フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入

2018.06.08 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンup! GTI」
「フォルクスワーゲンup! GTI」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年6月8日、スポーツモデルの「up! GTI」を発表し、同日、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入の画像拡大

トランスミッションは3ペダルの6段MTのみ

1976年に初代「ゴルフGTI」が発売されて以来、フォルクスワーゲンにおけるスポーツモデルの代名詞として人気を集めてきたのがGTIシリーズだ。ここしばらく、日本ではゴルフGTIのみの販売だったが、待望のup! GTIと「ポロGTI」がラインナップに加わることになった。

up! GTIは、フォルクスワーゲンのスモールカー「up!」の最上級グレードである。最高出力75psの1リッター直列3気筒エンジンに代えて、1リッター直列3気筒直噴ターボを採用。最高出力116ps/5000-5500rpm、最大トルク200Nm/2000-3500rpmの実力を持ち、トランスミッションには6段MTが組み合わされる。

ボディータイプは3ドアハッチバックのみで、ラジエーターグリルに配されるレッドのストライプに加え、フロントバンパー中央部の黒いバー、専用デザインの17インチアルミホイール、ブラックにペイントされた大型のルーフスポイラーなどにより、標準モデルとの差別化が図られている。

一方インテリアでは、黒地に白と赤のストライプを配したタータンチェック柄のシートに加え、赤のステッチを施したステアリングホイールやGTI専用シフトレバーなどが、このクルマがGTIであることを主張。ダッシュボードのパネルはレッドのみの設定となる。ボディーカラーは「ピュアホワイト」「トルネードレッド」「ディープブラックパールエフェクト」の3色。価格は219万9000円で、台数600台の限定販売となる。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
ホームへ戻る