アウディRS 5クーペ(前編)

2018.01.25 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディRS 5クーペ」である。450psを生み出す2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速をわずか3.9秒でこなすスーパークーペの豪快にして絶妙な味わいを、谷口がじっくり解説する!

安心感とドライビングプレジャーは表裏一体

「ボディーサイドのところに明暗がはっきりと出ているじゃないですか。僕的には、すごい好きですね、こういうの。あと、テール周りも僕の好みです」

アウディRS 5を目の前にして、谷口信輝はそう語り始めた。これまで谷口には「R8」や「S5」に試乗してもらったが、いずれも大絶賛。そのシャシーやパワートレインが彼の好みにあっていることは確認済みだが、唯一、不満を漏らしていたのがそのデザインだった。どうやらアウディのスタイリングはすっきりとしすぎていて、谷口の心に深い印象を与えなかったようだが、RS 5では初めてポジティブな評価が下った。

もっとも、これは肝心の試乗を行うまえの、第一印象にすぎない。果たして、新型RS 5はまたも谷口に感銘を与えることができるのか? 私たちは期待と不安を抱きながら、谷口のドライブで走り去るRS 5の後ろ姿を見送った。

試乗を終え、取材のベースとなる駐車場に戻ってきた谷口は、開口一番、こうコメントしたのである。
「いや、もう、素晴らしいですよ。ここから走り始めて、加速していく感じとか、あのカーブをすっと曲がったときの印象とか、まあ素晴らしいのひと言ですね」

RS 5のどこが谷口をそれほど強く捉えたのか?
「絶対的な安心感ですよね。もう、なにも怖くない」
これは、アウディを評価する際に谷口がよく口にする言葉だ。

「安心感が強いから自信を持ってコーナーに進入できる」「安心感が強いからコーナリングが楽しい」

 
アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
アウディRS 5クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4725×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1760kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 16バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450ps(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600Nm(61.1kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 (後)275/30ZR20/価格:1257万円
アウディRS 5クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4725×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1760kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 16バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450ps(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600Nm(61.1kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 (後)275/30ZR20/価格:1257万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(前編) 2021.6.13 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディスポーツが手がけたスタイリッシュなハイパフォーマンスクーペは、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーの目に、どのように映ったのだろうか。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る