「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車

2018.06.01 自動車ニュース
「日産リーフX 10万台記念車」
「日産リーフX 10万台記念車」拡大

日産自動車は2018年6月1日、電気自動車(EV)「リーフ」に特別仕様車「X 10万台記念車」を設定し、販売を開始した。

 
「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車の画像拡大

日産リーフは、世界初の量産型EVとして2010年12月に登場。2017年10月のフルモデルチェンジを経て、これまでにグローバルで累計32万5000台以上が販売されている。

今回のX 10万台記念車は、その名の通り、国内での累計販売台数が10万台を超えたことを記念したもの。安全運転支援システム「プロパイロット」などを標準装備としながら、ベース車(中間グレードの「X」)からの価格上昇を抑えた、お得な価格設定としている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • プロパイロット
  • ステアリングスイッチ(メーター/ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)
  • 電動パーキングブレーキ
  • 215/50R17 91Vタイヤ
  • 17インチアルミホイール(17×6.5J)
  • フロント&バックソナー
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
  • LEDヘッドランプ(オートレベライザー、シグネチャーランプ付き)

価格はベース車から19万4400円アップの370万7640円。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 「日産リーフ」マイナーチェンジ 運転支援システムや通信サービスの機能向上 2019.12.16 自動車ニュース 日産自動車は2019年12月16日、電気自動車「リーフ」にマイナーチェンジを施し、2020年2月に発売すると発表した。今回は主に、運転支援システムや通信サービスについて見直しが図られている。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定 2020.1.16 自動車ニュース オーテックジャパンが純正カスタマイズモデル「日産リーフAUTECH」に「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を設定。顧客の好みに応じて内装の仕様を選択できるサービスで、リーフでは「ストーンホワイト」「ブラウン」「ブラック」の3色の本革からシートの表皮が選択できる。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
ホームへ戻る