ブッ飛び性能の「フェラーリ488ピスタ」
新たな“跳ね馬”を通はこう見る

2018.03.02 デイリーコラム

このルックスは本気だ!

「フェラーリ488ピスタ」。言うまでもなく、「フェラーリ488GTB」のスペシャルモデルである。つまり「360チャレンジ ストラダーレ」や「430スクーデリア」、「458スペチアーレ」の後継モデルというわけだ。

私はまだ写真を目にしただけだが、なんとも凄(すさ)まじいルックスだ。何より目を引くのは、エアダムから取り入れたクーリングエアを猛烈な勢いで斜め上に向けて排出すべく、大きくえぐられまくったフロントフードの形状ではなかろうか? これほど大げさというか本気というか、「マジかよ!?」と叫びたいほどの造形は、同系統の他モデルには見られない。フェラーリは本当の本気なのだろう。その他どの部分を眺めても、このクルマがほぼレーシングカーであることがわかる。

このルックス、悪くない。悪くないなんて言葉、自動車界の頂点に君臨するフェラーリさまに対してウルトラ失礼な言い草だが、私は488GTBのルックスは「458イタリア」の改悪版だと確信しているので、488ピスタのウルトラレーシィな造形は、その失敗を覆い隠す迫力を持っていて悪くない。そういうことなのだ。ここまでやっちゃえば細かいアラは見えなくなるじゃないですか!

488GTBは、ルックスだけでなく、エンジンの快感に関しても、458イタリアより大幅に劣る。なにしろターボに転換してしまったのだから。高回転高出力型自然吸気V8の突き抜けるような快感を至上の快楽と考えるフェラーリの求道者としては、「スピリットを捨てて効率を選んだ」と指弾したくなるのも仕方なかろう。

もちろん、フェラーリ側の言い分も理解できる。確かに488GTBの3.9リッターV8ツインターボは、まるで自然吸気のような回転フィーリングを実現してはいる。しかしなにしろサウンドが1オクターブ低い。「フェラーリエンジンはパワーより何より、いい音がしてナンボ」と考える自分としては、これは致命的だ。ランボルギーニや「アウディR8」が自然吸気で踏みとどまっているのに、嗚呼(ああ)フェラーリさまが! と天を仰ぎたい。

が、ひょっとして488ピスタのエンジンは、かなり気持ちいいのかもしれない。

フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。
フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」は、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで正式にデビューする。拡大
フェラーリ 488ピスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
ホームへ戻る