ポルシェ911 GT3(後編)

2018.05.24 谷口信輝の新車試乗 「限界を引き出すテクニックは必要ない。むしろ大事なのは……」 レーシングドライバー谷口信輝が、高性能モデル「ポルシェ911 GT3」の走りをプロフェッショナルの視点から熱く語る。

カタチからしてスペシャル

ポルシェ911 GT3のハンドリングを絶賛した谷口信輝。後編では、彼がこのクルマに寄せる思いを深掘りする前に、いったん冷静になって各部を観察してもらうことにした。まずは、そのエクステリアデザインについて。

「うーん、やっぱりポルシェの中でも特別、かっこいいですね。なんとなく、クルマ全体からスポーティーなムードが漂っているし、ヘッドライトのこの寝方とか、薄いテールライトとか、なんだかいいですね。凝ったデザインになったリアウイングなんて、ただただ『すごいですねえ』みたいな感想しか出てこない(笑)」

続いてドアを開いてキャビンの中をのぞき込んでもらった。
「お、後ろのスペース(通常の911ではリアシートのある部分。GT3ではシートがなく、フロアにカーペットが貼られている)はなかなか広いじゃないですか。でも、ドアとフロントシートバックのすき間が狭いから、これじゃあ荷物の出し入れが大変だなあ」

これを聞いたスタッフKが「このリボンを引っ張るとシートバックが前に倒れますよ」と説明すると、谷口は「ああ、なるほど。でも、さすがにゴルフバッグを積むのは苦しいかな(笑)。本来はヘルメットとかレーシングスーツとかを積む場所なんでしょうね」とその印象を語った。

ドライバーの仕事場たる運転席はどうか。
「ドライビングポジションは文句なしにいいです。シートのホールドも適度でいいですね。これ以上、シートのホールド性を高めようとすると、きっと乗り降りが大変になって使い勝手が悪くなりますよね」

谷口はここまで語るとひと呼吸置いてから、次のように続けた。「それよりも問題は、これですよ」

 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(後編)の画像拡大
ポルシェ911 GT3
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1850×1270mm/ホイールベース:2457mm/車重:1490kg/駆動方式:RR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:500ps(368kW)/8250rpm/最大トルク:460Nm(46.9kgm)/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y XL/(後)305/30ZR20 103Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/価格:2115万円
ポルシェ911 GT3
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1850×1270mm/ホイールベース:2457mm/車重:1490kg/駆動方式:RR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:500ps(368kW)/8250rpm/最大トルク:460Nm(46.9kgm)/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y XL/(後)305/30ZR20 103Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/価格:2115万円拡大

関連キーワード:
911, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場 2020.2.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る