クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

意外に早く普及する!?
世界初の「デジタルアウターミラー」って何だ?

2018.09.21 デイリーコラム

見えすぎちゃって困るの

見れば見るほど、SF映画に出てくるクルマのような……。というのは、2018年10月下旬に発売される新型「レクサスES」の、サイドミラーの話。“ミラー”といっても鏡はない。カメラで側面後方の様子を撮影し、車内のAピラー付け根にあるディスプレイに映像を表示、従来のドアミラーに勝る視界を確保するという装備だ。

こうしたメカニズムは、モーターショーをはじめとする技術展示で「未来予想図」として見たこともあるような気がするけれど、心の準備もないところに、いきなり製品化されるとは。

なんでまた、このタイミングで実現したのだろうか? トヨタ自動車 第2先進安全開発部のグループ長を務める杉原邦泰さんによれば、「2016年に国連基準が変わり、国内の規定においてもサイドミラーが“鏡”に限定されなくなった」のがきっかけ。加えて、法改正以前からこうした技術を開発したいという動きがトヨタ社内にあったこと、近年カメラの性能向上や小型化が急速に進んだことも要因という。

それから新型レクサスESの発表にあわせて実用化するまで、およそ2年間。世界初のこととあって、技術開発のほかにも国連法規の解釈に始まり、(法にかなうための)試験方法の確認や、国内外の行政機関の認証取得など、並々ならぬ苦労があったという。

そうして実現した「デジタルアウターミラー」の何がいいかといえば、「鏡よりもよく見える」ということに尽きる。疑似ミラーたるディスプレイに映し出される像の範囲は、上下方向・左右方向ともに鏡より広く、高速道路の合流(ウインカー連動)や後退(リバースギア連動)に合わせて、表示エリアが自動的に拡大・縮小される。もちろん、スイッチ操作での画角切り替えも可能だ。

筆者がこの装備を体験した日はたまたま大雨だったのだが、雨滴が付きにくいカメラの形状と車内にあるディスプレイのおかげで、うたい文句の通り視野はばっちり。薄暗い屋内駐車場でも明るい部屋にいるかのようなイメージが得られ、しかも後続車のヘッドライトがまぶしくないというのは、ちょっとしたカルチャーショックを覚えるほどだった。

2018年10月末の国内デビューが予定されている新型「レクサスES」。「デジタルアウターミラー」搭載車のサイドミラー部は、ご覧の通り従来の自動車とは一風変わっている。
2018年10月末の国内デビューが予定されている新型「レクサスES」。「デジタルアウターミラー」搭載車のサイドミラー部は、ご覧の通り従来の自動車とは一風変わっている。拡大
「デジタルアウターミラー」外観。法規上の制約により、当面は日本仕様車に限って用意される。
「デジタルアウターミラー」外観。法規上の制約により、当面は日本仕様車に限って用意される。拡大
従来のミラーに代わって像を映し出す5インチモニターは、室内側にレイアウトされる。カメラ自体も水滴の付きにくい形状とされており、雨などの影響は受けにくい。
従来のミラーに代わって像を映し出す5インチモニターは、室内側にレイアウトされる。カメラ自体も水滴の付きにくい形状とされており、雨などの影響は受けにくい。拡大
右左折時や高速道路の合流時には、ウインカー操作に連動して、自動的に画角を拡大。通常のミラーでは見られない範囲まで映し出すことで後方の視界確保をサポートする。
右左折時や高速道路の合流時には、ウインカー操作に連動して、自動的に画角を拡大。通常のミラーでは見られない範囲まで映し出すことで後方の視界確保をサポートする。拡大
レクサス ES の中古車

本当にいいことずくめ?

ミラー(というかカメラ)自体がやや細身の棒状なので、斜め後方だけでなく、斜め前方についても死角は小さい。いままでのミラー形状や三角窓の議論は何だったのかと、しみじみ思う。

でもいっそのこと、(大きなバナナかズッキーニくらいはある)デジタルアウターミラー自体、もっともっと小さくできなかったのだろうか? 携帯電話をはじめとする他製品のカメラを考えると、指先くらいのサイズにはできそうなものだけれど……。

「いまのサイドミラーにはターンランプを点灯させる役割もありますし、(複数のカメラ映像を合成して、上方から自車を見下ろしたような映像で周囲の安全を確保する)『パノラミックビューモニター』用のサイドカメラを配置するパーツとしても大事なんです」
もちろん、突起物としてのミラーをなくしてしまうとデザイン上かっこ悪いというのも……と開発にたずさわった飯田智陽さんは笑う。

まさにその、俯瞰(ふかん)映像で周囲を確認するシステムが世に出たときのような、新鮮な驚き!

感心する一方で、本当にいいことずくめなのかと、疑念も浮かんでくる。なにかしら、従来の鏡に対するデメリットもあるのでは……? そんな意地悪な質問をしてみると、「被写体までの距離感やサイズ感のつかみやすさ」は鏡に分があり、新システムの使い始めでネックになりうるという。ただこれも、ユーザー側の“慣れ”次第で解決できるというのが開発陣の主張だ。

今回、メカニズムのコストや価格に関する具体的な話は聞けなかったものの、他モデルへの展開も検討されており、その相乗効果による低コスト化と一層の普及が期待されている。今のところは競合メーカーからの問い合わせや類似アイテムの情報はないそうだが、ニーズがあれば“われもわれも”が自動車業界の常。どんなクルマにもデジタルアウターミラーが搭載されてみんなの常識になるときは、意外に近いかもしれない。

(文=webCG 関 顕也、写真=トヨタ自動車)

メッキで飾られた「デジタルアウターミラー」。中央部分には水平基調のウインカーレンズが、中央下部には「パノラミックビューモニター」のカメラが仕込まれている。
メッキで飾られた「デジタルアウターミラー」。中央部分には水平基調のウインカーレンズが、中央下部には「パノラミックビューモニター」のカメラが仕込まれている。拡大
コックピット周辺の視界のイメージ。「デジタルアウターミラー」装着車では、サイドミラー周辺部の視界も大幅に広くなる。Aピラーの付け根に据えられる新開発モニターのサイズは5インチ。“有りもの”の7インチモニターを使ってコストを抑える案も出たものの、ステアリングホイールやエアバッグに干渉することから、適切なサイズのものを新規で作り上げたという。
コックピット周辺の視界のイメージ。「デジタルアウターミラー」装着車では、サイドミラー周辺部の視界も大幅に広くなる。Aピラーの付け根に据えられる新開発モニターのサイズは5インチ。“有りもの”の7インチモニターを使ってコストを抑える案も出たものの、ステアリングホイールやエアバッグに干渉することから、適切なサイズのものを新規で作り上げたという。拡大
夜間に明るい映像を見せられるのも、この新世代サイドミラーの特徴。ディスプレイの輝度は、照明センサーにより自動的に調節される。なお故障時は、PCが故障した際にみられるような“青画面表示”になることで、ドライバーに異常を知らせる。故障時は速やかに修理することが推奨されるが、故障状態で自走することも法的には可能である。
夜間に明るい映像を見せられるのも、この新世代サイドミラーの特徴。ディスプレイの輝度は、照明センサーにより自動的に調節される。なお故障時は、PCが故障した際にみられるような“青画面表示”になることで、ドライバーに異常を知らせる。故障時は速やかに修理することが推奨されるが、故障状態で自走することも法的には可能である。拡大

今回お話を伺った、トヨタ自動車 第2先進安全開発部の杉原邦泰 グループ長(写真右)と、飯田智陽 主任(同左)。「従来のミラーでは得られなかった視界をぜひ体験してほしいです」と、新装備のよさについて熱く語った。(写真=webCG)


	今回お話を伺った、トヨタ自動車 第2先進安全開発部の杉原邦泰 グループ長(写真右)と、飯田智陽 主任(同左)。「従来のミラーでは得られなかった視界をぜひ体験してほしいです」と、新装備のよさについて熱く語った。(写真=webCG)
	拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

レクサス ES の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。