「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場

2018.10.03 自動車ニュース
「DS 3カフェレーサー」
「DS 3カフェレーサー」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年10月3日、DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に特別仕様車「CAFÉ RACER(カフェレーサー)」を設定し、販売を開始した。

 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場の画像拡大

内外装を飾るクラシカルなグラフィックにも注目

今回の特別仕様車は、車名にも表れているとおり、1960年代の英国のモーターサイクルカルチャーである“カフェレーサー”をモチーフにしたスタイルを特徴としている。

特に目を引くのが、ボルドー在住のアーティスト、ブルーノ・ミショー氏が手がけたというグラフィックで、最も大きなルーフトップのグラフィックには、車名からとった「3」やヴィンテージ風にデザインした「DS」の文字、かつての世界ラリー選手権での勝利を象徴する月桂冠(げっけいかん)、カフェレーサー発祥の地である「エースカフェ」のロゴのクローバーなどを採用。「CAFE RACER」のロゴに添えられたローマ数字「MCMLV」は、往年の名車「シトロエンDS」が生まれた1955年を表したものだ(M=1000、CM=900、L=50、V=5)。また、“シャークフィン”と呼ばれるBピラーやダッシュボードにも、ブルーノ・ミショー氏の手になるグラフィックがあしらわれている。

このほかにも、エクステリアではフロントグリルを縁取る「DSウイング」と呼ばれる装飾やボディーサイドモールをマットブラックで塗装。ドアミラーカバーやドアハンドル、17インチアロイホイールもブラックで統一し、DS 3にワイルドなテイストを加味している。

一方インテリアには、ウオッチストラップをモチーフとしたナッパレザーのシートを採用。クラシカルなクレームパルテノンのダッシュボードも特徴となっている。

価格は305万円。ブルーノ・ミショー氏が手がけたモノグラムをあしらった、シルクスカーフとポケットチーフが付属している。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3, DS, 自動車ニュース

DS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る