「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施

2018.01.25 自動車ニュース
「シボレー・コルベット」
「シボレー・コルベット」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年1月25日、自分だけの「シボレー・コルベット」をオーダーできる「シボレー・コルベット テーラーリング・プログラム」を、同年2月10日から2月25日までの期間限定で実施すると発表した。

 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施の画像拡大

コルベットの誕生65周年を記念した今回のプログラムは、ボディーカラーやインテリアカラーに加えて、トランスミッションやホイール、シート、グランドエフェクト(空力パーツ)なども細かくオーダーできるのが特徴。選べる組み合わせは1億通り以上とされる。

プログラムの対象となるベースモデルは、最新型である2019年モデルの「グランスポーツ クーペ(7段MT/8段AT)」「コンバーチブル(8段AT)」「Z06クーペ(7段MT/8段AT)」「Z06コンバーチブル(8段AT)」となる。

選択可能な項目は以下の通り。

  • エクステリアカラー
  • インテリアカラー
  • トップカラー(ほろ)
  • シートタイプ
  • インテリアトリムパネル
  • シートベルトカラー
  • カスタムレザーステッチ
  • バッジパッケージ
  • ドアミラー
  • フェンダーハッシュマーク
  • フードインサート
  • ベント
  • ルーフパネル(クーペのみ)
  • トノインサート(コンバーチブルのみ)
  • ホイール
  • ブレーキキャリパー
  • パフォーマンスパッケージ
  • ブレーキ
  • トランスミッション(7段MT/8段AT)
  • パフォーマンスデータ&ビデオレコーダー等

注文受け付け順に生産工場への発注が行われ、出荷開始は2018年6月以降となる予定。

(webCG)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
ホームへ戻る