目玉機能じゃなかったの!?
新型「アウディA8」のレベル3自動運転はどこへ消えた?

2018.09.19 デイリーコラム

世界のどこにも売っていない

アウディのフラッグシップサルーンである「A8」が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、ついに日本でも正式発表となった。A8はアウディの最上級モデルであると同時に、同社のスローガンである「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」のシンボルでもある。例えば、初代A8には量産車初のオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」が採用されているし、その後もインフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった新技術が真っ先に投入されてきた。

そして、この4代目のA8では、量産車として初めてレベル3の自動運転機能を実現したことで注目を集めたのは記憶に新しい。それが「アウディAIトラフィックジャムパイロット」という機能で、高速道路などを60km/h以下で走行する際に、発進や加速、ステアリング操作、ブレーキをすべて自動化。ドライバーはステアリングから手を離したままでもいいし、車載のテレビを見るなど、運転以外のことをするのも可能である。アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストのように、ドライバーが常に運転を監視しなくてはならないレベル2の自動運転とは大きく異なるのだ。

そんな世界初のレベル3の自動運転がついに現実に……と楽しみにしていた人も多いはずだが、残念ながら日本に導入される新型A8にはいまのところその機能は搭載されていない。それどころか、現時点でアウディAIトラフィックジャムパイロットが搭載されるA8が販売されている国はどこにもないのだ。

新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。
新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。拡大
アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(前編) 2021.4.1 谷口信輝の新車試乗 高級サルーンの代名詞的存在である「メルセデス・ベンツSクラス」が7代目に進化。走り慣れたワインディングロードで早速ステアリングを握った谷口信輝だったが、その反応は何やらいつもとは違うようで……。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
ホームへ戻る