目玉機能じゃなかったの!?
新型「アウディA8」のレベル3自動運転はどこへ消えた?

2018.09.19 デイリーコラム

世界のどこにも売っていない

アウディのフラッグシップサルーンである「A8」が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、ついに日本でも正式発表となった。A8はアウディの最上級モデルであると同時に、同社のスローガンである「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」のシンボルでもある。例えば、初代A8には量産車初のオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」が採用されているし、その後もインフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった新技術が真っ先に投入されてきた。

そして、この4代目のA8では、量産車として初めてレベル3の自動運転機能を実現したことで注目を集めたのは記憶に新しい。それが「アウディAIトラフィックジャムパイロット」という機能で、高速道路などを60km/h以下で走行する際に、発進や加速、ステアリング操作、ブレーキをすべて自動化。ドライバーはステアリングから手を離したままでもいいし、車載のテレビを見るなど、運転以外のことをするのも可能である。アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストのように、ドライバーが常に運転を監視しなくてはならないレベル2の自動運転とは大きく異なるのだ。

そんな世界初のレベル3の自動運転がついに現実に……と楽しみにしていた人も多いはずだが、残念ながら日本に導入される新型A8にはいまのところその機能は搭載されていない。それどころか、現時点でアウディAIトラフィックジャムパイロットが搭載されるA8が販売されている国はどこにもないのだ。

新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。
新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る