「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施

2018.01.25 自動車ニュース
「シボレー・コルベット」
「シボレー・コルベット」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年1月25日、自分だけの「シボレー・コルベット」をオーダーできる「シボレー・コルベット テーラーリング・プログラム」を、同年2月10日から2月25日までの期間限定で実施すると発表した。

 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大

コルベットの誕生65周年を記念した今回のプログラムは、ボディーカラーやインテリアカラーに加えて、トランスミッションやホイール、シート、グランドエフェクト(空力パーツ)なども細かくオーダーできるのが特徴。選べる組み合わせは1億通り以上とされる。

プログラムの対象となるベースモデルは、最新型である2019年モデルの「グランスポーツ クーペ(7段MT/8段AT)」「コンバーチブル(8段AT)」「Z06クーペ(7段MT/8段AT)」「Z06コンバーチブル(8段AT)」となる。

選択可能な項目は以下の通り。

  • エクステリアカラー
  • インテリアカラー
  • トップカラー(ほろ)
  • シートタイプ
  • インテリアトリムパネル
  • シートベルトカラー
  • カスタムレザーステッチ
  • バッジパッケージ
  • ドアミラー
  • フェンダーハッシュマーク
  • フードインサート
  • ベント
  • ルーフパネル(クーペのみ)
  • トノインサート(コンバーチブルのみ)
  • ホイール
  • ブレーキキャリパー
  • パフォーマンスパッケージ
  • ブレーキ
  • トランスミッション(7段MT/8段AT)
  • パフォーマンスデータ&ビデオレコーダー等

注文受け付け順に生産工場への発注が行われ、出荷開始は2018年6月以降となる予定。

(webCG)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
ホームへ戻る