第167回:中古の国産ワゴンに乗っているのはいい人か?
『去年の冬、きみと別れ』

2018.03.09 読んでますカー、観てますカー

叙述トリックを映像化した作品

「映像化不可能と言われた原作ですが、脚本を読んだときに、この手があったかと感心しました」
原作者の中村文則が残したコメントである。映像化不可能と自分で言っているのは、俺の小説を簡単に映画化されてたまるかというプライドの高さからではない。『去年の冬、きみと別れ』は叙述トリックといわれる手法を使っていて、文章の仕掛けがストーリーの鍵となっているのだ。

ミステリー小説に付き物なのがトリックである。犯人はアリバイ偽装や死体の入れ替え、凶器の消滅、密室トリックなどの技法を用いて証拠隠滅を図る。知恵を絞って仕掛けを見破り、悪人の前に立ちふさがるのが探偵だ。聡明(そうめい)なヒーローが犯行の際に生じたわずかなほころびも見逃さず、完全犯罪に見えた事件を解決する。読者はトリックをめぐる犯人と探偵の頭脳戦を楽しむわけだ。

叙述トリックは、少し意味合いが違う。トリックを仕掛けるのは犯人ではなく、作者なのだ。ターゲットは読者である。文章表現を駆使して誤った解釈に導き、読者が思い描いていた犯罪の構成要素を最後に反転させる。ニセの設定を使ったり重要な事実を隠したりするのはルール違反で、情報を開示しながら常識や偏見を巧みに利用して間違った認識に誘い込むのだ。

単純なものだと、話し方で登場人物の性別を誤認させるという方法がある。だまされるのはステレオタイプなジェンダー観を持っていた読者の責任だから、作者に文句は言えない。自然に誤解を生むように文章テクニックを駆使するのが腕の見せどころだ。だから、この手法は小説でしか成立しない。映像にしてしまえば、登場人物の姿は観客の目にさらされてしまう。

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会拡大
『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
©中村文則/幻冬舎
『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
	©中村文則/幻冬舎拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事