第5回:新型「XC60」のガソリン車とPHEVを乗り比べる

大黒柱はなおも健在 2017.12.19 徹底検証! ボルボXC60 新型「ボルボXC60」のガソリン車とPHEVで、古都・金沢までロングドライブ。新開発プラットフォームを採用した2代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 運転支援システムの使い勝手や燃費の情報とあわせて報告する。

意味のあるモデルチェンジ

いま思えば、XC60はボルボという会社の存続を左右するほどに重要なクルマだった。

リーマンショックの影響でボルボがフォードグループから離れ、中国ジーリー傘下となったのが2010年のこと。そこからエンジンやプラットフォームなどすべてのメカニカルコンポーネンツを自前で開発する必要に迫られるわけだが、その間ボルボの経営を支える大黒柱となったのが先代XC60だったからだ。

モデル末期まで高い人気を誇ったこのクルマなしには、110億ドルといわれる次世代モデルの投資負担を支えることは難しかった。ボルボは「XC90」を皮切りに、Drive-EパワートレインとSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)プラットフォームによる劇的な世代交代を成功させたのだが、そこに最も大きな貢献をしたのがXC60という孝行息子だったわけである。

それだけに、ボルボ技術陣にとっても、そしてボルボファンにとっても、XC60のモデルチェンジは大きな意味がある。新しいXC60がどういうコンセプトで造られ、どんな魅力があるのか? それをじっくり考察するために、ちょっと長めのドライブに出掛けることにした。

今回の取材で「T8」と「T5」のコンボイが目指したのは北陸・金沢。何やら「北陸道チェーン規制」とか不穏なニュースが流れているが、冬の訪れを告げる香箱ガニが待っている、というのがスタッフ一同のモチベーションだ。

「XC60」は世界累計で約100万台が販売され、ボルボの販売台数では約3割を占めるモデル。今回はプラグインハイブリッド車の「T8」(写真右)とガソリンエンジン車の「T5」(左)の2台に試乗した。ともに上級グレードとなる「インスクリプション」。
「XC60」は世界累計で約100万台が販売され、ボルボの販売台数では約3割を占めるモデル。今回はプラグインハイブリッド車の「T8」(写真右)とガソリンエンジン車の「T5」(左)の2台に試乗した。ともに上級グレードとなる「インスクリプション」。拡大
「T8」のインテリア。流木をモチーフとしたリアルウッドや質感の高いメタル素材をあしらうなど、北欧のクラフトマンシップが随所に見てとれる。
「T8」のインテリア。流木をモチーフとしたリアルウッドや質感の高いメタル素材をあしらうなど、北欧のクラフトマンシップが随所に見てとれる。拡大

「T8」のフロントシート。シートの構造は「XC90」と共通で、マッサージ機能やベンチレーション機能も備わる。テスト車の表皮には、ナッパレザーが採用されていた。


	「T8」のフロントシート。シートの構造は「XC90」と共通で、マッサージ機能やベンチレーション機能も備わる。テスト車の表皮には、ナッパレザーが採用されていた。
	拡大
新型「XC60」は先代と比べ、全長と全幅が拡大。一方で全高は低く抑えられ、ロー&ワイドなスタイルを実現している。写真は「T5」。
新型「XC60」は先代と比べ、全長と全幅が拡大。一方で全高は低く抑えられ、ロー&ワイドなスタイルを実現している。写真は「T5」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 第6回:ボルボXC40(後編) 2018.10.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 好評を博す「ボルボXC40」の造形について、全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。実用性を犠牲にした部分に関しては、疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところがあったようだ。
  • 先進安全装備を強化した「ボルボXC40」発売 2019.3.6 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月6日、コンパクトSUV「XC40」について、運転支援システムの機能を強化すると発表した。仕様変更後のモデルは、新たな価格で同年3月25日に発売される。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
ホームへ戻る