第493回:THE FRONT ~オートバイの正面にフォーカスした身勝手な考察~

2018.03.30 エディターから一言
東京モーターサイクルショー2018の初日、午後1時の一般公開直前。入場ゲートの前は、すでに長蛇の列。
東京モーターサイクルショー2018の初日、午後1時の一般公開直前。入場ゲートの前は、すでに長蛇の列。拡大

「東京モーターサイクルショーに行って、何か書いてください」 これがwebCGホッタ青年のオファー。「何か」って何だという話だけど、そこは食べ盛りの子供のために手際よく何品かの料理をつくり上げる母親の気分で応じるほかにない。しかし、何を書けばいいのだろうか。「何が食べたいの」と聞かれて「何でもいい」と言われた母親の面倒くささがこの段になって身に染みる。すまなかった、母ちゃん。

そんなこんなで、ショーとは見比べるものという観点を軸にして、ちょっと気になっていたポイントを勝手に掘り下げることにした。それが「THE FRONT」。つまりオートバイの正面。それっぽいテーマを絞り出したけど、さてどうなることやら。

またがりながら何かしらイメージしている方の顔も興味深く……。
またがりながら何かしらイメージしている方の顔も興味深く……。拡大
「KTM 1290 スーパーアドベンチャーS」
「KTM 1290 スーパーアドベンチャーS」拡大

独創の3DSF系×伝統のロボットアニメ系

乗り物の最前部に配置されるライトの類いは、二輪であれ四輪であれ、正面のデザインを決定づける重要な要素だ。LEDの登場以降、顔の造りに自由度が増したのは、これまた二輪も四輪も同じ。ただし二輪の場合、THE FRONTを顔と呼ぶにはヘッドライトの周囲にそれ相応の面積を持つカウリング等のパーツが必要になってくる。そのカウリング込みの正面デザイン、海外と日本では考え方というか嗜好(しこう)というか、かなり明確な違いがあるように思う。

題して、3DSF系×ロボットアニメ系。3DSF系とは、CGを駆使しながらも実写とするSF映画に出てくる乗り物のイメージ。例えば『スター・ウォーズ』のミレニアムファルコンや『バットマン』のタンブラー。あるいは『インターステラー』の宇宙船もそう。共通項をざっくり言えば、意外に地に足の着いた大人っぽいデザインということ。

対するロボットアニメ系は、つまるところ『機動戦士ガンダム』のモビルスーツ由来。どことなくボリューミーというか形状の厚着というか、いずれにせよアニメを想起させる点において、個人的には幼さを感じる。って言ったら炎上必至かな。いやまぁアニメは世界に誇る日本文化の象徴でもあるので、そこはひとつ穏便に。

ぐたぐた語るより写真をどうぞ。まずはKTMの「1290 スーパーアドベンチャーS」。最近のKTMは、およそこんな昆虫顔。「これはロボットだろう」という意見もあるだろうが、アニメだった『トランスフォーマー』をCG化した感じと言えばご理解いただけますか。それにしてもこの顔は、夢に出てきそうなくらい強烈なデザインだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事