クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

その名はカローラ スポーツ!
新型ハッチバックでトヨタは何を狙うのか?

2018.07.02 デイリーコラム

いまこそカローラをひとつに

「カローラハッチバック」(仮称)あらため正式名称「カローラ スポーツ」は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などとガチンコ競合する国際派Cセグメントだから、当然のごとく、3ナンバーサイズである。ただ、そういうことになると、これは必然的に歴史的な大事件である。

なぜなら、日本で3ナンバー車がカローラを名乗るのはこれが史上初だから……と書きかけたら、2年半ほど前まで販売されていた「カローラルミオン」が3ナンバーだったことに気がついた。ただ、ルミオンは1世代かぎりで終わった変わりダネ商品なので、“伝統的な車体形式のカローラとしては”という条件をつければ、やはり今回のカローラ スポーツが日本初の3ナンバーカローラ……と、こじつけることは可能である。

カローラ スポーツを手がけた開発陣によると、今回は“カローラ統一”が開発の大テーマだったという。つまり、今後出てくるはずの新型セダンとワゴン(今でいう「アクシオ」と「フィールダー」)もスポーツと同じく「GA-Cプラットフォーム」を土台とした3ナンバー車に脱皮するのが確定っぽい。GA-Cとは「プリウス」や「C-HR」も使うアレである。

カローラは今なお世界ベストセラー乗用車の一角(2017年実績も1位)だが、その背景には徹底した“地域最適化”もあった。というのも、従来のカローラでは海外だと北米/アジア系と欧州系の2種類のプラットフォームを使っていた。それに加えて、そのどちらとも異なるコンパクトカー用プラットフォームを使った5ナンバーサイズのカローラが日本専用車として存在した。

新型カローラ スポーツを含む新世代カローラ最大のキモは、このように世界でとっ散らかって(技術資源も分散して)しまったカローラを、世界で再統一することなのだ。

ちなみに、今回のカローラ スポーツの登場にともなって、国内では「オーリス」が姿を消すことになる。それが世間で「カローラ スポーツはオーリスの事実上の後継車」といわれる理由だが、なんのことはない、こうして名前が変わるのも日本だけだ。欧州では新型もオーリスのままだというし、それ以外の地域では以前からこれがカローラのハッチバックだ。

2018年6月26日に国内販売がスタートした「トヨタ・カローラ スポーツ」。
2018年6月26日に国内販売がスタートした「トヨタ・カローラ スポーツ」。拡大
トヨタ カローラ スポーツ の中古車

このままいけば消滅する!?

話を今一度整理すると、もろもろの歴史的都合で混在していた海外向けプラットフォームを統一したうえで、ここ2世代に用意されてきた日本専用モデルを廃止して、すべてを基本的に統一する……というのが新世代カローラの基本戦略である。

そういう決断ができた理由を、新型カローラのチーフエンジニアである小西良樹氏は「デザインや車体サイズのニーズが世界的に似通ってきた」のと「日本で再び若者にカローラに乗ってもらいたい」から……と説明した。

前者の理由は多くの人が肌感覚で感じていることだろうが、後者のそれは切実だ。聞けば、日本のカローラ乗りの平均年齢はセダンのアクシオで70代(!)、比較的若いとされるフィールダーでも60代(!!)に達しているのだという。このままではカローラはオーナーとともに年を取って、遠からず自然消滅するのは必至である。

だが、カローラが高齢化に悩んでいるのも、じつは日本だけらしい。カローラの大票田は北米と中国だが、北米や中国の南部ではユーザーの主力は大学生や20代の若者で、年齢層が比較的高めという中国北部でも30~40代。また、欧州では北米や中国より層が幅広いというが、競合する欧州Cセグメント各車と比較して高齢というわけでもない。というか、欧州でのオーリス=カローラは王者フォルクスワーゲン・ゴルフに対して、ハイブリッドなど独自性を武器に追いあげる若い新興勢力である。

こうして世界のカローラをあらためて見渡すと、新しい統一カローラもまた、北米、中国、欧州などの海外市場では、TNGAで効率的に真正面から“いいクルマ”にするのが主眼といっていい。まさに正常進化だ。

ただ、そういう世界の正常進化に歩調を合わせただけで、軽自動車とミニバンと5ナンバーとハイブリッドが牛耳るニッポンでは、こうして歴史的な事件になってしまう……。軽自動車もミニバンも日本が誇るべき技術の粋ではあるけれど、旧世代の中年クルマ好きの私なんぞは、新型カローラ スポーツがニュースになってしまう今の国内クルマ市場に、モヤッと複雑な気持ちになってしまうのも事実だ。

(文=佐野弘宗/写真=田村 弥、webCG/編集=関 顕也)
 

「カローラ スポーツ」のチーフエンジニアを務めた小西良樹氏。このニューモデルで、カローラシリーズの若返りを目指すという。
「カローラ スポーツ」のチーフエンジニアを務めた小西良樹氏。このニューモデルで、カローラシリーズの若返りを目指すという。拡大
 
その名はカローラ スポーツ!新型ハッチバックでトヨタは何を狙うのか?の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ カローラ スポーツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。