2025年までに18のニューモデルを発表予定のマクラーレン
年間生産台数は75%増の6000台を見込む

2018.10.01 デイリーコラム

東京に世界初となる同一地域2店舗目のショールーム

英マクラーレン・オートモーティブは、2018年9月15日に日本国内で5拠点目となる正規代理店「マクラーレン麻布」を東京・港区にオープンした。このマクラーレン麻布を運営するのは、「ランボルギーニ」や「アストンマーティン」「ベントレー」「マセラティ」といった世界のラグジュアリースポーツカーのディーラーとして近年、積極的なネットワーク展開を行っている「スカイグループ」だ。同社にとっては実に11ブランド目の取り扱いとなる。

マクラーレン麻布の所在地やディーラーの模様は、オープン時のリポートに明るいので割愛するが、興味深いのは同じ東京・港区には、すでに「マクラーレン東京」があるということだ。

マクラーレン東京は「ポルシェ」や「ランドローバー」「レクサス」などの正規ディーラーを展開する国際グループの運営で、日本初の正規ディーラーとして「マクラーレン大阪」とともに2012年にオープン。今のマクラーレン人気をけん引した立役者ともいえる。なにせ2017年に「マクラーレン名古屋」が開設されるまで、日本の正規ディーラーはこのマクラーレン東京とマクラーレン大阪の2拠点しかなかったのだ。参考までに、マクラーレン大阪と名古屋は、ともに関西を拠点とする輸入車販売に長年の実績を持つ「八光カーグループ」が運営する。

後に福岡でも正規ディーラーが誕生し、日本でのマクラーレン販売ネットワークはステップ・バイ・ステップで拡充されていったが、5店舗目の場所がすでに商圏が確立している(と個人的には思っていた)東京であり、しかも先行店舗とは目と鼻の先ともいえそうな通常ルートで行っても3kmと離れていない距離にできたのは、実に意外であったのだ。

けれど、ことスーパーカー系に関して言えば、東京には近接する地域の同一ブランド販売拠点がいくつかある。フェラーリは芝と六本木に(共に港区)、ランボルギーニは麻布と青山に(こちらも共に港区)、そして件(くだん)のマクラーレンである。過去で言えば、アストンマーティンも飯倉と赤坂(ともに港区)にディーラーがあったのだが、これは老舗ディーラーの営業終了によって(あるいは新しい拠点に一本化したかったために?)、スカイグループが運営する「アストンマーティン東京」に移行している。

2016年3月に、現在発表されている「Track25」の前身となるビジネスプラン「Track22」を発表。これは2022年までの中期的目標だった。「Track25」は、それをより進化させた2025年までの目標となる。写真は国際モーターショーで採用されているマクラーレンのブースデザイン。
2016年3月に、現在発表されている「Track25」の前身となるビジネスプラン「Track22」を発表。これは2022年までの中期的目標だった。「Track25」は、それをより進化させた2025年までの目標となる。写真は国際モーターショーで採用されているマクラーレンのブースデザイン。拡大
2018年9月15日にグランドオープンした「マクラーレン麻布」。オープンに先がけて行われた報道陣向けの内覧会では「マクラーレン・オートモーティブ」のデザインディレクター、ロブ・メルヴィル氏が日本初公開となった「600LT」を前に、ロングテール化したデザインの特徴をプレゼンテーション。
2018年9月15日にグランドオープンした「マクラーレン麻布」。オープンに先がけて行われた報道陣向けの内覧会では「マクラーレン・オートモーティブ」のデザインディレクター、ロブ・メルヴィル氏が日本初公開となった「600LT」を前に、ロングテール化したデザインの特徴をプレゼンテーション。拡大
「日本初お披露目となった「マクラーレン600LT」。LT=ロングテールの名が付けられた4番目のモデルで、車名にある通りミドシップされた3.8リッターのV8ツインターボは600psを発生。
「日本初お披露目となった「マクラーレン600LT」。LT=ロングテールの名が付けられた4番目のモデルで、車名にある通りミドシップされた3.8リッターのV8ツインターボは600psを発生。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事