こんなことがありました!
自動車業界の1年を清水草一が振り返る

2017.12.22 デイリーコラム

記憶に残るあの事件

2017年は、クルマに関して、それなりに実りある一年でありました。終盤になってマニア心に刺さるニューモデルも連発されましたし、少数豊作な一年だったと感じております!

で、清水草一の“私的な自動車関連10大ニュース”を発表させていただきます!

10位:パンダ誕生
上野動物園でパンダのシャンシャンが誕生しました! オメデト~! それのどこが自動車関連かと申しますと、「パンダ」ってクルマがあるので……(ホントは10個目がどうしても思いつかなかっただけです)。

9位:日産とスバルの無資格検査問題
ユーザーにとって大事なのは、買ったクルマの信頼性。つまり故障しないことで、故障さえしなけりゃ検査なんざどうでもいい。ユーザーにとっては、検査に無資格者(しかも単なる社内の資格の有無)が交じっていようがどうしようがまったくどうでもよく、それよりクルマの故障の方が100倍困る! 「マセラティ・ビトゥルボ」みたいなクルマが売られてたことの方が問題でしょ!? だってホーン鳴らした瞬間に電気系がショートしてエンジン全死したこともあるんだから! 昔の話だけどさ! 国交省(当時は運輸省)はなぜそんなクルマを売ることを許したのか! 私としてはその責任を問いたいです。ウフフ~!

8位:東名高速で対向車が空を飛んできた
まさに衝撃映像でした。あの事故に関しては「中央分離帯の傾斜が原因ではないか」という意見がありましたが、重箱の隅をつつくにもほどがある。あんな事故は数十年に1回のレベルで(私見)、その防止のために巨費を投じてスロープを削るなど愚の骨頂。それより暫定2車線区間の正面衝突問題の方がはるかに喫緊の課題だ。実は国交省、これに関しては動きが急で、ワイヤーロープ型中央分離帯の開発&設置が静かに進んでおります。数年以内にかなりの区間に設置されるのではないでしょうか。

2017年9月には、EVのビッグネーム「日産リーフ」がモデルチェンジ。しかしその直後、同社のスキャンダルが発覚し……。
2017年9月には、EVのビッグネーム「日産リーフ」がモデルチェンジ。しかしその直後、同社のスキャンダルが発覚し……。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事