圧倒的な地位を築いた孤高の商用車
「トヨタ・ハイエース」が愛される理由

2018.08.15 デイリーコラム

「ハリアー」よりも売れている

2018年8月6日に発売された「トヨタ・ハイエース」の特別仕様車には、「ハイエース50周年記念特別仕様車」というフレーズが付けられていた。初代ハイエースの発売は1967年。2017年には50周年を記念して、歴代モデルの展示なども行われた。

初代ハイエースの発売時点でも、「日産キャブライト」(1958年発売)や「マツダ・ボンゴ」(1966年発売)といった、比較的コンパクトな商用車が用意されていた。トヨタも「トヨエース(トヨペット・ライトトラック)」を1954年に投入したが、増え続ける小型商用車の需要に応え、さらに価格の安いハイエースを加えた。

ちなみに初代ハイエースはバンとトラックの2タイプを用意して、エンジンは直列4気筒1.3リッター(1345cc)を搭載した。これを受けてトヨエースは、エンジンを1.5リッターに拡大している。

ハイエースは初代モデルから好調に売れ続けており、2017年(暦年)には現行型である5代目が6万1200台登録された。ボディータイプの内訳は、バンが4万8800台、10人乗りのワゴンが9600台、14人乗りのコミューターが2800台だ。

ハイエースの売れ行きは1カ月平均では5100台だから、トヨタ車なら「ハリアー」(月販平均4894台)と「カローラアクシオ/フィールダー」(同6456台)の中間くらいに相当する。

そして小型/普通商用車の中では、ハイエースのシェアが圧倒的だ。例えばライバル車の「日産NV350キャラバン」も最近は登録台数を伸ばしているが、それでも2017年は全ボディータイプを合計して2万5912台(1カ月平均では2159台)。ハイエースの約42%にとどまる。

1967年に発売された初代「トヨタ・ハイエース」。開発コンセプトは「日本初の新分野のキャブオーバーバン」。
1967年に発売された初代「トヨタ・ハイエース」。開発コンセプトは「日本初の新分野のキャブオーバーバン」。拡大
2018年8月6日に発売された「ハイエース」の50周年記念特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」
2018年8月6日に発売された「ハイエース」の50周年記念特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.9.13 試乗記 2018年から始まった、日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルモデル拡大戦略。いよいよ本命ともいうべき「ゴルフ」が上陸した。すでにモデル末期ともうわさされている現行型ゴルフ。手を出すべきか、それとも待つべきか……!?
ホームへ戻る