アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(後編)

2018.08.30 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に試乗。後編では、その走りを特徴づけるポイントや、SUVとして重要なユーティリティー性についての印象を報告する。

走りへのこだわりが伝わる

「コーナーの入り口で思った以上にイン側に切れ込んでいってしまう」とアルファ・ロメオ・ステルヴィオを評した谷口信輝。それならいっそ攻めた走りをしたほうがクルマとの波長が合うということまで前半では語ってくれた。

「とにかく、走りにこだわったクルマなんですよ、きっと」
どうやら、走り屋目線で評価すればステルヴィオにも魅力はあるということらしい。

「例えばギアボックス。マニュアルモードを選んでもエンジン回転数がレブリミットに当たるとシフトアップしちゃうクルマが最近は多いですよね。でも、ステルヴィオはレブリミッターを効かせたままで、シフトアップしない。これはいいですよね」

谷口はステルヴィオのギアボックスがいたく気に入ったらしい。
「ギア比そのものもいいし、シフトカット(シフトアップの際に瞬間的に点火系をオフにし、エンジン出力を抑えてギアチェンジを容易にするテクノロジー。素早いシフトを追求するレース界では広く普及している)が入ったような感じで素早くスムーズにシフトアップするのも気持ちいいですよね」

「あと、シフトダウンしたときにレブリミット近くまでエンジン回転数が上がってしまう場合、日本車だと安全を見積もってシフトダウンをキャンセルしちゃうギアボックスが少なくありませんが、ステルヴィオは結構ギリギリのエンジン回転数になってもシフトダウンしますね。これも気に入りました」

なるほど、ここまで聞いてステルヴィオの走りは少しずつ見えてきた。そろそろデザインに話を移そう。

 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(後編)の画像拡大

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm/ホイールベース:2820mm/車重:1810kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 SOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:280ps(206kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2250rpm/タイヤ:(前)255/45R20 105V/(後)255/45R20 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)/ 燃費:11.8km/リッター(JC08モード)/価格:689万円


	アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm/ホイールベース:2820mm/車重:1810kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 SOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:280ps(206kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2250rpm/タイヤ:(前)255/45R20 105V/(後)255/45R20 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)/ 燃費:11.8km/リッター(JC08モード)/価格:689万円
	拡大

関連キーワード:
ステルヴィオ, アルファ・ロメオ

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る