【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開

2018.10.03 自動車ニュース
新型「BMW 3シリーズ セダン」
新型「BMW 3シリーズ セダン」拡大

独BMWは2018年10月2日(現地時間)、現在開催中のパリモーターショー2018(開催期間:10月2日~14日)において、新型「BMW 3シリーズ セダン」を発表した。

 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大
 
【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開の画像拡大

BMWのミドルサイズセダン、3シリーズの7代目がデビューした。ダイナミックなデザインや正確無比なハンドリング性能に加え、効率性の高いパワートレインや先進装備を備えるなど、全方位的な進化を遂げたとBMWは主張する。新型の開発コードは「G20」。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4709×1827×1442mmで、従来モデルと比べると、76mm長く、16mm幅広く、1mm高くなった。また、ホイールベースは41mm長い2851mmに延長、トレッド幅はフロントが43mm、リアが21mmそれぞれ拡大されている。

エクステリアデザインでは、大きくなったキドニーグリルとノッチの設けられたヘッドランプユニットが新型を特徴づけている。このヘッドランプはLEDが標準で、530m先まで照らせるというレーザーライトもオプションで用意される。サイドビューではCピラーに組み込まれた「ホフマイスターキンク」(サイドウィンドウの後端を折り返した形状にするBMW伝統のデザイン)が新しい。

BMWの新たなデザイン言語に基づいてレイアウトされたインテリアは、センタースクリーンやエアコンの操作パネルをドライバー側に向けて配置するといった伝統を守る一方で、フル液晶メータークラスターやアンビエントライトといった新たな要素も採り入れている。センタースクリーンなどのユーザーインターフェイスには最新の「BMWオペレーティングシステム7.0」を採用した。

ローンチの時点でのパワーユニットは全5タイプ。ガソリンエンジンは「320i」に最高出力184psの2リッター直4ターボを、「330i」に同258psの2リッター直4ターボを搭載。ディーゼルエンジンは「318d」に同150psの2リッター直4ターボを、「320d」および「320d xDrive」に同190psの2リッター直4ターボを、「330d」には同265psの3リッター直6ターボを搭載する。すべてのエンジンがユーロ6の排ガス規制に対応している。トランスミッションは8段ATに加えて、318dと320dには6段MTも用意する。

シャシーまわりでは、従来型よりも55kg以上軽量化されながらも前後重量配分50:50をキープしたというボディーや10mm低められた車体重心、ドラッグの低減などにより、高いドライビングダイナミクスを実現。足まわりは標準仕様に加えて、よりスポーツ走行に適した「Mスポーツサスペンション」も選択できる。

安全運転支援システムについては、車線逸脱警報と自転車も検知する緊急自動ブレーキが全車に標準装備。アクティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキーピングアシスト機能などはオプションとなっている。

新型3シリーズ セダンは、2019年3月9日に発売となる。BMWジャパンによれば、日本市場への導入は同年の前半を予定しているという。

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ セダン, BMW, パリモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース