意外に早く普及する!?
世界初の「デジタルアウターミラー」って何だ?

2018.09.21 デイリーコラム

見えすぎちゃって困るの

見れば見るほど、SF映画に出てくるクルマのような……。というのは、2018年10月下旬に発売される新型「レクサスES」の、サイドミラーの話。“ミラー”といっても鏡はない。カメラで側面後方の様子を撮影し、車内のAピラー付け根にあるディスプレイに映像を表示、従来のドアミラーに勝る視界を確保するという装備だ。

こうしたメカニズムは、モーターショーをはじめとする技術展示で「未来予想図」として見たこともあるような気がするけれど、心の準備もないところに、いきなり製品化されるとは。

なんでまた、このタイミングで実現したのだろうか? トヨタ自動車 第2先進安全開発部のグループ長を務める杉原邦泰さんによれば、「2016年に国連基準が変わり、国内の規定においてもサイドミラーが“鏡”に限定されなくなった」のがきっかけ。加えて、法改正以前からこうした技術を開発したいという動きがトヨタ社内にあったこと、近年カメラの性能向上や小型化が急速に進んだことも要因という。

それから新型レクサスESの発表にあわせて実用化するまで、およそ2年間。世界初のこととあって、技術開発のほかにも国連法規の解釈に始まり、(法にかなうための)試験方法の確認や、国内外の行政機関の認証取得など、並々ならぬ苦労があったという。

そうして実現した「デジタルアウターミラー」の何がいいかといえば、「鏡よりもよく見える」ということに尽きる。疑似ミラーたるディスプレイに映し出される像の範囲は、上下方向・左右方向ともに鏡より広く、高速道路の合流(ウインカー連動)や後退(リバースギア連動)に合わせて、表示エリアが自動的に拡大・縮小される。もちろん、スイッチ操作での画角切り替えも可能だ。

筆者がこの装備を体験した日はたまたま大雨だったのだが、雨滴が付きにくいカメラの形状と車内にあるディスプレイのおかげで、うたい文句の通り視野はばっちり。薄暗い屋内駐車場でも明るい部屋にいるかのようなイメージが得られ、しかも後続車のヘッドライトがまぶしくないというのは、ちょっとしたカルチャーショックを覚えるほどだった。

2018年10月末の国内デビューが予定されている新型「レクサスES」。「デジタルアウターミラー」搭載車のサイドミラー部は、ご覧の通り従来の自動車とは一風変わっている。
2018年10月末の国内デビューが予定されている新型「レクサスES」。「デジタルアウターミラー」搭載車のサイドミラー部は、ご覧の通り従来の自動車とは一風変わっている。拡大
「デジタルアウターミラー」外観。法規上の制約により、当面は日本仕様車に限って用意される。
「デジタルアウターミラー」外観。法規上の制約により、当面は日本仕様車に限って用意される。拡大
従来のミラーに代わって像を映し出す5インチモニターは、室内側にレイアウトされる。カメラ自体も水滴の付きにくい形状とされており、雨などの影響は受けにくい。
従来のミラーに代わって像を映し出す5インチモニターは、室内側にレイアウトされる。カメラ自体も水滴の付きにくい形状とされており、雨などの影響は受けにくい。拡大
右左折時や高速道路の合流時には、ウインカー操作に連動して、自動的に画角を拡大。通常のミラーでは見られない範囲まで映し出すことで後方の視界確保をサポートする。
右左折時や高速道路の合流時には、ウインカー操作に連動して、自動的に画角を拡大。通常のミラーでは見られない範囲まで映し出すことで後方の視界確保をサポートする。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る