アウディが「Q3」など4モデルに充実装備の限定車を設定

2018.05.08 自動車ニュース
「アウディA3セダン Sライン テクノリミテッド」(右)と「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」(左)。
「アウディA3セダン Sライン テクノリミテッド」(右)と「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」(左)。拡大

アウディ ジャパンは2018年5月7日、「A3スポーツバック」「A3セダン」「TTクーペ」「Q3」にそれぞれ限定モデルを設定し販売を開始した。

「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」
「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」拡大
「バーチャルコックピット」
「バーチャルコックピット」拡大

今回設定された限定モデルは、通常はオプション扱いとなる「Sラインパッケージ」などの装備を標準で採用したものである。モデルごとの詳細は以下の通り。

【A3スポーツバック/セダン Sライン テクノリミテッド】
「1.4 TFSIスポーツ」をベースに、「バーチャルコックピット」を含む「Sラインパッケージ」や、「ナビゲーションパッケージ」、運転支援システムの「アシスタンスパッケージ」を標準で採用。専用マットチタン塗装の18インチアルミホイールや、ルーフレール(スポーツバックのみ)、「マトリクスLEDヘッドライト」なども装備している。さらに、ボディーカラーには同車専用色の「デイトナグレーパールエフェクト」も用意している。

価格はスポーツバックが446万円、セダンが462万円。販売台数は、前者が375台、後者が250台。

「TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド」
「TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド」拡大

【TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド】
「1.8 TFSI」をベースに、「Sラインエクステリア」や「LEDヘッドライト&LEDリアダイナミックインジケーター」「アウディサウンドシステム(9スピーカー)」「アウディスポーツ5スポークブレードデザイン19インチアルミホイール」、運転支援システムの「アシスタンスパッケージ」を標準装備している。

価格は550万円。販売台数は限定125台となっている。

「Q3 Sライン コンペティション」
「Q3 Sライン コンペティション」拡大

【Q3 Sライン コンペティション】
「2.0 TFSIクワトロ」をベースに、「Sラインパッケージ」を標準で採用。ハイグロスブラックのコントラストペイントや、専用ブラック19インチアルミホイール、ブラックルーフレール、ピアノブラックのデコラティブパネルにより、内外装の各部を黒でコーディネートしている。また、ボディーカラーには同車専用色の「デイトナグレーパールエフェクト」も用意している。

販売台数は125台。価格は549万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, TTクーペ, Q3, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
ホームへ戻る