フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入

2018.07.14 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」拡大

FCAジャパンは2018年7月14日、コンパクトカー「フィアット・パンダ」に4WDの特別仕様車「4×4 Foresta(フォレスタ)」を設定し、販売を開始した。

 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大

フィアット・パンダ4×4は、パンダをベースに専用の足まわりとフルタイム4WDシステム、6段MTを採用したスモールSUVであり、これまでにもたびたび、台数限定で導入されてきた。

今回のフォレスタ(イタリア語で森の意味)は専用に仕立てられた内外装を特徴とする特別仕様車で、スキッドプレートの装着された専用の前後バンパーや、15インチアルミホイールおよび175/65R15タイヤといったパンダ4×4ならではの装備に加え、「シネマブラック」と「トスカーナグリーン」の2色のボディーカラー、グリーン基調のインストゥルメントパネル、ダークグレーとグレーのコンビシートなどが採用されている。

販売台数は各色50台の計100台限定で、価格は251万6400円。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る