フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入

2018.07.14 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」
「フィアット・パンダ4×4フォレスタ」拡大

FCAジャパンは2018年7月14日、コンパクトカー「フィアット・パンダ」に4WDの特別仕様車「4×4 Foresta(フォレスタ)」を設定し、販売を開始した。

 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大
 
フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入の画像拡大

フィアット・パンダ4×4は、パンダをベースに専用の足まわりとフルタイム4WDシステム、6段MTを採用したスモールSUVであり、これまでにもたびたび、台数限定で導入されてきた。

今回のフォレスタ(イタリア語で森の意味)は専用に仕立てられた内外装を特徴とする特別仕様車で、スキッドプレートの装着された専用の前後バンパーや、15インチアルミホイールおよび175/65R15タイヤといったパンダ4×4ならではの装備に加え、「シネマブラック」と「トスカーナグリーン」の2色のボディーカラー、グリーン基調のインストゥルメントパネル、ダークグレーとグレーのコンビシートなどが採用されている。

販売台数は各色50台の計100台限定で、価格は251万6400円。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る