クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:スタイリッシュ しかも便利
普段使いに見る「XT5クロスオーバー」の実力

2018.01.04 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR> 櫻井 健一
早朝の東京・新宿を悠然と走る「キャデラックXT5クロスオーバー」。
早朝の東京・新宿を悠然と走る「キャデラックXT5クロスオーバー」。拡大

全4回の連載を通し、キャデラックのニューモデルの特徴を余すところなくリポートする「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。第2回は、街中でのドライバビリティーや、操作系の使い勝手、車内空間のユーティリティーなどをお届けする。

日本における「XT5クロスオーバー」のラインナップは2グレード。今回の取材では、上級モデルの「プラチナム」をテストした。
日本における「XT5クロスオーバー」のラインナップは2グレード。今回の取材では、上級モデルの「プラチナム」をテストした。拡大
横基調の伸びやかなダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネル。センターコンソールも含め、スイッチ類の少ないすっきりとしたデザインとなっている。
横基調の伸びやかなダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネル。センターコンソールも含め、スイッチ類の少ないすっきりとしたデザインとなっている。拡大
「プラチナム」に装備されるセミアニリンフルレザーシート。座面や背もたれにはヒーターおよびベンチレーション機構が備わっており、季節を問わず快適に過ごすことができる。
「プラチナム」に装備されるセミアニリンフルレザーシート。座面や背もたれにはヒーターおよびベンチレーション機構が備わっており、季節を問わず快適に過ごすことができる。拡大
後席は左右独立してのリクライニングおよびスライド調整が可能。「プラチナム」では、後席温度調整機能付きのエアコンやシートヒーターも装備される。
後席は左右独立してのリクライニングおよびスライド調整が可能。「プラチナム」では、後席温度調整機能付きのエアコンやシートヒーターも装備される。拡大

吟味されたデザイン、充実した装備類

「XT5クロスオーバー」(以下、XT5)のステアリングを握れば、東京もキャデラック本社のあるニューヨークに早変わり……とはさすがにいかないが、車内の雰囲気は確実に、ドイツものにも英国ものにもない“アメリカンラグジュアリー”である。

夜間に光るイルミネーティングドアハンドル(上級グレードの「プラチナム」に標準装備)を引いて乗り込んだ先、ドライバーを迎えてくれるインテリアには、キャデラックのエンブレムやフロントグリルをイメージさせる逆台形の意匠が取り入れられている。もちろん、それらに周囲から浮いたような据わりの悪さはなく、シンプルだがよくよく練られたデザインだと理解させられる。フィニッシュはラグジュアリーブランドのそれで、デザインも使用される素材も実に吟味されている。

ヒーター付きのステアリングホイールは、適度な大きさのオーソドックスな丸型で、流行の“Dシェイプ”ではないところに好感が持てる。運転中、ドライバーが最も触れるパーツだけに、ここのクオリティーは重要だ。触感が良く、自然と指を伸ばしたところに各操作スイッチが備わる。さらにそのスイッチが直感的に操作できるのも“高得点”だ。

テスト車のダッシュボードはレザーとスエードのコンビネーションで、カーボンファイバーもアクセントとして用いられていた。シートはセミアニリンレザーで覆われ、フロントにはヒーターおよびベンチレーション機能付きの8ウェイパワーシートが装備される。乗り心地は極上で、それはキャデラックというアメリカンラグジュアリーブランドのネームバリューを決して裏切るものではない。プラチナムではリアにもシートヒーターが装備されるので、こちらならゲストにも喜んでもらえそうだ。

→キャデラックXT5クロスオーバーの詳しい情報はこちら

キャデラック XT5クロスオーバー の中古車

使い勝手もドライバビリティーも文句なし

インテリアをシンプルだと思わせる要因は、物理スイッチを極力減らした操作系にあるのだが、やみくもにその数を減らしたのではない。ステアリングまわりのコントローラーやドライブモードセレクターなどは、あえてクリック感のあるスイッチ式とするなど、メリハリがある。デザインを優先させればすべてをフラットパネルで覆い、スッキリとした未来的なインパネを作りたくなるところだろう。実用に即した配慮は、クルマを運転しながら操作することを考えれば実にありがたい。内装については、クオリティーも操作性も、ドイツものにも一歩もひけを取らない。

バイワイヤ式の軽いタッチのシフトレバーを操作し、Dレンジに入れれば、最高出力314psを誇る3.6リッターのV6エンジンが、XT5のボディーを苦もなく流れに乗せる。重厚感あふれるボディーは、反面、先代の「SRXクロスオーバー」に比べ90kgも軽量化されており、この軽さも走りに大いに効いているのだろう。ストレスを感じるシーンは一切ない。そのフォルムを思い出せば、軽快感すら覚えるほどだ。

ハイブリッドでも流行のディーゼルでもないが、このエンジンはアクティブフューエルマネジメントシステム(気筒休止)が走行状況に合わせて自動的に6気筒と4気筒を切り替え、無駄なくスマートに燃費を向上させている。その切り替えは、XT5がいつの間にか、ドライバーに気づかれることなくやってのける。信号で止まればアイドリングストップ機能が働き、キャビンはBOSEスタジオサラウンドサウンド14スピーカーシステムが奏でる音だけに包まれる。

また、スタイリッシュなデザインを採用しつつも、実用性が高いこともXT5の美点だ。例えば荷物で両手がふさがっていても、リアゲートを開けることは簡単。キーを身につけていれば、リアバンパー下で足を蹴る動作を行うだけでリアゲートが開き、カーゴスペースにアクセスできる(プラチナムのみ)。リアシートは40:20:40の分割可倒式。スキーの板も大型テレビも、さまざまなシートアレンジによって収納可能だ。

シートまわりでは、センターコンソールボックスやドアポケット、そしてシフトレバー下にも収納スペースを配置。大型化するスマホの置き場所にさえ困るラグジュアリーモデルが少なくない今、しかもデザインにこだわりまくったインテリアとくれば多くは望めないのが常だ。XT5の、こうした使う身になって考えられた設計は、地味ではあるがオーナーにとってはうれしいものである。

(文=櫻井健一/写真=荒川正幸)

→キャデラックXT5クロスオーバーの詳しい情報はこちら

 

トルクフルな3.6リッターV6エンジンとトルコン式8段ATの組み合わせは、ストップ&ゴーの多い街中の移動でも威力を発揮。加速はスムーズで力強く、一切、痛痒(つうよう)を感じることはない。
トルクフルな3.6リッターV6エンジンとトルコン式8段ATの組み合わせは、ストップ&ゴーの多い街中の移動でも威力を発揮。加速はスムーズで力強く、一切、痛痒(つうよう)を感じることはない。拡大
「XT5クロスオーバー」では、インフォテインメントや空調、オーディオなど、さまざまな機能の操作をタッチスクリーンに統合。ただし、実用性に配慮して、頻繁に使う音量調整のコントローラーや、エアコンの操作パネルなどはダッシュボード上に個別に残されている。
「XT5クロスオーバー」では、インフォテインメントや空調、オーディオなど、さまざまな機能の操作をタッチスクリーンに統合。ただし、実用性に配慮して、頻繁に使う音量調整のコントローラーや、エアコンの操作パネルなどはダッシュボード上に個別に残されている。拡大
充実した装備も「XT5クロスオーバー」の魅力。写真のパノラマサンルーフやBOSEのアクティブノイズキャンセレーション機能は全車に、BOSEスタジオサラウンドサウンド14スピーカーシステムは「プラチナム」に標準で装備される。
充実した装備も「XT5クロスオーバー」の魅力。写真のパノラマサンルーフやBOSEのアクティブノイズキャンセレーション機能は全車に、BOSEスタジオサラウンドサウンド14スピーカーシステムは「プラチナム」に標準で装備される。拡大
ラゲッジルームは、広さやシートアレンジの豊富さだけでなく、実用性についても配慮。荷物を固定するカーゴフェンスやトノカバーが装備されるほか、十分な容量の床下収納スペースも設けられている。
ラゲッジルームは、広さやシートアレンジの豊富さだけでなく、実用性についても配慮。荷物を固定するカーゴフェンスやトノカバーが装備されるほか、十分な容量の床下収納スペースも設けられている。拡大
本文で紹介した装備のほかにも、「プラチナム」にはリアカメラミラーやサラウンドビジョン(自車をふかんしたような映像を表示する)機能付きのマルチビューカメラなどが搭載されており、狭い場所での取り回しでも、不安を覚えることはなかった。
本文で紹介した装備のほかにも、「プラチナム」にはリアカメラミラーやサラウンドビジョン(自車をふかんしたような映像を表示する)機能付きのマルチビューカメラなどが搭載されており、狭い場所での取り回しでも、不安を覚えることはなかった。拡大
櫻井 健一

櫻井 健一

webCG編集。漫画『サーキットの狼』が巻き起こしたスーパーカーブームをリアルタイムで体験。『湾岸ミッドナイト』で愛車のカスタマイズにのめり込み、『頭文字D』で走りに目覚める。当時愛読していたチューニングカー雑誌の編集者を志すが、なぜか輸入車専門誌の編集者を経て、2018年よりwebCG編集部に在籍。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

キャデラック XT5クロスオーバー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。