「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場

2018.08.30 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ルノースポール」
「ルノー・メガーヌ ルノースポール」拡大

ルノー・ジャポンは2018年8月30日、Cセグメントハッチバック「メガーヌ」のハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」を発表し、同日販売を開始した。

 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌ」にファン待望の高性能モデル「ルノースポール」登場の画像拡大

凝りに凝った足まわりでコーナリング性能を徹底追求

メガーヌ ルノースポールとしては第3世代となる新型は、現行の4代目メガーヌをベースに仕立て上げられた定番のスポーツモデルだ。「メガーヌGT」に対してフロントを60mm、リアを45mm広げたフェンダーや、F1マシンをイメージしたエアインテークブレードを備えるフロントバンパー、3Dハニカムパターンのメッシュグリル、フロントフェーダー後方のスリット、専用デザインのルーフスポイラー、リアディフューザーと一体化されたセンターマフラーなどにより、スポーティーなスタイルに仕上げられている。

中身はさらにスポーティーで、4輪操舵の「4コントロール」や「HCC」、最高出力279psの1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンなどを採用することで、一般道からサーキットまで、幅広いシーンで高いパフォーマンスを発揮するという。

すでにメガーヌGTなどに採用される4コントロールは、速度や操舵角などにあわせて後輪をステア。低・中速では最大で2.7°まで前輪と逆位相に操舵することでコーナリング時の回頭性を向上させる一方、高速では最大1.0°まで同位相に操舵することで、安定性を高めることができる。

また、HCCはダンパー内にセカンダリーダンパー(第2のダンパー)を組み込んだもので、大きな入力がある場合に、ストロークの終端での動きを制限することができる。これにより、大入力時の接地性を確保するとともに、サスペンションのリニアな動きを助けるという。メガーヌ ルノースポールではこの機構を4本すべてのダンパーに採用している。

サスペンションは、前がマクファーソンストラット式、後ろがトーションビーム式で、フロントのストラットに専用アクスルを追加した「ダブルアクシスストラットサスペンション」を採用している。さらに、ブレーキについてはフロントにブレンボの4ポッドモノブロックキャリパーを採用。タイヤは245/35R19の「ブリヂストン・ポテンザS001」となっている。

最高出力279psの1.8リッターターボを搭載

搭載される1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンは、最高出力279ps(205kW)/6000rpm、最大トルク390Nm(39.8kgm)/2400rpmの高性能。高い冷却性能を確保するために、ルノースポール カーズとルノースポール レーシング、ルノーテクノセンターが共同で開発にあたっている。組み合わされるトランスミッションは6段デュアルクラッチギアボックス(6EDC)。大トルクエンジンに対応するために、ルノースポール カーズとゲトラグが新たに開発したもので、シフトダウン用の左側パドルを引き続けると、最適なギアまで自動でシフトダウンする「マルチシフトダウン」機能も備わっている。

このほかにも、素早い発進加速を可能にするローンチコントロールや、5つの走行モードのうち、スポーツモードとレースモードを直接呼び出せる「R.S.ドライブボタン」など、メガーヌ ルノースポールにはさまざまな機能が搭載されている。

価格は440万円。ボディーカラーには「オランジュトニックメタリック」(15万6600円高)、「ブランナクレメタリック」(2万1600円高)、「グリチタニアムメタリック」の3色が用意される。

(文=生方 聡/写真=webCG/編集=堀田剛資)
 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
ホームへ戻る