クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第8回:ライバル車との違いは何か

ストレスフリーなSUV 2018.01.16 徹底検証! ボルボXC60 最新の「ボルボXC60」と、スペックや価格帯の近いライバル「アウディQ5」に試乗。プレミアムSUV同士の比較を通して、数値だけではわからない各車の個性や走りの質を確かめた。

お国柄が出るインテリア

ここ数年、世界中の自動車メーカーでニュープラットフォームの投入が大流行だ。クルマの要になる骨格を見直し、さらに寸法を前後左右に延ばすことで、さまざまなサイズのモデルに対応できるようになっている。何でも新しければいいというものではないが、この流れに沿って出てきた国内外のニューカーは、総じて走りの質感が高い。いわゆるボディー剛性が高い、しっかりとした味わいのクルマに仕上がっているのだ。

この新しいボルボXC60は「XC90」で投入されたSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)の流れをくんでおり、「走りだけではなく衝突時の衝撃吸収構造にも優れたクルマ」とアナウンスされている。そんなXC60であるが、今回は、ガチのライバルになるアウディQ5を交えての試乗だ。比較しながらだと、より明確にXC60のリアルな姿が浮き彫りになるだろう。

スカンジナビアンデザインという言葉に踊らされるわけではないが、XC60の内装は、縦に配されたセンタースクリーンやドリフトウッド(流木)という素材を用いたパネルなどにより、使いやすく、しかも落ち着きがあるのが特徴。豪華さを前面に出さない控えめな雰囲気に好感が持てる。シートポジションは、ドライバーがやや高い位置から前方を見るようになる、いわゆるSUV的なもので、誰でもとっつきやすいと言える。

一方、アウディQ5の内装はシックでカチッとしたデザイン。ダッシュボードからメーターまでを上下にギュッと圧縮したようないかにもドイツ車らしい雰囲気で統一している。シートポジションは足を前方に投げ出すような乗用車風のもので、よりスポーティーな雰囲気を強調しているようにも感じられる。

新世代プラットフォームを用いて開発された、2代目「ボルボXC60」。日本では2017年10月にデビューした。
新世代プラットフォームを用いて開発された、2代目「ボルボXC60」。日本では2017年10月にデビューした。拡大
「XC60 T5」のインテリア。上級グレード「インスクリプション」では、ファインナッパレザーやドリフトウッドなど、こだわりの素材が採用されている。
「XC60 T5」のインテリア。上級グレード「インスクリプション」では、ファインナッパレザーやドリフトウッドなど、こだわりの素材が採用されている。拡大
8年ぶりにフルモデルチェンジされた、アウディの売れ筋SUV「Q5」。「MLB evo」と名付けられた、縦置きエンジン用の最新プラットフォームが採用されている。
8年ぶりにフルモデルチェンジされた、アウディの売れ筋SUV「Q5」。「MLB evo」と名付けられた、縦置きエンジン用の最新プラットフォームが採用されている。拡大
こちらは「アウディQ5」のコックピット。ドライバーを取り囲むようなデザインが与えられている。
こちらは「アウディQ5」のコックピット。ドライバーを取り囲むようなデザインが与えられている。拡大

余裕のボルボとキレのいいアウディ

今回試乗したXC60のエンジンは「T5」と呼ばれる、最高出力254ps、最大トルク350Nmの2リッター直4ガソリンターボである。ほかのラインナップも、すべて排気量が2リッターという点では共通だが、190psのディーゼルターボ(日本導入は2018年3月以降の予定)、320psのスーパーチャージャー付きガソリンターボ、モーターのパワーまで合わせると405psになるプラグインハイブリッドと多岐にわたる。

XC60の車重は1.8tを超えており、どのパワートレインを選ぶかはユーザーの好みで変わってくるだろう。とはいえT5エンジンも中速トルクが充実していて力強さは十分。レッドゾーンに入る6500rpmまで使い切る場面はなく、適度にクロスした8段ATが常に適切なパワーバンドを選んでくれるので、ワインディングロードもストレスなく駆け上がることができる。

よほど飛ばす場面でなければ、アクセルを大きく踏み込む必要はない。穏やかにスピードをコントロールできるトルクバンドの広いエンジン特性は、クルマの性格に合っている。

Q5もほぼ同じ重量で、エンジンも2リッター直4ガソリンターボ。最高出力も252psとほぼ同じといっていい。レッドゾーンは5800rpmからと控えめだが、アクセルを踏み込むと実際には7000rpm近くまで回る。ATモードを「D」から「S」へ切り替えると、よりシャープさが際立ち、気持ちいい回り方になる。7段Sトロニックトランスミッションは、いわゆるツインクラッチ機構を持ち、各ギアでのキレが良く、ステアリングホイールの裏に備わるシフトパドルを積極的に使うと、かなりスポーティーな味わいが得られる。

ワインディングロードを行く「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」。1500rpmという低回転域から350Nmの最大トルクを発生する。


	ワインディングロードを行く「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」。1500rpmという低回転域から350Nmの最大トルクを発生する。
	拡大
「ボルボXC60 T5」の2リッター直4ターボエンジン。高回転域の優れたレスポンスと伸びやかなドライビングフィールも特徴とされている。
「ボルボXC60 T5」の2リッター直4ターボエンジン。高回転域の優れたレスポンスと伸びやかなドライビングフィールも特徴とされている。拡大
アウディの最新4WDシステムが搭載される「Q5」。4WD走行が不要な走行環境では、駆動方式をFFに切り替えることで燃費の向上を図る。
アウディの最新4WDシステムが搭載される「Q5」。4WD走行が不要な走行環境では、駆動方式をFFに切り替えることで燃費の向上を図る。拡大

「Q5」の導入を記念した限定車「ファーストエディション」のメーターパネル。中央部が液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。


	「Q5」の導入を記念した限定車「ファーストエディション」のメーターパネル。中央部が液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。
	拡大

新プラットフォームのたまもの

このあたりは、XC60と大きくテイストが違うところだ。ただ、Q5はスポーティーに走れるだけに、シートの横方向のサポートが足りないのが残念。XC60のシートのほうがアジャスト機構が多く、横方向のホールドは優れている。XC60の場合は、シートの細かいセッティングをすべてセンターディスプレイ内の表示を見ながら行うため、やや慣れが必要だが、初めて使った割には思いのほか操作しやすいと感じた。

今回試乗した「XC60 T5 AWDインスクリプション」は、オプションのエアサスペンション装着車だった。クルマの性格ゆえか、走行モードはデフォルトでは「コンフォート」に設定されていて、ほかには「エコ」と「ダイナミック」「オフロード」というセッティングに変更が可能だ。

テスト車で面白かったのは、エコとダイナミックとで等しく車高がダウンすることだ。エコは投影面積を減らしてエアロダイナミクスを低燃費方向に振り、ダイナミックでは車高を下げることによってロードホールディング性を向上させているのだろう。

もちろん、それぞれステアリングの重さやエンジン特性、サスペンション特性も変更される。ダイナミックにするとアイドリング回転数もアップし、ややクルマの表情がアグレッシブに変わるようにも感じる。オフロードモードは40km/hまでの速度域で車高が40mm高くなるので、河原や林道などの不整地でSUVらしい走りもできる。

このように便利なエアサスだが、コンフォートでも連続するギャップでやや硬いと感じる場面はあった。このあたりは、もう少しこなれた路面追従性を目指してほしい。しかし、ダイナミックを選ばずとも、コンフォートでもコーナリング時のステアリングの追従性や踏ん張りはしっかりしている。とりわけワインディングロードでは、車高の高さを感じさせないフィーリングで気持ちいい。こうしたXC60の完成度の高さには、新しいプラットフォームの寄与する度合いも大きいのだろう。

「Q5 2.0 TFSIクワトロ」をベースとする限定車「ファーストエディション」には、「S line」と呼ばれるスポーティーな内外装やパーシャルレザーシート(写真)などが備わる。
「Q5 2.0 TFSIクワトロ」をベースとする限定車「ファーストエディション」には、「S line」と呼ばれるスポーティーな内外装やパーシャルレザーシート(写真)などが備わる。拡大
「XC60 T5 AWDインスクリプション」の前席。上級グレードならではの装備として、マッサージ機能が与えられる。
「XC60 T5 AWDインスクリプション」の前席。上級グレードならではの装備として、マッサージ機能が与えられる。拡大
「XC60」のセンターディスプレイは縦型の9インチ。画面の右下をタップすることで、マップの表示面積を変更できる。
「XC60」のセンターディスプレイは縦型の9インチ。画面の右下をタップすることで、マップの表示面積を変更できる。拡大
新世代のボルボでは、物理的なスイッチやボタン類を最小限としたインテリアデザインが採用されている。写真はセンターコンソールのシフトレバー周辺部。
新世代のボルボでは、物理的なスイッチやボタン類を最小限としたインテリアデザインが採用されている。写真はセンターコンソールのシフトレバー周辺部。拡大
今回「XC60 T5 AWDインスクリプション」では、290kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で9.1km/リッター、車載の燃費計で8.7km/リッターを記録した。
今回「XC60 T5 AWDインスクリプション」では、290kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で9.1km/リッター、車載の燃費計で8.7km/リッターを記録した。拡大

XC60が向いている人とは?

ちなみにXC60のコイルスプリングサスペンション仕様は、乗り心地に硬さは感じられないが、コーナリング時のロールがやや大きく、頼りなさを感じる。とはいえ、一番の違いは車高のアップダウンができるかどうかなので、ドライバーの使う用途によって、足まわりのチョイスは変わってくるだろう。

一方のアウディQ5もエアサス仕様が選べ、車高の上げ下げが可能だが、今回の試乗車はコイルサス仕様である。特徴的なのは、乗り心地が穏やかなこと以上に、ステアリングの支持剛性が高くコーナーでの踏ん張り感が強いこと。かなりスポーツテイストに振ったサスペンションである。

XC60の大きな特徴でもある自動ブレーキなどの先進安全技術は、新たに衝突回避や「自動運転レベル2」に準ずるアシスト機能が標準装備となった。いずれも一般道ではそう簡単に試せる機能ではないが、レーンキープアシストは個人的には「やや車線内で左に寄りすぎかな?」という感触はあるものの、完成度は高く、クルーズコントロールとの組み合わせにより高速道路の移動では疲労軽減が期待できる。車線内での微妙な位置の調整も個人の癖や好みと合わせられるようになれば完璧だろう。

Q5はクルーズコントロール中に渋滞に遭うと、XC60がストレスなく前走車に追従し減速するのに対して、(使えないわけではないが)その後の加減速に唐突感があるなど、XC60のほうが一歩先んじている印象がある。

このように、いくつかの項目についてボルボXC60とアウディQ5を比べてみたが、室内に乗り込んだ時に最初に感じた「XC60のラグジュアリー感」「Q5のスポーティー感」というのは、どの項目についても一貫して見受けられた。

ボディーサイズやパワートレインのスペックが近いモデルであっても、それぞれのクルマが持つ個性は大きく異なり、ドライバーも、落ち着いて過ごしたい人、まだまだスポーティーに走りたい人と嗜好が分かれる。XC60は、趣のある内装の穏やかな空間に包まれ、ショッピングからキャンプまでマルチパーパス的にSUVを使いこなす人に向いている。そして、最新の先進安全機能に守られながら移動できるクルマなのである。

(文=三好秀昌/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

→「ボルボXC60」のオフィシャルサイトはこちら

試乗車「XC60 T5 AWDインスクリプション」の10スポーク19インチアルミホイール。タイヤは「ミシュラン・ラティチュードスポーツ3」が装着されていた。
試乗車「XC60 T5 AWDインスクリプション」の10スポーク19インチアルミホイール。タイヤは「ミシュラン・ラティチュードスポーツ3」が装着されていた。拡大
新型「アウディQ5」には、Q5としては初めて、エアサスペンションが用意されている。
新型「アウディQ5」には、Q5としては初めて、エアサスペンションが用意されている。拡大
「XC60」は全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを標準装備。操作スイッチは、ステアリングホイールの左側スポークに備わる。
「XC60」は全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを標準装備。操作スイッチは、ステアリングホイールの左側スポークに備わる。拡大
「XC60」では、後部左右席のヘッドレストをワンタッチで畳むことができる。ドライバーの後方視界を確保するための機能である。
「XC60」では、後部左右席のヘッドレストをワンタッチで畳むことができる。ドライバーの後方視界を確保するための機能である。拡大
アクティブベンディング機能が備わる「XC60」のヘッドランプ。Tの字を横にしたデザインは、北欧神話に登場する神が持つハンマーがモチーフになっている。
アクティブベンディング機能が備わる「XC60」のヘッドランプ。Tの字を横にしたデザインは、北欧神話に登場する神が持つハンマーがモチーフになっている。拡大
日本で販売される「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」(写真右)のカラーバリエーションは全7色。「アウディQ5ファーストエディション」(同左)は全4色で、ベースとなる「Q5 2.0 TFSIクワトロ」は9色展開となっている。
日本で販売される「ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション」(写真右)のカラーバリエーションは全7色。「アウディQ5ファーストエディション」(同左)は全4色で、ベースとなる「Q5 2.0 TFSIクワトロ」は9色展開となっている。拡大

 

ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション
ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション拡大
メーターパネルはフル液晶タイプ。燃費をはじめとする各種車両や、カーナビのマップなどを表示できる。
メーターパネルはフル液晶タイプ。燃費をはじめとする各種車両や、カーナビのマップなどを表示できる。拡大
開放的な室内空間を実現するパノラマガラスサンルーフ。20万6000円のオプションとして用意される。
開放的な室内空間を実現するパノラマガラスサンルーフ。20万6000円のオプションとして用意される。拡大
荷室の容量は505リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、最大1432リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は505リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、最大1432リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm
ホイールベース:2865mm
車重:1860kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:254ps(187kW)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)235/55R19 105V/(後)235/55R19 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:12.6km/リッター(JC08モード)
価格:679万円/テスト車=794万9000円
オプション装備:電子制御式4輪エアサスペンション+ドライビングモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシー(30万円)/Bowers & Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム<1100W、15スピーカー、サブウーハー付き>(42万円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(20万6000円)/メタリックペイント<パイングレーメタリック>(8万3000円)/テイラードダッシュボード(15万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:3912km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:293.2km
使用燃料:32.1リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.1km/リッター(満タン法)/8.7km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディQ5ファーストエディション
アウディQ5ファーストエディション拡大
テスト車「アウディQ5」のエンジンは、「ボルボXC60 T5」と同じ排気量の2リッター直4ターボ。今回の試乗では、270km弱の距離を走行し、10.0km/リッター前後の燃費を記録した。
テスト車「アウディQ5」のエンジンは、「ボルボXC60 T5」と同じ排気量の2リッター直4ターボ。今回の試乗では、270km弱の距離を走行し、10.0km/リッター前後の燃費を記録した。拡大
3分割可倒式の「Q5」の後席。前後のスライド機構とリクライニング機能が備わる。
3分割可倒式の「Q5」の後席。前後のスライド機構とリクライニング機能が備わる。拡大
「アウディQ5」の荷室容量は、550~1550リッター。3分割式の後席を倒すことで、さまざまな荷物に対応する。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
「アウディQ5」の荷室容量は、550~1550リッター。3分割式の後席を倒すことで、さまざまな荷物に対応する。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大

アウディQ5ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1900×1665mm
ホイールベース:2825mm
車重:1820kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm
最大トルク:370Nm(37.7kgm)/1500-4500rpm
タイヤ:(前)255/45R20 101W /(後)255/45R20 101W(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:13.9km/リッター(JC08モード)
価格:704万円/テスト車=713万円
オプション装備:ボディーカラー<ナバーラブルーM>(9万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:4988km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:266.2km
使用燃料:26.7リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.0km/リッター(満タン法)/9.8km/リッター(車載燃費計計測値)

注目の記事PR
  • 日産「デイズ」の魅力を体感できる試乗会参加者大募集!
    日産「デイズ」の魅力を体感できる試乗会参加者大募集! 価格.com
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。