レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定

2017.11.30 自動車ニュース
「レクサスRC350“バージョンL”」
「レクサスRC350“バージョンL”」拡大

トヨタ自動車は2017年11月30日、2ドアクーペ「レクサスRC」および「レクサスRC F」を一部改良して発売した。また、RCに特別仕様車“Fスポーツ プライムブラック”を設定し、2018年2月1日に発売すると発表した。

「RC F」
「RC F」拡大
「RC350“Fスポーツ プライムブラック”」
「RC350“Fスポーツ プライムブラック”」拡大
 
レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大
 
レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大
 
レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大
 
レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大

「Lexus Safety System+」が全車標準に

今回の一部改良では、歩行者検知機能付き衝突被害回避・軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」や車線逸脱警告機能「レーンディパーチャーアラート」、アダプティブクルーズコントロールの「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)」などからなる予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を、全車に標準装備とした。また、ナビディスプレイを10.3インチに拡大したほか、ドライブモードセレクトには新たに「カスタム」モードを追加。パワートレイン、シャシー、空調の制御を個別に変更可能とした。

RCでは、「RC350」の3.5リッターエンジンをより燃費性能に優れる「2GR-FKS」型に変更したほか、「RC200t」の名称を「RC300」に変更した。

RC Fでは、ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートを標準装備とした。ボディーカラーには新たに「ネーブルスイエローコントラストレイヤリング」を設定し、全8色展開としている。

価格はRCがRC300の530万円から、「RC350“Fスポーツ”」の690万2000円まで。RC Fは標準車が982万4000円、“カーボン エクステリア パッケージ”が1059万4000円。

内外装をブラックでコーディネートした特別仕様車

特別仕様車“Fスポーツ プライムブラック”は、“Fスポーツ”をベースにボディーカラーを「グラファイトブラックガラスフレーク」、インテリアカラーを専用のブラック&オレンジステッチとし、ブラックを基調とした特別装備を採用したモデル。

具体的には、漆黒メッキのスピンドルフレームグリル、マットクリア塗装の19インチアルミホイール、ブラックステンレスのウィンドウモール、職人が1本ずつ本杢を墨色に仕上げたステアリングホイールなどを装備する。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • RC300“Fスポーツ プライムブラック”:610万円
  • RC300h“Fスポーツ プライムブラック”:654万円
  • RC350“Fスポーツ プライムブラック”:708万円

(webCG)

関連キーワード:
RC, RC F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」登場 台数60台限定の特別仕様車も設定 2020.6.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月18日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を同年7月15日に発売すると発表した。同時に特別仕様車「“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”」も設定し、台数60台の限定で販売する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る