これから人気が出る予感!?
「3列シートのSUV」という選択肢

2017.12.15 デイリーコラム

立て続けに新車が登場

最近、MPV(マルチパーパスヴィークル)としての、SUVの存在が気になってきた。2017年12月7日にはレクサスから3列シート7人乗りの「レクサスRX450hL」が発売された。それより前、11月28日に開幕したロサンゼルスオートショーでは、北米市場向けながら、やはり3列シートのSUVである「スバル・アセント」が登場。マツダの3列シートSUVである「CX-8」の国内販売も12月14日に始まった。立て続けに、多人数で乗れる3列シートのSUVが話題を提供しているのだ。

しかし、3列シートのSUVは何が良いのかピンとこないというのが、正直な筆者の印象だった。人をたくさん乗せるなら、スペース効率に優れる箱型がベスト。だからこそ、日本ではミニバンが大人気なのだ。ちなみに渋滞が多く、クルマの移動平均速度の遅いASEANの国々でもミニバンの人気は高い。インドネシアでは、日本から輸入された「トヨタ・ヴェルファイア」が関税の関係で1000万円前後になるが、それでも飛ぶように売れたという。お抱え運転手のいるショーファー利用であれば、前後に広いセダンよりも、空間的に広いミニバンの方が良いと考えるお金持ちが多かったのだろう。

ちなみに日本ではこれまでも、例えば「トヨタ・ランドクルーザー」には3列シートが用意されている。ホンダにも「クロスロード」という3列シートのSUVが存在した。しかし、クロスロードは販売終了になり、ランクルがヒットしているという話も聞かない。3列シートSUVの日本での人気はそれほどないというのが現状であり、私と同じように、ラージサイズのSUVをわざわざ3列シートにする理由がいまひとつ理解できない人は多いのではないかと思う。

しかし先日、「マツダCX-8」の試乗会に参加して、実際にハンドルを握り、開発者の狙いを聞くことで、こうした疑問を解消することができた。なるほど、そういうことだったのか! と。

「レクサスRX」の3列シート仕様車「RX450hL」。2017年12月7日、ラインナップに追加された。
「レクサスRX」の3列シート仕様車「RX450hL」。2017年12月7日、ラインナップに追加された。拡大
「レクサスRX450hL」のインテリア。シートは後方のものほど着座位置が高くなっている。
「レクサスRX450hL」のインテリア。シートは後方のものほど着座位置が高くなっている。拡大
マツダ CX-8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ダイハツが小型トールワゴン「トール」をマイナーチェンジ 予防安全・運転支援装置を強化 2020.9.15 自動車ニュース ダイハツがトールワゴン型のコンパクトカー「トール」をマイナーチェンジ。内外装のデザインを変更したほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキを採用するなど、機能・装備の強化を図っている。
ホームへ戻る