フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入

2018.07.14 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」拡大

FCAジャパンは2018年7月14日、コンパクトカー「フィアット・パンダ」に4WDの特別仕様車「4×4 Foresta(フォレスタ)」を設定し、販売を開始した。

 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大

フィアット・パンダ4×4は、パンダをベースに専用の足まわりとフルタイム4WDシステム、6段MTを採用したスモールSUVであり、これまでにもたびたび、台数限定で導入されてきた。

今回のフォレスタ(イタリア語で森の意味)は専用に仕立てられた内外装を特徴とする特別仕様車で、スキッドプレートの装着された専用の前後バンパーや、15インチアルミホイールおよび175/65R15タイヤといったパンダ4×4ならではの装備に加え、「シネマブラック」と「トスカーナグリーン」の2色のボディーカラー、グリーン基調のインストゥルメントパネル、ダークグレーとグレーのコンビシートなどが採用されている。

販売台数は各色50台の計100台限定で、価格は251万6400円。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像 2020.9.23 デイリーコラム 世界中で愛される“ヌオーバ・チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」。このクルマを電動化した「フィアット500クラシケev」には、どんな提案が込められているのか? 「日々に彩りを添える、日常を楽しむクラシック」という、新しいクラシックカー像に迫る。
  • 「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車 2020.8.27 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月25日、「アバルト595/595C」に特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」を設定し、同年9月19日に計305台限定で発売すると発表した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
ホームへ戻る