今年はマツダのSUVがワン・ツー
JNCAPに見る“安全なジドーシャ”の今

2018.06.11 デイリーコラム

今年の主役はすっかりマツダ

「今年はマツダ祭だね」
これが、平成29年度の自動車アセスメント(JNCAP)の発表会を取材した感想だ。

2018年5月31日、東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、「平成29年度自動車アセスメント 結果発表会」が開催された。自動車アセスメントは「NCAP」とも呼ばれるもので、自動車メーカーとは関係性のない第三者(日本の場合は独立行政法人自動車事故対策機構、通称NASVA)が、販売されているクルマの安全性能を評価するというもの。各メーカーのクルマを横並びで比較できる制度で、日本だけでなく欧州や北米、アジアなど世界各国で実施されている。日本のものは「日本(JAPAN)で実施されるNCAP」ということで、「JNCAP」の呼称が使われる。

今回の発表会におけるメインイベントは、「衝突安全性能評価」(衝突時の乗員や歩行者の安全性を評価)の結果発表と表彰だ。表彰されるのは、最高評価の5つ星を獲得したクルマなのだが、今年はなんと、15台の評価対象車のうち、実に9台がこの5つ星に輝いた。

ところで、表彰式では総合点数の低い方から高い方へという順で表彰が行われるのだが、今回はそこで面白いことが起きた。9台の“5つ星”のうち、2番目に点数が良かったのは「マツダCX-5」だった。表彰を受けたのは開発担当主査の松岡英樹氏だ。あいさつを終えて舞台を降りると、次のクルマ(つまり今年の1位)として「マツダCX-8」の名が発表される。総合評価の獲得点数は208満点中の193.9点、今年唯一の190点台である。そして壇上に現れた開発担当は、またも松岡氏だった。さらに表彰の後の受賞者プレゼンテーションにも松岡氏は登場。式の後半は、ずっと「マツダの松岡氏が出ずっぱり」というイベントとなったのだ。

また、20車種を対象に行われた「予防安全性能評価」(自動ブレーキのような事故を未然に防ぐ技術を評価)でも、上位3台は「マツダCX-8」(79.0点)、「日産ノート」(79.0点)、「マツダCX-5」(78.5点)と、こちらもマツダの2モデルがランクイン。これも「マツダ祭」の印象をさらに強める一因となった。

平成29年度自動車アセスメントにて、衝突安全、予防安全の双方で高い評価を得た「マツダCX-8」(手前)と「CX-5」(奥)。
平成29年度自動車アセスメントにて、衝突安全、予防安全の双方で高い評価を得た「マツダCX-8」(手前)と「CX-5」(奥)。拡大
「CX-8」「CX-5」両方の開発担当を務めたマツダの松岡英樹氏。受賞者プレゼンテーションにも登場したため、会の終盤はほとんど“出ずっぱり”の状態だった。
「CX-8」「CX-5」両方の開発担当を務めたマツダの松岡英樹氏。受賞者プレゼンテーションにも登場したため、会の終盤はほとんど“出ずっぱり”の状態だった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事