ポルシェ911 GT3(後編)

2018.05.24 谷口信輝の新車試乗 「限界を引き出すテクニックは必要ない。むしろ大事なのは……」 レーシングドライバー谷口信輝が、高性能モデル「ポルシェ911 GT3」の走りをプロフェッショナルの視点から熱く語る。

カタチからしてスペシャル

ポルシェ911 GT3のハンドリングを絶賛した谷口信輝。後編では、彼がこのクルマに寄せる思いを深掘りする前に、いったん冷静になって各部を観察してもらうことにした。まずは、そのエクステリアデザインについて。

「うーん、やっぱりポルシェの中でも特別、かっこいいですね。なんとなく、クルマ全体からスポーティーなムードが漂っているし、ヘッドライトのこの寝方とか、薄いテールライトとか、なんだかいいですね。凝ったデザインになったリアウイングなんて、ただただ『すごいですねえ』みたいな感想しか出てこない(笑)」

続いてドアを開いてキャビンの中をのぞき込んでもらった。
「お、後ろのスペース(通常の911ではリアシートのある部分。GT3ではシートがなく、フロアにカーペットが貼られている)はなかなか広いじゃないですか。でも、ドアとフロントシートバックのすき間が狭いから、これじゃあ荷物の出し入れが大変だなあ」

これを聞いたスタッフKが「このリボンを引っ張るとシートバックが前に倒れますよ」と説明すると、谷口は「ああ、なるほど。でも、さすがにゴルフバッグを積むのは苦しいかな(笑)。本来はヘルメットとかレーシングスーツとかを積む場所なんでしょうね」とその印象を語った。

ドライバーの仕事場たる運転席はどうか。
「ドライビングポジションは文句なしにいいです。シートのホールドも適度でいいですね。これ以上、シートのホールド性を高めようとすると、きっと乗り降りが大変になって使い勝手が悪くなりますよね」

谷口はここまで語るとひと呼吸置いてから、次のように続けた。「それよりも問題は、これですよ」

 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る