ボルボが「V90/V90クロスカントリー」のディーゼルモデルを発売

2018.07.11 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月11日、「V90」および「V90クロスカントリー」のラインナップと仕様を一部変更し、販売を開始した。

今回、V90とV90クロスカントリーそれぞれに、2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン「D4」(最高出力190ps/最大トルク400Nm)搭載モデルを追加設定した。

装備面での変更も行っており、V90の上級グレード「インスクリプション」と、V90クロスカントリーの上級グレード「サマム」に、「テイラードダッシュボード&インナードアパネルトップ」と「harman/kardonプレミアムサウンドオーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)を標準装備としている。

なお、今回の仕様変更にあわせて、V90およびV90クロスカントリーの全車に新価格を設定した。

ラインナップと新価格は以下の通り(カッコ内は旧価格)。

【V90】

  • T5モメンタム:679万円(669万円)
  • D4モメンタム:709万円(新規設定)
  • D4インスクリプション:794万円(新規設定)
  • T6 AWDインスクリプション:844万円(809万円)
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:964万円(929万円)

【V90クロスカントリー】

  • T5 AWDモメンタム:709万円(699万円)
  • D4 AWDモメンタム:739万円(新規設定)
  • T5 AWDサマム:794万円(759万円)
  • D4 AWDサマム:824万円(新規設定)
  • T6 AWDサマム:864万円(829万円)

(webCG)

 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」のディーゼルモデルを発売の画像拡大

関連キーワード:
V90, V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る