その名はカローラ スポーツ!
新型ハッチバックでトヨタは何を狙うのか?

2018.07.02 デイリーコラム

いまこそカローラをひとつに

「カローラハッチバック」(仮称)あらため正式名称「カローラ スポーツ」は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などとガチンコ競合する国際派Cセグメントだから、当然のごとく、3ナンバーサイズである。ただ、そういうことになると、これは必然的に歴史的な大事件である。

なぜなら、日本で3ナンバー車がカローラを名乗るのはこれが史上初だから……と書きかけたら、2年半ほど前まで販売されていた「カローラルミオン」が3ナンバーだったことに気がついた。ただ、ルミオンは1世代かぎりで終わった変わりダネ商品なので、“伝統的な車体形式のカローラとしては”という条件をつければ、やはり今回のカローラ スポーツが日本初の3ナンバーカローラ……と、こじつけることは可能である。

カローラ スポーツを手がけた開発陣によると、今回は“カローラ統一”が開発の大テーマだったという。つまり、今後出てくるはずの新型セダンとワゴン(今でいう「アクシオ」と「フィールダー」)もスポーツと同じく「GA-Cプラットフォーム」を土台とした3ナンバー車に脱皮するのが確定っぽい。GA-Cとは「プリウス」や「C-HR」も使うアレである。

カローラは今なお世界ベストセラー乗用車の一角(2017年実績も1位)だが、その背景には徹底した“地域最適化”もあった。というのも、従来のカローラでは海外だと北米/アジア系と欧州系の2種類のプラットフォームを使っていた。それに加えて、そのどちらとも異なるコンパクトカー用プラットフォームを使った5ナンバーサイズのカローラが日本専用車として存在した。

新型カローラ スポーツを含む新世代カローラ最大のキモは、このように世界でとっ散らかって(技術資源も分散して)しまったカローラを、世界で再統一することなのだ。

ちなみに、今回のカローラ スポーツの登場にともなって、国内では「オーリス」が姿を消すことになる。それが世間で「カローラ スポーツはオーリスの事実上の後継車」といわれる理由だが、なんのことはない、こうして名前が変わるのも日本だけだ。欧州では新型もオーリスのままだというし、それ以外の地域では以前からこれがカローラのハッチバックだ。

2018年6月26日に国内販売がスタートした「トヨタ・カローラ スポーツ」。
2018年6月26日に国内販売がスタートした「トヨタ・カローラ スポーツ」。拡大
トヨタ カローラ スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
ホームへ戻る