ブッ飛び性能の「フェラーリ488ピスタ」
新たな“跳ね馬”を通はこう見る

2018.03.02 デイリーコラム

このルックスは本気だ!

「フェラーリ488ピスタ」。言うまでもなく、「フェラーリ488GTB」のスペシャルモデルである。つまり「360チャレンジ ストラダーレ」や「430スクーデリア」、「458スペチアーレ」の後継モデルというわけだ。

私はまだ写真を目にしただけだが、なんとも凄(すさ)まじいルックスだ。何より目を引くのは、エアダムから取り入れたクーリングエアを猛烈な勢いで斜め上に向けて排出すべく、大きくえぐられまくったフロントフードの形状ではなかろうか? これほど大げさというか本気というか、「マジかよ!?」と叫びたいほどの造形は、同系統の他モデルには見られない。フェラーリは本当の本気なのだろう。その他どの部分を眺めても、このクルマがほぼレーシングカーであることがわかる。

このルックス、悪くない。悪くないなんて言葉、自動車界の頂点に君臨するフェラーリさまに対してウルトラ失礼な言い草だが、私は488GTBのルックスは「458イタリア」の改悪版だと確信しているので、488ピスタのウルトラレーシィな造形は、その失敗を覆い隠す迫力を持っていて悪くない。そういうことなのだ。ここまでやっちゃえば細かいアラは見えなくなるじゃないですか!

488GTBは、ルックスだけでなく、エンジンの快感に関しても、458イタリアより大幅に劣る。なにしろターボに転換してしまったのだから。高回転高出力型自然吸気V8の突き抜けるような快感を至上の快楽と考えるフェラーリの求道者としては、「スピリットを捨てて効率を選んだ」と指弾したくなるのも仕方なかろう。

もちろん、フェラーリ側の言い分も理解できる。確かに488GTBの3.9リッターV8ツインターボは、まるで自然吸気のような回転フィーリングを実現してはいる。しかしなにしろサウンドが1オクターブ低い。「フェラーリエンジンはパワーより何より、いい音がしてナンボ」と考える自分としては、これは致命的だ。ランボルギーニや「アウディR8」が自然吸気で踏みとどまっているのに、嗚呼(ああ)フェラーリさまが! と天を仰ぎたい。

が、ひょっとして488ピスタのエンジンは、かなり気持ちいいのかもしれない。

フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。
フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • 「フェラーリ488GTB」の後継モデル「F8トリブート」日本デビュー 2019.6.25 自動車ニュース フェラーリは2019年6月25日、東京都近代美術館において新型のV8ミドシップスポーツカー「F8 Tributo(トリブート)」を日本で初披露した。同モデルは「488GTB」の後継で、第89回ジュネーブモーターショーがワールドプレミアの会場となった。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
ホームへ戻る