第568回:発生原因は“不運”にあらず!
イタリア在住者として考えた「ジェノヴァ高架橋崩落事故」

2018.08.24 マッキナ あらモーダ!

いつもの橋が消えた

日本でも報道されているとおり、イタリア北部ジェノヴァで2018年8月14日、高速道路A10号線の高架橋・通称「モランディ橋」が崩落した。確認された死者は8月19日現在で43名に達した。

筆者が初めて事故を知ったのは、発生から約40~50分(時刻には諸説あり)が経過した午後0時30分過ぎだった。

いつものように衛星テレビで日本のニュースを見たあと、チャンネルをイタリアのニュースに切り替えた。すると、にわかには信じられない光景が放映されていた。イタリアに住みはじめて以来、クルマで頻繁に通っていた橋が、崩れ落ちていたのである。

イタリア中部トスカーナに住む筆者にとって、モランディ橋は北部、特にトリノ方面へ出張に行く際、毎回通過していたポイントだ。わが家から約290km。トリノからさらに北上し、ジュネーブモーターショーにクルマで赴く際や、リヴィエラ海岸をなぞってモナコやフランスのコート・ダジュールに抜けるときもたびたび利用した。

近代的なつり橋ゆえ、運転していても印象に残る橋だった。まるで日本の首都高のごとく複雑怪奇なジェノヴァ市内区間で、いきなり眺望が開けるのは印象的だった。

同時に差し掛かるたび、往路では「あとひと頑張りすれば目的地だ」、復路では「ここまで帰ってきたか。トスカーナまでもう少しだ」と、旅程における心理的なひと区切りだったものである。

モランディ橋は、1967年に開通した全長1182mの橋だった。その通称は、設計した建築家リッカルド・モランディ(1902-1989年)に由来する。2010年撮影。
モランディ橋は、1967年に開通した全長1182mの橋だった。その通称は、設計した建築家リッカルド・モランディ(1902-1989年)に由来する。2010年撮影。拡大
2018年8月15日、イタリアは国民の祝日。販売スタンドに並ぶ新聞は、前日発生した橋崩落事故を一面で伝えた。「戦争の如く」「深淵(しんえん)」といった見出しが並ぶ。
2018年8月15日、イタリアは国民の祝日。販売スタンドに並ぶ新聞は、前日発生した橋崩落事故を一面で伝えた。「戦争の如く」「深淵(しんえん)」といった見出しが並ぶ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事