フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入

2018.06.08 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンup! GTI」
「フォルクスワーゲンup! GTI」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年6月8日、スポーツモデルの「up! GTI」を発表し、同日、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大

トランスミッションは3ペダルの6段MTのみ

1976年に初代「ゴルフGTI」が発売されて以来、フォルクスワーゲンにおけるスポーツモデルの代名詞として人気を集めてきたのがGTIシリーズだ。ここしばらく、日本ではゴルフGTIのみの販売だったが、待望のup! GTIと「ポロGTI」がラインナップに加わることになった。

up! GTIは、フォルクスワーゲンのスモールカー「up!」の最上級グレードである。最高出力75psの1リッター直列3気筒エンジンに代えて、1リッター直列3気筒直噴ターボを採用。最高出力116ps/5000-5500rpm、最大トルク200Nm/2000-3500rpmの実力を持ち、トランスミッションには6段MTが組み合わされる。

ボディータイプは3ドアハッチバックのみで、ラジエーターグリルに配されるレッドのストライプに加え、フロントバンパー中央部の黒いバー、専用デザインの17インチアルミホイール、ブラックにペイントされた大型のルーフスポイラーなどにより、標準モデルとの差別化が図られている。

一方インテリアでは、黒地に白と赤のストライプを配したタータンチェック柄のシートに加え、赤のステッチを施したステアリングホイールやGTI専用シフトレバーなどが、このクルマがGTIであることを主張。ダッシュボードのパネルはレッドのみの設定となる。ボディーカラーは「ピュアホワイト」「トルネードレッド」「ディープブラックパールエフェクト」の3色。価格は219万9000円で、台数600台の限定販売となる。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • トヨタC-HR“GRスポーツ”【試乗記】 2019.12.2 試乗記 トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」に、スポーツコンバージョンモデル“GRスポーツ”が追加された。パワートレインには手をつけないライトなチューニングが特徴のGRスポーツだが、コースと時間がかぎられた試乗でも、標準車とのちがいがはっきりくっきりと感じ取れたのだった。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
ホームへ戻る