トヨタ車の走りが変わる!?
新パワートレインに注目せよ

2018.03.09 デイリーコラム

中核的存在になるエンジン

2018年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーで、レクサスのコンパクトSUV「UX」が初公開された。「NX」より小さいUXの登場は、日本市場にとってもうれしいニュースだが、今回のお題は、UXそのものではなく、そのパワートレイン。このUXには、2018年2月末にトヨタが発表した新パワートレインが搭載されるのだ。

同社は、同年2月26日に行った技術説明会において、“クルマづくりの構造改革”「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の新パワートレイン戦略で新たに開発した、ガソリン仕様の2リッター「Dynamic Force Engine」およびそのハイブリッドシステム、FF車用トランスミッション、4WDシステムを発表した。

TNGA第1弾の「プリウス」に搭載される1.8リッターのハイブリッドユニットが存在する中、排気量の近いシステムをどのような車種に搭載するのか注目されたが、今回、前述のとおりレクサスUXへの採用が明らかになった。ハイブリッドについては3代目の「オーリス」に搭載されるという。

これら新パワートレイン戦略の大きな役目としては、環境負荷の低減、燃料多様化への対応、開発生産効率の向上が挙げられる。世界中のメーカーが電動化へのシフトを表明しているが、この電動化には電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)はもちろんのこと、ハイブリッド車も含まれる。エンジンの進化は、今後も絶対条件なのだ。

新エンジンは、他社と同様にモジュール化したうえで展開される。トヨタでは現状のエンジンの種類を40%削減しつつ、2021年までに19種類37バリエーションを導入する予定だ。その中で、2リッターエンジンのラインナップは中核的存在となると見られる。組み合わされるトランスミッションについては、トヨタは自動変速機の選択基準として、最大トルクが200Nm前半以下のパワーユニットにはCVT、それ以上のものはATとする方針を示している。

「レクサスUX200」
「レクサスUX200」拡大
「Dynamic Force Engine」
「Dynamic Force Engine」拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • 第19回:レクサスUX(前編) 2019.1.16 カーデザイナー明照寺彰の直言 いよいよ登場したレクサスのコンパクトSUV「UX」。レクサスにとってSUVは、グローバルではもちろんのこと、国内販売でも過半を占めているだけに、そのボトムを担うUXは重要なモデルだ。そのデザインを、現役のカーデザイナー明照寺彰はどう見たか?
ホームへ戻る