40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売

2018.06.06 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63」
「メルセデスAMG G63」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年6月6日、フルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツGクラス」を発表し、同日より受注を開始した。顧客への納車は8月下旬以降となる見込み。

 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大
 
40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売の画像拡大

1979年の登場以来、約40年にわたり最高級クロスカントリービークルとして君臨してきたメルセデス・ベンツGクラスが、ついに新型に生まれ変わった。

新型のエクステリアは、スクエアなフォルムや丸形のヘッドライト、張り出したフェンダー、フロントフェンダー上に設置されるウインカーなど、従来型の特徴を受け継ぐことで、ひと目でGクラスとわかるデザインに仕上がっている。その一方で、フロント/サイドのウィンドウを曲面としたり、LEDライトを採用したりすることで、モダンなクルマへと生まれ変わった。

乗用車ベースのSUVとは異なり、基本構造には旧型と同様にラダーフレームを採用。サスペンションは、フロントが独立懸架のダブルウイッシュボーン、リアは新設計のリジッドアクスルとした。ステアリングは、従来のボール循環式から電動アシストのラック&ピニオン式に変更することで、ドライビングフィールを向上させるとともに、運転支援システムへの対応を図った。走破性を示す数値は、登坂能力が最大100%(45度)、前後アクスル間最低地上高が241mm、デパーチャーアングルが30度、アプローチアングルが31度、ランプブレークオーバーアングルが26度など、従来と同等、またはそれを上回る性能を手に入れている。

ボディーサイズは、全長が53mm増の4817mm、全幅は64mm増の1931mmと拡大しているが、フェンダー、ボンネット、ドアをアルミニウム製とし、また、高張力/超高張力鋼板を用いることなどで約170kgの軽量化を実現。それでいながら、フレーム/ボディーシェルのねじり剛性は約55%向上しているという。

インテリアは、従来型と同様センターパネルに3つのデフロックスイッチを配するなどして、本格的オフローダーであることをアピールする一方、12.3インチのワイド液晶2枚を用いたインストゥルメントパネルなど、メルセデスの最新モデルらしいデザインも採り入れている。

パワートレインは、M176型4リッターV8直噴ツインターボ(最高出力422ps/最大トルク610Nm)を「G550」に搭載。一方、トップパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG G63」には、最高出力585ps、最大トルク850Nmを発生するするM177型4リッターV8直噴ツインターボを採用している。トランスミッションは全車で9段ATとなる。

最新の運転支援システムを採用するのも新型Gクラスの特徴のひとつで、衝突回避をサポートする「アクティブブレーキアシスト」をはじめ、渋滞追従機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や、死角をモニターする「ブラインドスポットアシスト」などからなる「レーダーセーフティーパッケージ」を全車に標準装備。また、夜間に周囲の車両のドライバーを幻惑することなくハイビームを使用できる「マルチビームLEDヘッドライト」などにより、快適なドライブをサポートする。テレマティクスサービスの「Mercedes me connect」も標準で提供される。

新型Gクラスのラインナップは次のとおり。なお、当面の間、従来型も継続して販売される。

  • G550:1562万円
  • メルセデスAMG G63:2035万円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る