日産の「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年を祝う年賀状が登場

2018.09.14 自動車ニュース
 
日産の「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年を祝う年賀状が登場の画像拡大

日産自動車は2018年9月14日、2019年に50周年を迎える「GT-R」と「フェアレディZ」がプリントされた「コレクション年賀状」の申し込み受け付けを、郵便局の総合印刷サービス(WEB)のホームページで開始した。

パソコンでご覧の方は、こちらの写真をクリックするとすべての写真が見られます。
パソコンでご覧の方は、こちらの写真をクリックするとすべての写真が見られます。拡大

コレクション年賀状とは、人気キャラクターなどいろいろな絵柄が楽しめる複数絵柄アソートセット年賀状で、今回のGT-RとフェアレディZは、その一環としてウェブ限定発売される。

GT-RとフェアレディZの歴代モデルの姿をそれぞれ並べてレイアウトしたものや、個別の車種ごとのものなど、絵柄は全10種類が用意されている。

申し込み受け付けは2018年12月27日の18時までで、納品開始は同年11月1日から。価格は印刷済み年賀はがき30枚(10絵柄×3枚セット)で6210円(印刷代とはがき代を合わせた金額)。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る