第463回:「パジェロ」と「ランエボ」が合体したコンパクトSUV?
「三菱エクリプス クロス」のプロトタイプに試乗

2017.12.16 エディターから一言
大磯プリンスホテルに特設された試乗コースを行く「三菱エクリプス クロス」。
大磯プリンスホテルに特設された試乗コースを行く「三菱エクリプス クロス」。拡大

三菱自動車にとって久々のニューモデルとなる「エクリプス クロス」。その国内発売は2018年3月とまだ時間があるが、クローズドコースでというただし書き付きでひと足早く試乗することができた。ダイナミックなクーペスタイルが自慢の新型SUVの走りは、そのスタイリングに負けないくらいスポーティーなものだった。

「エクリプス クロス」の見どころは、「デザイン」「コネクティビティー」「ドライビングフィール」の3つ。デザインには力が入っており、「行動意欲を駆り立てるデザイン」を目指したという。
「エクリプス クロス」の見どころは、「デザイン」「コネクティビティー」「ドライビングフィール」の3つ。デザインには力が入っており、「行動意欲を駆り立てるデザイン」を目指したという。拡大
SUVとしての機能を一切スポイルせず、都市で際立つ存在感あるクーペスタイルを実現したと、三菱はうたう。
SUVとしての機能を一切スポイルせず、都市で際立つ存在感あるクーペスタイルを実現したと、三菱はうたう。拡大
「エクリプス クロス」の商品企画を担当した、三菱自動車工業 チーフ・プロダクト・スペシャリストの林祐一郎氏。
「エクリプス クロス」の商品企画を担当した、三菱自動車工業 チーフ・プロダクト・スペシャリストの林祐一郎氏。拡大
インパネのデザインではスポーティーさとモダンさの両立を狙った。
インパネのデザインではスポーティーさとモダンさの両立を狙った。拡大
サイドドアの下端がサイドシルを覆う構造になっている。こうすることにより、乗員が降車する時、ズボンの裾が汚れにくくなるなどの利点が生まれる。
サイドドアの下端がサイドシルを覆う構造になっている。こうすることにより、乗員が降車する時、ズボンの裾が汚れにくくなるなどの利点が生まれる。拡大

コンパクトSUVは見た目が重要

「スタイリングが一番の強みです」
チーフ・プロダクト・スペシャリストの林祐一郎氏がプレゼンテーションで強調したのは、エクリプス クロスのデザインだった。三菱車のイメージとしてまず挙げられるのは、「パジェロ」に代表される四輪駆動の技術だろう。「i-MiEV」や「アウトランダーPHEV」で、電動化を得意としていることも知られてきたかもしれない。三菱と聞いて最初にデザインを思い浮かべるのは、多分かなり少数派だ。

だからこその、デザイン推しである。エンジニアに話を伺うと、「乗ってもらえれば良さがわかるはずなんですけどねえ……」と嘆いていた。中身に自信があっても、試乗をしてもらえないのでは伝わらない。急成長しているコンパクトSUV市場で、購入者の63%がスタイル・外観を重視すると答えている。コンパクトカーだと39%の人しか重視点に挙げていない。このカテゴリーでは見た目の重要度が高いのだ。

三菱では2015年から「ダイナミックシールド」というデザインコンセプトを採用している。デザイン本部長の國本恒博氏は「中央のブラックフェイスで力強いパフォーマンスを表現し、バンパーの左右とアンダーガードが包み込む形状にしてクルマを守る安心感・安全性をイメージしている」と語っていた。「アウトランダー」や「RVR」にも通じるデザインだというが、まあ後づけみたいなものだ。コンセプトが全面的に適用されるモデルは、日本で販売されるものとしてはエクリプス クロスが初となる。

SUVの最新流行は、「レンジローバー イヴォーク」「マツダCX-4」などのようなクーペスタイルだ。エクリプス クロスも、ウエッジシェイプを強調してスポーティーなイメージを打ち出している。「VIBRANT & DEFIANT」がキーワードになっているそうだが、見慣れない単語だ。躍動感と反抗的なまでの挑戦を意味しているという。アッパーボディーがVIBRANT、ロアボディーがDEFIANTを受け持つ形だ。

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • トヨタ・ミライZ(RWD)【試乗記】 2021.3.5 試乗記 フルモデルチェンジでがらりと見た目の変わったトヨタの燃料電池車「ミライ」。大型FR車用のプラットフォームを用いたパッケージングや走り、そして一新された内外装デザインなど、純粋に“魅力あるクルマ”を目指したというが、果たしてその進化やいかに。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る