「ジャガーXJ」の2019年モデル登場

2018.09.21 自動車ニュース
「ジャガーXJ50」
「ジャガーXJ50」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月21日、「ジャガーXJ」の2019年モデルを発表し、同日、受注を開始した。

「XJ50」は2019年モデル限定グレードとして販売される。
「XJ50」は2019年モデル限定グレードとして販売される。拡大
「XJスポーツ&ラグジュアリー」
「XJスポーツ&ラグジュアリー」拡大
「XJスポーツ&ラグジュアリー」は20台の台数限定販売となる。
「XJスポーツ&ラグジュアリー」は20台の台数限定販売となる。拡大

2019年モデルでは、全車に自動緊急ブレーキを標準装備としたほか、XJの誕生50周年を記念して、2019年モデル限定グレード「XJ50」および20台限定の特別仕様車「XJスポーツ&ラグジュアリー」を設定した。

XJ50については、「プレミアムラグジュアリー」をベースに、最上級グレード「オートバイオグラフィー」と同じ形状のフロント/リアバンパーを採用。インテリアでは、18ウェイ調節機能やヒーター、クーラーマッサージ機能を備えたダイヤモンドカットのソフトグレインレザーシートやアノダイズ加工を施したシフトパドル、ブライトメタルペダルなどを特別装備する。また、リアとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付きトレッドプレートなどに「XJ50」ロゴを配した。ボディーカラーは「フジホワイト」「サントリーニブラック」「ロワールブルー」「ロッセロレッド」の全4色展開。

XJ50の特別装備の内容は以下の通り。

  • 最上級グレード、オートバイオグラフィーと同形状のフロント&リアバンパー
  • 20インチ5スプリットスポーク“スタイル5045”(グロスブラックダイヤモンドターンドフィニッシュ)
  • ボディーカラー:「フジホワイト」「サントリーニブラック」「ロワールブルー」「ロッセロレッド」
  • リアとサイドベントの専用バッジ
  • 18ウェイシート(ヒーター、クーラー、マッサージ付き)
  • ダイヤモンドカットレザーシート
  • エンボス加工の「XJ50」を配したセンターアームレスト
  • アルミニウムパドルシフト
  • ブライトメタルペダル
  • グロスシャドウウォールナットパネル
  • 専用イルミネーション付きトレッドプレート
  • 4ゾーンクライメートコントロール

一方、特別仕様車のXJスポーツ&ラグジュアリーは、「Rスポーツ」をベースに、ボディーカラーには「ファラロンブラック」を、インテリアにはアイボリーを基調としたカラーリングを採用。レーンデパーチャーウオーニングやレーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニターといった先進安全機能を標準装備としたほか、「リモートプレミアム」と「InControlアプリ」、Wi-Fiホットスポットからなるコネクトプロも装備する。

XJスポーツ&ラグジュアリーの特別装備の内容は以下の通り。

  • エクステリアカラー:ファラロンブラック
  • アイボリーを基調としたインテリア
  • LEDヘッドライト
  • 360度カメラおよびパークディスタンスコントロール
  • ブラインド・スポットアシスト
  • パークアシスト
  • コネクトプロ(リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポット)

価格はXJ50が1321万円で、XJスポーツ&ラグジュアリーが1258万円。その他のグレードは1149万円~2069万円。

(webCG)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る