ポルシェ718ケイマンGTS(後編)

2018.09.27 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、「ポルシェ718ケイマン」の高性能モデル「GTS」。独自の仕立てが施された操作系やエクステリアデザインなどの印象を報告する。

スポーツカーの作り方がわかっている

試乗を終えた直後の谷口信輝に「欲しい!」と叫ばせた「ポルシェ718ケイマンGTS」。後編ではクルマを止めた状態でその内外装をじっくりと観察してもらうことにしよう。

まずは運転席から。
「前編でもお話ししましたが、シートに腰掛けただけでテンションが上がっちゃうくらい、このクルマのインテリアは僕の好みです」

718ケイマンのキャビンのどこをそんなに気に入ったのだろうか?
「ダッシュボードに埋め込まれているこのカーボンの感じもいいし、ぎゅっと引き締まった印象のステアリングもかっこいいですよね」

718ケイマンGTSには当然のようにパドルシフトが装備されているが、手の大きな谷口は時にステアリングを握る指とパドルが干渉してドライビングの妨げになると指摘することがある。718ケイマンの場合はどうなのか?

「ステアリングとパドルの間隔は狭めですが、718のパドルはステアリングホイールと一緒に回転するタイプだから操舵の邪魔にならないし、指がこすれることもない。それにパドルがステアリングコラム側に固定されていると、大きく操舵したときに指が届かなくなるけれど、ステアリングホイールと一緒に回るこのタイプだったらその心配はありません。僕はこのデザインのほうが正しいと思いますよ」

ただし、スエード風のステアリングは使い続けると手の脂がこびりついて汚くなることから谷口が苦手にしているものだ。
「スエード風は見た目や手触りはいいんですけど、長く乗っていると、ねえ……(苦笑)。人に運転してもらうときには『手袋してよね!』と言いたくなっちゃいます」

 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大

ポルシェ718ケイマンGTS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円


	ポルシェ718ケイマンGTS
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円
	拡大

関連キーワード:
718ケイマン, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ 911 GT3(RR/6MT)【動画試乗記】 2011.8.28 試乗記 ポルシェ 911 GT3(RR/6MT)
    ……2061万7000円

    「911」シリーズきってのホットモデル「GT3」に試乗。ハードコアなファン御用達のNAポルシェが秘める魅力とは?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • 第117回:いぶし銀の中年男 2018.12.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第117回は「いぶし銀の中年男」。90年代を代表する国産スポーツ、初代「NSX」 とR32「GT-R」は、発売当時フェラーリ崇拝者の筆者にどう映ったのか? 29年越しにハンドルを握った GT-Rの印象とともに送る。
  • 第116回:思えば初代NSXは爆安だった 2018.12.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第116回は「思えば初代NSXは爆安だった」。2370万円で登場した新型「NSX」。この値付けは高い!? 安い!? 中古フェラーリとの比較を交えながら、カーマニアの支持を集めた、初代NSXに思いをはせる。
ホームへ戻る