「ロータス・エキシージ」に特別な内外装の70周年記念モデル登場

2018.05.17 自動車ニュース
「ロータス・エキシージ70thアニバーサリーエディション」
「ロータス・エキシージ70thアニバーサリーエディション」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年5月17日、「ロータス・エキシージ70thアニバーサリーエディション」の販売を開始した。

 
「ロータス・エキシージ」に特別な内外装の70周年記念モデル登場の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別な内外装の70周年記念モデル登場の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別な内外装の70周年記念モデル登場の画像拡大

「エキシージ スポーツ350」をベースに充実した装備を採用

今回の特別仕様車は、2018年がロータスの創業者コーリン・チャップマンが最初のクルマを製造してから70周年にあたることから設定された限定モデルである。まずは25台が欧州にて販売され、次いで日本でも16台が販売されることとなった。

ベースとなるのは、車両重量1125kgのボディーに最高出力350ps、最大トルク400Nmを発生する3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載する「エキシージ スポーツ350」で、以下の装備が採用されている。

  • スポーツレッドペイントストライプ(アクセスパネル、ハードトップ)
  • ファントムブラックフロントアクセスパネル
  • 「LOTUS 70」ビルドプレート&ステッカー
  • ダブルステッチアルカンターラインテリア(スペシャルトリム付き、レッド/ホワイトダブルステッチシートトリム、レザー&アルカンターラインテリア)
  • カーボンスポーツシート
  • アルカンターラステアリングホイール
  • アルカンターラベントサラウンド
  • インテリアカラーパック(レッド)
  • クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&2スピーカー
  • 防⾳仕様
  • フロアマット
  • クルーズコントロール
  • 軽量鍛造シルバーアルミホイール
  • 2ピースハイパフォーマンスブレーキディスク

ボディーカラーは全4色。販売台数は「モナコホワイト」が7台、「エンパイアグリーン」が2台、「ダークメタリックグレー」が2台、「エセックスブルー」が5台となっている。

価格は1058万4000円。納車は2018年7月に開始される予定。

(webCG)
 

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る