ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)

2018.08.02 谷口信輝の新車試乗 ピュアスポーツカー「Fタイプ」と共通のディテールが与えられた、ジャガーのSUV「Eペース」。そのルックスや居住性に対して谷口信輝はどんな印象をいだいたのか、率直な感想をお伝えする。

ひと工夫で美人になれる

走りの質をチェックした前編は、やや厳しい内容となった谷口信輝の「ジャガーEペース」評。後編では、そのデザインやスペースユーティリティーなどについて話を聞こう。

「うーん、ちょっと殺風景じゃないですか」

ダッシュボード周辺を眺めながら、谷口はそう語った。「どこか間が抜けているというか、なにかが足りないというか。なんか、最近デビューしたクルマとは思えないですね」

いやいや、Eペースはジャガーの新作、2018年になってから国内デビューを果たしたばかりのニューモデルである。とはいえ、谷口が言いたいこともわからなくはない。特に助手席正面のグローブボックス周りには何かしらのアクセントがあってもいいだろう。

これもまた私の経験談ながら、以前試乗した赤と黒の2トーンインテリアは色合いのコントラストも明快で実にスタイリッシュに思えた。また、試乗車の「R-DYNAMIC SE」よりもうひとつ上の「R-DYNAMIC HSE」というグレードであればシートに用いられているレザーの手触りもソフトで質感は高い。いずれにせよ、最近ジャガーはエクステリアやインテリアのカラー、素材、装備などを自分好みにチョイスできるカスタマイズ(パーソナライゼーション)にも力を入れているので、この辺の印象はオーダー次第で大きく変化する可能性があることを付け加えておきたい。

続いてエクステリアデザインについて語ってもらった。
「うーんと、もうちょっと格好よくしたいかな」

 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大

ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円


	ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円
	拡大

関連キーワード:
Eペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 「ランクル」になれなかった本格オフローダー
    「三菱パジェロ」の日本市場撤退に思うこと
    2019.5.8 デイリーコラム 三菱自動車が国内販売向け「パジェロ」の生産を2019年8月に終了することを発表した。とどまるところを知らないSUVブームの真っただ中に、“本物”が去り行くのはなぜなのだろうか。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る