アウディが「A6アバント」の新型を発表

2018.04.12 自動車ニュース
「アウディA6アバント」
「アウディA6アバント」拡大

独アウディは2018年4月11日(現地時間)、新型「アウディA6アバント」の概要を発表した。

 
アウディが「A6アバント」の新型を発表の画像拡大
 
アウディが「A6アバント」の新型を発表の画像拡大
 
アウディが「A6アバント」の新型を発表の画像拡大
 
アウディが「A6アバント」の新型を発表の画像拡大
 
アウディが「A6アバント」の新型を発表の画像拡大

マイルドハイブリッドを標準装備

2018年3月のジュネーブモーターショーで新型「A6」(セダン)が出展されてから1カ月。そのワゴンバージョンが発表された。

今回公表されたボディーサイズは、全長×全幅×全高=4.94×1.89×1.47m。長いボンネットやワイドなシングルフレームグリル、緩やかに流れるルーフライン、4WDであることを強調するフェンダーの張り出しなどがエクステリアの特徴とされている。

インテリアについては、ベーシックな仕様に加えて、装備の異なる4種類の仕立て(スポーツ、デザイン、デザインセレクション、S lineスポーツパッケージ)が用意される。室内を立体的に照らすコンツァーアンビエントライトパッケージ(オプション)も見どころのひとつ。フロントおよびリアの室内幅に加えて、リアシートのニースペースも現行モデルより拡大されており、荷室の容量は5人乗車時で565リッター、リアシートの背もたれを倒した状態で1680リッターが確保される。

新型A6アバントには、オルタネーターを活用したマイルドハイブリッドシステムが標準装備される。これにより、55~160km/hの速度においてエンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)できるほか、22km/h以下の速度ではスタート/ストップ機能も作動。エネルギー効率の向上が図られている。

一方でその走りは、現行モデルよりも快適かつダイナミックになっているという。オプションの「ダイナミックオールホイールステアリング」を選択すると、車速60km/h以下でリアのホイールをフロントと逆向きに最大5度まで操舵可能に。回転直径は最大1m小さい11.1mとなり、駐車時や狭い道路での取り回し性を向上させる。

そのほか、カーナビゲーション使用時にはルート上の右左折も考慮して作動するクルーズコントロール機能や、各種の警告に対してドライバーが反応しない場合にシステムが運転を引き継ぎ、ハザードランプを点滅させて走行車線内に停車させる「エマージェンシーアシスト」、10.1インチと8.6インチの2つの大型ディスプレイを併用するインフォテインメントシステムの採用などもセリングポイントとなっている。

日本市場には、2018年内に導入される見通し。

(webCG)

関連キーワード:
A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る