

<インジニウムディーゼルエンジン搭載モデル>

  • XFピュア(FR):615万円
  • XFピュア(AWD):640万円
  • XFプレステージ(FR):698万円
  • XFプレステージ(AWD):723万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(FR):722万円

(webCG)

関連キーワード:
XF, XFスポーツブレイク, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る