目玉機能じゃなかったの!?
新型「アウディA8」のレベル3自動運転はどこへ消えた?

2018.09.19 デイリーコラム

世界のどこにも売っていない

アウディのフラッグシップサルーンである「A8」が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、ついに日本でも正式発表となった。A8はアウディの最上級モデルであると同時に、同社のスローガンである「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」のシンボルでもある。例えば、初代A8には量産車初のオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」が採用されているし、その後もインフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった新技術が真っ先に投入されてきた。

そして、この4代目のA8では、量産車として初めてレベル3の自動運転機能を実現したことで注目を集めたのは記憶に新しい。それが「アウディAIトラフィックジャムパイロット」という機能で、高速道路などを60km/h以下で走行する際に、発進や加速、ステアリング操作、ブレーキをすべて自動化。ドライバーはステアリングから手を離したままでもいいし、車載のテレビを見るなど、運転以外のことをするのも可能である。アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストのように、ドライバーが常に運転を監視しなくてはならないレベル2の自動運転とは大きく異なるのだ。

そんな世界初のレベル3の自動運転がついに現実に……と楽しみにしていた人も多いはずだが、残念ながら日本に導入される新型A8にはいまのところその機能は搭載されていない。それどころか、現時点でアウディAIトラフィックジャムパイロットが搭載されるA8が販売されている国はどこにもないのだ。

新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。
新型「アウディA8」は2017年7月のアウディ サミットで世界初公開された。市販車としては世界初となるレベル3の自動運転を実現したとうたわれていたのだが……。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る