「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場

2018.10.03 自動車ニュース
「DS 3カフェレーサー」
「DS 3カフェレーサー」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年10月3日、DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に特別仕様車「CAFÉ RACER(カフェレーサー)」を設定し、販売を開始した。

 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大

内外装を飾るクラシカルなグラフィックにも注目

今回の特別仕様車は、車名にも表れているとおり、1960年代の英国のモーターサイクルカルチャーである“カフェレーサー”をモチーフにしたスタイルを特徴としている。

特に目を引くのが、ボルドー在住のアーティスト、ブルーノ・ミショー氏が手がけたというグラフィックで、最も大きなルーフトップのグラフィックには、車名からとった「3」やヴィンテージ風にデザインした「DS」の文字、かつての世界ラリー選手権での勝利を象徴する月桂冠(げっけいかん)、カフェレーサー発祥の地である「エースカフェ」のロゴのクローバーなどを採用。「CAFE RACER」のロゴに添えられたローマ数字「MCMLV」は、往年の名車「シトロエンDS」が生まれた1955年を表したものだ(M=1000、CM=900、L=50、V=5)。また、“シャークフィン”と呼ばれるBピラーやダッシュボードにも、ブルーノ・ミショー氏の手になるグラフィックがあしらわれている。

このほかにも、エクステリアではフロントグリルを縁取る「DSウイング」と呼ばれる装飾やボディーサイドモールをマットブラックで塗装。ドアミラーカバーやドアハンドル、17インチアロイホイールもブラックで統一し、DS 3にワイルドなテイストを加味している。

一方インテリアには、ウオッチストラップをモチーフとしたナッパレザーのシートを採用。クラシカルなクレームパルテノンのダッシュボードも特徴となっている。

価格は305万円。ブルーノ・ミショー氏が手がけたモノグラムをあしらった、シルクスカーフとポケットチーフが付属している。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3, DS, 自動車ニュース

DS DS 3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る