急速な電動化の流れには一歩距離を置く
マツダのパワートレインはどこへ向かう?

2018.09.05 デイリーコラム

トヨタからのハイブリッドシステム供給が終了

最近はパワートレインの種類が豊富だ。エンジンにはガソリンとクリーンディーゼル、モーターを併用するタイプにはハイブリッドと充電可能なプラグインハイブリッドがある。さらにエンジンを搭載しない純粋な電気自動車や、水素を充填して酸素と反応させ、電気を取り出して走る燃料電池車も実用化されている。

「マツダ・アクセラセダン」には、このうち、ガソリンとクリーンディーゼル、ハイブリッドの3種類がラインナップ。日本車の中では、1車種に搭載する種類が多い。

ところが次期アクセラについては、ハイブリッドを設定しないといううわさが聞かれる。アクセラのハイブリッドシステムはトヨタから供給を受けているから、両社の業務提携にも影響を与えそうだ。

このうわさは現実になる可能性が高い。理由は「アクセラハイブリッド」の売れ行きが伸びないからだ。スカイアクティブ技術と魂動(こどう)デザインで成り立つ今のマツダ車は、クリーンディーゼルの高い動力性能と低燃費が、欧州車風のクルマづくりと相まって高い人気を得た。したがってマツダ車のユーザーには「アンチ・ハイブリッド」「アンチ・トヨタ」という人が多い。そこにトヨタ製のハイブリッドを組み合わせても、性能以前の話として売れるワケがなかった。

ならばどうしてハイブリッドを導入したのか。この背景には、昨今の日本車メーカーに共通する、国内市場に対する読みの甘さがあった。2009年に先代「トヨタ・プリウス」が発売されると、4系列の全店(国内で約4900店舗)の扱いになって、売れ行きが急増した。2011年発売の「トヨタ・アクア」も堅調に売れたから、「アクセラにもハイブリッドが絶対に必要!」と判断されてしまったのだった。

販売面で低空飛行が続いている「マツダ・アクセラハイブリッド」。2017年の販売台数は、「アクセラ」シリーズ全体で約2万6000台が販売される中、わずか600台ほどにとどまった。
販売面で低空飛行が続いている「マツダ・アクセラハイブリッド」。2017年の販売台数は、「アクセラ」シリーズ全体で約2万6000台が販売される中、わずか600台ほどにとどまった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • マツダ(その2) 2019.10.25 画像・写真 2019年9月20日に発売されたクロスオーバーモデル「CX-30」や、マツダの名を冠した車名で話題の「マツダ3」、そして一部改良で2列目/3列目シートの機能性を向上させた「CX-8」など、最新ラインナップが並んだマツダブースの展示車両とブースの様子を写真でリポート。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 第591回:旅に出たくなるのがスバル
    歴代「レガシィ」でグランドツーリングを体感(前編)
    2019.10.3 エディターから一言 スバルが「より遠くまで、より快適に、より安全に」というテーマを掲げ、磨きをかけてきた「レガシィ」と「レヴォーグ」。その歴代レガシィと最新レヴォーグを東京から“日本一の星空の村”として知られる長野県阿智村まで走らせ、30年の進化と変わらぬこだわりを再確認してみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る