ポルシェ718ケイマンGTS(後編)

2018.09.27 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、「ポルシェ718ケイマン」の高性能モデル「GTS」。独自の仕立てが施された操作系やエクステリアデザインなどの印象を報告する。

スポーツカーの作り方がわかっている

試乗を終えた直後の谷口信輝に「欲しい!」と叫ばせた「ポルシェ718ケイマンGTS」。後編ではクルマを止めた状態でその内外装をじっくりと観察してもらうことにしよう。

まずは運転席から。
「前編でもお話ししましたが、シートに腰掛けただけでテンションが上がっちゃうくらい、このクルマのインテリアは僕の好みです」

718ケイマンのキャビンのどこをそんなに気に入ったのだろうか?
「ダッシュボードに埋め込まれているこのカーボンの感じもいいし、ぎゅっと引き締まった印象のステアリングもかっこいいですよね」

718ケイマンGTSには当然のようにパドルシフトが装備されているが、手の大きな谷口は時にステアリングを握る指とパドルが干渉してドライビングの妨げになると指摘することがある。718ケイマンの場合はどうなのか?

「ステアリングとパドルの間隔は狭めですが、718のパドルはステアリングホイールと一緒に回転するタイプだから操舵の邪魔にならないし、指がこすれることもない。それにパドルがステアリングコラム側に固定されていると、大きく操舵したときに指が届かなくなるけれど、ステアリングホイールと一緒に回るこのタイプだったらその心配はありません。僕はこのデザインのほうが正しいと思いますよ」

ただし、スエード風のステアリングは使い続けると手の脂がこびりついて汚くなることから谷口が苦手にしているものだ。
「スエード風は見た目や手触りはいいんですけど、長く乗っていると、ねえ……(苦笑)。人に運転してもらうときには『手袋してよね!』と言いたくなっちゃいます」

 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大

ポルシェ718ケイマンGTS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円


	ポルシェ718ケイマンGTS
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円
	拡大

関連キーワード:
718ケイマン, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.26 試乗記 より未来的なデザインや最新のユーザーインターフェイスを手に、華々しくデビューした新型「ポルシェ911」に、スペイン・バレンシアで試乗。最新の911は最良の911か? 長年繰り返されてきたこの問いを、新型にも投げかけてみた。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.12.19 試乗記 「ポルシェ・マカン」がデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた。いまやポルシェの販売台数の約4割を占める、収益面での柱となりつつあるコンパクトSUVは、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・マヨルカ島からの第一報をお届けする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.6 試乗記 2018年11月にロサンゼルスモーターショーでデビューした8代目「ポルシェ911(タイプ992)」に、スペイン・バレンシアで初試乗。新型911のベースモデルともいうべき「カレラS」と「カレラ4S」のステアリングを握れば、タイプ992の実力とポルシェの狙いがきっと見えてくるはずだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る