圧倒的な地位を築いた孤高の商用車
「トヨタ・ハイエース」が愛される理由

2018.08.15 デイリーコラム

「ハリアー」よりも売れている

2018年8月6日に発売された「トヨタ・ハイエース」の特別仕様車には、「ハイエース50周年記念特別仕様車」というフレーズが付けられていた。初代ハイエースの発売は1967年。2017年には50周年を記念して、歴代モデルの展示なども行われた。

初代ハイエースの発売時点でも、「日産キャブライト」(1958年発売)や「マツダ・ボンゴ」(1966年発売)といった、比較的コンパクトな商用車が用意されていた。トヨタも「トヨエース(トヨペット・ライトトラック)」を1954年に投入したが、増え続ける小型商用車の需要に応え、さらに価格の安いハイエースを加えた。

ちなみに初代ハイエースはバンとトラックの2タイプを用意して、エンジンは直列4気筒1.3リッター(1345cc)を搭載した。これを受けてトヨエースは、エンジンを1.5リッターに拡大している。

ハイエースは初代モデルから好調に売れ続けており、2017年(暦年)には現行型である5代目が6万1200台登録された。ボディータイプの内訳は、バンが4万8800台、10人乗りのワゴンが9600台、14人乗りのコミューターが2800台だ。

ハイエースの売れ行きは1カ月平均では5100台だから、トヨタ車なら「ハリアー」(月販平均4894台)と「カローラアクシオ/フィールダー」(同6456台)の中間くらいに相当する。

そして小型/普通商用車の中では、ハイエースのシェアが圧倒的だ。例えばライバル車の「日産NV350キャラバン」も最近は登録台数を伸ばしているが、それでも2017年は全ボディータイプを合計して2万5912台(1カ月平均では2159台)。ハイエースの約42%にとどまる。

1967年に発売された初代「トヨタ・ハイエース」。開発コンセプトは「日本初の新分野のキャブオーバーバン」。
1967年に発売された初代「トヨタ・ハイエース」。開発コンセプトは「日本初の新分野のキャブオーバーバン」。拡大
2018年8月6日に発売された「ハイエース」の50周年記念特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」
2018年8月6日に発売された「ハイエース」の50周年記念特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.2 試乗記 ホンダの純正アクセサリーメーカー、ホンダアクセスが手がけるコンプリートカー「Modulo X(モデューロX)」シリーズに、第6弾モデル「ヴェゼル モデューロX」が登場。シリーズ初となるSUVは、いささか得手不得手のはっきりしたクルマとなっていた。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
  • メルセデス・マイバッハS600(FR/7AT)【試乗記】 2015.5.27 試乗記 全長約5.5mの堂々たる巨躯(きょく)を誇る「メルセデス・マイバッハS600」に試乗。メルセデス・ベンツが持つテクノロジーとクラフトマンシップの粋を集めたラグジュアリーサルーンは、われわれにどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る