アストンマーティン初のEV、車名は「ラピードE」に決定

2018.09.12 自動車ニュース
「アストンマーティン・ラピードE」は、新デザインの専用ホイールを採用する。
「アストンマーティン・ラピードE」は、新デザインの専用ホイールを採用する。拡大

英アストンマーティンは2018年9月12日(現地時間)、同社初のバッテリー式電気自動車の車名が「ラピードE」になり、155台を生産すると発表した。ラピードEは2基のモーターを搭載し、最高出力610ps、最大トルク950Nmを発生。2019年の第4四半期に最初の生産車のデリバリーが行われる見込み。

「ラピードS」のエンジンやトランスミッションのあった位置に、大容量バッテリーを換装。
「ラピードS」のエンジンやトランスミッションのあった位置に、大容量バッテリーを換装。拡大

ラピードEの開発には、F1マシンのコンストラクターとして知られる英Williams Advanced Engineering(WAE=ウイリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング)が協力。軽量アルミ合金とカーボンコンポジットを用いてボディーの軽量化と冷却効率の向上に重点を置き、ベースモデルとなった「ラピードS」のボディーデザインをアンダーパネルも含めてリファインしているという。

バッテリーには5600個以上のリチウムイオン電池(18650セル)を使用し、65kWhの容量を確保。電圧は800Vとなる。これらはV12エンジンを搭載する現行ラピードのエンジンやトランスミッション、燃料タンクに相当する部分に配置され、リアの2基の電気モーターを駆動する。

航続距離は、WLTP(Worldwide Harmonized Light Vehicle Test Procedure)モードの計測で約321km(200マイル)を超え、50kW(400V)チャージャーの使用では1時間で約297km(185マイル)、100kW(800V)の高電圧バッテリーチャージャーを使用すれば、さらに短時間での充電が可能となる。

新しい空力デザインを採用したホイールには、転がり抵抗と走行ノイズを抑えた専用設計の「ピレリPゼロ」を装着。約249km/h(155mph)の最高速度と、0-97km/h(0-60mph)加速を4.0秒以下で完了するパフォーマンスが目標とされている。

生産はアストンマーティンとラゴンダ、両ブランドの“電化の本拠地”として発表された、英セント・アサンの新工場で行われる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
ラピードS, ラピード, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • 「シロン」が量産車最速の490.48km/hをマーク!
    ブガッティがスピードを追求する歴史的必然
    2019.9.18 デイリーコラム 2019年9月にブガッティのハイパースポーツ「シロン」が、量産ロードカーでは史上最速となる490.48km/hをマークした。同社がスピードへの並々ならぬこだわりを見せる理由を、創立以来の歩みから読み解く。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 期待しているけど不安もある?
    webCG随一のアメ車オタク 新型「コルベット」を語る
    2019.9.16 デイリーコラム 2019年7月の初公開以来、いまだに話題沸騰中の“C8”こと新型「シボレー・コルベット」。従来モデルからの激変ぶりに賛否両論を巻き起こしているC8だが、コルベットにとって本当に大事なこととは何なのか? webCG随一のアメ車好きが、愛と偏見と思い込みで語り倒す。
ホームへ戻る