日産の「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年を祝う年賀状が登場

2018.09.14 自動車ニュース
 
日産の「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年を祝う年賀状が登場の画像拡大

日産自動車は2018年9月14日、2019年に50周年を迎える「GT-R」と「フェアレディZ」がプリントされた「コレクション年賀状」の申し込み受け付けを、郵便局の総合印刷サービス(WEB)のホームページで開始した。

パソコンでご覧の方は、こちらの写真をクリックするとすべての写真が見られます。
パソコンでご覧の方は、こちらの写真をクリックするとすべての写真が見られます。拡大

コレクション年賀状とは、人気キャラクターなどいろいろな絵柄が楽しめる複数絵柄アソートセット年賀状で、今回のGT-RとフェアレディZは、その一環としてウェブ限定発売される。

GT-RとフェアレディZの歴代モデルの姿をそれぞれ並べてレイアウトしたものや、個別の車種ごとのものなど、絵柄は全10種類が用意されている。

申し込み受け付けは2018年12月27日の18時までで、納品開始は同年11月1日から。価格は印刷済み年賀はがき30枚(10絵柄×3枚セット)で6210円(印刷代とはがき代を合わせた金額)。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る