クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

今年はマツダのSUVがワン・ツー
JNCAPに見る“安全なジドーシャ”の今

2018.06.11 デイリーコラム

今年の主役はすっかりマツダ

「今年はマツダ祭だね」
これが、平成29年度の自動車アセスメント(JNCAP)の発表会を取材した感想だ。

2018年5月31日、東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、「平成29年度自動車アセスメント 結果発表会」が開催された。自動車アセスメントは「NCAP」とも呼ばれるもので、自動車メーカーとは関係性のない第三者(日本の場合は独立行政法人自動車事故対策機構、通称NASVA)が、販売されているクルマの安全性能を評価するというもの。各メーカーのクルマを横並びで比較できる制度で、日本だけでなく欧州や北米、アジアなど世界各国で実施されている。日本のものは「日本(JAPAN)で実施されるNCAP」ということで、「JNCAP」の呼称が使われる。

今回の発表会におけるメインイベントは、「衝突安全性能評価」(衝突時の乗員や歩行者の安全性を評価)の結果発表と表彰だ。表彰されるのは、最高評価の5つ星を獲得したクルマなのだが、今年はなんと、15台の評価対象車のうち、実に9台がこの5つ星に輝いた。

ところで、表彰式では総合点数の低い方から高い方へという順で表彰が行われるのだが、今回はそこで面白いことが起きた。9台の“5つ星”のうち、2番目に点数が良かったのは「マツダCX-5」だった。表彰を受けたのは開発担当主査の松岡英樹氏だ。あいさつを終えて舞台を降りると、次のクルマ(つまり今年の1位)として「マツダCX-8」の名が発表される。総合評価の獲得点数は208満点中の193.9点、今年唯一の190点台である。そして壇上に現れた開発担当は、またも松岡氏だった。さらに表彰の後の受賞者プレゼンテーションにも松岡氏は登場。式の後半は、ずっと「マツダの松岡氏が出ずっぱり」というイベントとなったのだ。

また、20車種を対象に行われた「予防安全性能評価」(自動ブレーキのような事故を未然に防ぐ技術を評価)でも、上位3台は「マツダCX-8」(79.0点)、「日産ノート」(79.0点)、「マツダCX-5」(78.5点)と、こちらもマツダの2モデルがランクイン。これも「マツダ祭」の印象をさらに強める一因となった。

平成29年度自動車アセスメントにて、衝突安全、予防安全の双方で高い評価を得た「マツダCX-8」(手前)と「CX-5」(奥)。
平成29年度自動車アセスメントにて、衝突安全、予防安全の双方で高い評価を得た「マツダCX-8」(手前)と「CX-5」(奥)。拡大
「CX-8」「CX-5」両方の開発担当を務めたマツダの松岡英樹氏。受賞者プレゼンテーションにも登場したため、会の終盤はほとんど“出ずっぱり”の状態だった。
「CX-8」「CX-5」両方の開発担当を務めたマツダの松岡英樹氏。受賞者プレゼンテーションにも登場したため、会の終盤はほとんど“出ずっぱり”の状態だった。拡大

一朝一夕では結果は出せない

マツダの安全性能向上の努力は、今に始まったものではない。想像すれば分かるとおり、「衝突安全性能評価」はボディーそのものの性能がカギだ。もとの資質が良くなければ、いくら後から工夫しても、トップクラスの性能を実現することは難しい。CX-8やCX-5は新型モデルではあるが、シャシーが新世代というわけではない。マツダのなかではいわゆる“第6世代”と呼ばれるもので、すでに世代としては末期のもの。すなわち、もともとマツダはポテンシャルの高いプラットフォームを持っていたのだ(実際、同じシャシーの初代CX-5もJNCAPで5つ星を獲得している)。

先日の「ロードスター」のマイナーチェンジでは、同車にも自動緊急ブレーキが標準装備された。「トヨタ86」「スバルBRZ」に装備されていないことからも分かるとおり、販売台数が少なく、形状の特殊なスポーツカーに自動緊急ブレーキを装着するのは難しい。このことからも、マツダは安全に対して意識の高いメーカーといえるだろう。

また、今回のマツダの躍進は、スバルという“強敵”の不在も理由のひとつとして挙げられる。昨年は「スバル・インプレッサ/XV」が総合評価199.7点を獲得。過去最高の評価を得たクルマに贈られる「JNCAP大賞」を受賞するなど、前回は「マツダ祭」ではなく「スバル祭」だったのだ。本年度もスバルという強敵に新型車があれば、結果はまた違ったものになったのかもしれない。

ちなみに、2014年に始まったばかりの「予防安全性能評価」については、本年度に試験を受けた20台のうち、2台が満点を獲得。あまりに早すぎる“満点車”の登場に、早速試験内容見直しが行われることに。来年以降は評価対象に「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が追加されるという。この変更も含め、今後の試験内容は、予防安全装置の進化にフレキシブルに対応することになるとのことだった。

オフセット衝突の試験に用いられた「マツダCX-8」。
オフセット衝突の試験に用いられた「マツダCX-8」。拡大
衝突安全性能評価の内容が現在のものになってから、これまでで最高の評価を得ているのが「スバル・インプレッサ/XV」。前回(平成28年度)の自動車アセスメントで獲得した199.7点という総合評価は、今回ナンバーワンだった「マツダCX-8」をも上回るものだ。
衝突安全性能評価の内容が現在のものになってから、これまでで最高の評価を得ているのが「スバル・インプレッサ/XV」。前回(平成28年度)の自動車アセスメントで獲得した199.7点という総合評価は、今回ナンバーワンだった「マツダCX-8」をも上回るものだ。拡大

平成29年度自動車アセスメントの結果

最後に、今回のJNCAPにおける対象車種の成績を記しておこう。今クルマを探している人は、ぜひ参考にしてほしい。

【衝突安全性能評価】

  • マツダCX-8……193.9点
  • マツダCX-5……187.3点
  • トヨタC-HR……185.8点
  • ホンダN-BOX/ホンダN-BOXカスタム……184.1点
  • トヨタJPN TAXI……182.9点
  • ホンダ・ステップワゴン……180.9点
  • ホンダ・シビック……180.8点
  • トヨタ・ルーミー/トヨタ・タンク/ダイハツ・トール/スバル・ジャスティ(サイドカーテンエアバッグ付き)……180.3点
  • 日産リーフ……179.4点
  • スズキ・スイフト……178.3点
  • トヨタ・ルーミー/トヨタ・タンク/ダイハツ・トール/スバル・ジャスティ……169.6点
  • ダイハツ・ミライース/スバル・プレオ プラス/トヨタ・ピクシス エポック……165.7点
  • スズキ・ワゴンR/スズキ・ワゴンRスティングレー/マツダ・フレア……163.0点
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス……160.5点
  • スズキ・スペーシア/スズキ・スペーシアカスタム/マツダ・フレアワゴン/マツダ・フレアワゴン カスタムスタイル……157.6点

【予防安全性能評価】

  • 日産ノート……79.0点
  • マツダCX-8……79.0点
  • マツダCX-5……78.5点
  • ホンダ・シビック……78.4点
  • ホンダN-BOX/ホンダN-BOXカスタム……76.6点
  • スバル・レヴォーグ……76.5
  • トヨタ・ハリアー……75.9点
  • トヨタC-HR……74.4点
  • ホンダ・フィット……65.5点
  • ホンダ・ステップワゴン……64.6点
  • スズキ・スイフト……63.2点
  • 三菱アウトランダーPHEV/三菱アウトランダー……63.2点
  • スズキ・クロスビー……60.9点
  • ホンダ・ヴェゼル……60.8点
  • スズキ・ワゴンR/スズキ・ワゴンRスティングレー/マツダ・フレア……58.9点
  • ダイハツ・ミライース/スバル・プレオ プラス/トヨタ・ピクシス エポック……57.2点
  • ダイハツ・ムーヴ/ダイハツ・ムーヴ カスタム/スバル・ステラ/スバル・ステラ カスタム……57.2点
  • スズキ・スペーシア/スズキ・スペーシアカスタム/マツダ・フレアワゴン/マツダ・フレアワゴン カスタムスタイル……56.7点
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス……56.6点
  • トヨタ・ルーミー/トヨタ・タンク/ダイハツ・トール/スバル・ジャスティ……30.6点

(文と写真=鈴木ケンイチ/編集=堀田剛資)
 

軽自動車では「ホンダN-BOX」が衝突安全、予防安全ともに高評価を獲得している。
軽自動車では「ホンダN-BOX」が衝突安全、予防安全ともに高評価を獲得している。拡大
クルマのほかにも、JNCAPではチャイルドシートの安全性能評価も行っており、平成29年度ではアップリカの「フラディアグロウISOFIX 乳児用」が前面衝突試験で「優」、使用性能評価試験(25点満点)で最高の「23点」を獲得した。
クルマのほかにも、JNCAPではチャイルドシートの安全性能評価も行っており、平成29年度ではアップリカの「フラディアグロウISOFIX 乳児用」が前面衝突試験で「優」、使用性能評価試験(25点満点)で最高の「23点」を獲得した。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。