第180回:あの秒殺男がリフトのドライバーとして帰ってきた
『イコライザー2』

2018.10.04 読んでますカー、観てますカー

デンゼル・ワシントンはハリウッド最強?

ハリウッドの俳優で現在最強と目されているのは、“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンだろう。今年は『ランペイジ 巨獣大乱闘』で巨大化したワニと戦ったし、『スカイスクレイパー』ではクレーンから超高層ビルにジャンプした。見事な筋肉美を誇り、驚異的なパワーで敵を圧倒する。プロレスラー時代の雄姿が記憶に残っているから、強さにリアリティーが感じられるのだ。

しかし、デンゼル・ワシントンが本気を出すと、彼でも勝つのは簡単ではないかもしれない。2014年の『イコライザー』で彼が演じたロバート・マッコールの強さは尋常ではなかった。彼は素手で複数の敵を秒殺する能力を持っている。武器を持たずとも手近にあるものを使って相手に致命的なダメージを与えるのだ。何の変哲もないボールペンや灰皿が、彼の手によって殺傷兵器に変わる。

『イコライザー2』は4年ぶりの続編である。デンゼル・ワシントンが同じ役を2度演じるのは初めてのこと。よほどこの役が気に入ったのだろう。前作と同じアントワーン・フークアが監督を務める。彼らは2001年の『トレーニング デイ』や2016年の『マグニフィセント・セブン』でもタッグを組んでいて、お互いに信頼しあう関係だ。

前作でマッコールはボストンのロシアンマフィアを皆殺しにした。あれだけ大暴れしたのだから報復される前に姿を隠したほうがいいと思うのだが、今も同じ場所に住んでいるようだ。さすがに職場は変えた。前に働いていたホームセンターは辞めて、運転手をしている。映画の宣伝で“タクシー運転手”と記されているのは不正確で、彼はリフトのドライバーだ。ウーバーと並ぶライドシェアサービスである。

 
第180回:あの秒殺男がリフトのドライバーとして帰ってきた『イコライザー2』の画像拡大
 
第180回:あの秒殺男がリフトのドライバーとして帰ってきた『イコライザー2』の画像拡大
 
第180回:あの秒殺男がリフトのドライバーとして帰ってきた『イコライザー2』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事