第8回:アルピーヌA110(後編)

2018.10.17 カーデザイナー明照寺彰の直言
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

「アルピーヌA110」のデザインについて、その弱点を指摘しつつ、同時に「欲しくなった」とも語った明照寺氏。その理由はどこにあるのか? 現役の自動車デザイナーが個人的な欲望を刺激されるクルマとは、どのようなものなのか?

市場における数少ないライバルと目される「ポルシェ718ケイマン」。言わずと知れた、ポルシェのコンパクトスポーツカーである。
市場における数少ないライバルと目される「ポルシェ718ケイマン」。言わずと知れた、ポルシェのコンパクトスポーツカーである。拡大
モンテカルロラリーの舞台としても知られる、雪のチュリニ峠を行く「アルピーヌA110」。ブランド名の「アルピーヌ」とは「アルプス」の仏語読みで、創始者のジャン・レデレが、アルプスの山岳路を好んだことから命名したものだ。
モンテカルロラリーの舞台としても知られる、雪のチュリニ峠を行く「アルピーヌA110」。ブランド名の「アルピーヌ」とは「アルプス」の仏語読みで、創始者のジャン・レデレが、アルプスの山岳路を好んだことから命名したものだ。拡大
「ポルシェ718ケイマン」のサイドビュー。寸法を比較すると、「アルピーヌA110」が全長×全幅×全高=4205×1800×1250mmなのに対し、こちらは同=4385×1800×1295mmと、ケイマンの方が全長が長い。
「ポルシェ718ケイマン」のサイドビュー。寸法を比較すると、「アルピーヌA110」が全長×全幅×全高=4205×1800×1250mmなのに対し、こちらは同=4385×1800×1295mmと、ケイマンの方が全長が長い。拡大
コンパクトなミドシップ車ということもあって、似たようなスタイリングの両車だが、フロントまわりの厚みが大きな違いとなっている。
コンパクトなミドシップ車ということもあって、似たようなスタイリングの両車だが、フロントまわりの厚みが大きな違いとなっている。拡大

細部に見るスポーツカーとしての“完成度”

明照寺彰(以下、明照寺):「なんで欲しいと思ったか?」の話をする前に、少し寄り道させてください。まず、このクルマのコンペティターは「ポルシェ718ケイマン」なんだろうと思います。

永福ランプ(以下、永福):価格的にもサイズ的にも、そうでしょうね。

明照寺:実際、こうして写真を並べて見ると、結構近いプロポーションをしています。ただ、アルピーヌよりケイマンの方が、タイヤに対してのフロントフェンダー付近の“大きさ感”が、軽い。

ほった:フロントタイヤのまわりが、だいぶ薄い感じですね。

明照寺:そういうところ、ケイマンの方がよりスポーツカーとしてストイックなんです。ただ、アルピーヌはもともとラリーで活躍していたクルマですし、多少グラベルのイメージも持たせるなら、このプロポーションは納得できます。ケイマンほど地べたをはいつくばっていませんけど、実車を見たら好意的に感じましたね。

永福:いや~。私はこの2台のサイドシルエットを見比べて、逆にケイマンのデザインがいかにパーフェクトに近いか、思い知ってしまったなぁ。

明照寺:クルマって、フロントフェンダーの薄さがかなり重要なんですよ。厳密に言うと、タイヤセンターの上の部分ですね。リアもそうですけど、タイヤセンターでぶった切った時、ここをどれだけ軽く見せられるかが、クルマの軽快感、スポーツ感、踏ん張り感に効いてくる。側面のシルエットもそうですけど、上面から見てタイヤより外側になる部分の切り落とし方も、ポルシェはとても注意して作っています。

永福:そういうところが、パーフェクト感を生んでいるんですね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 「ポルシェ911」と「718ケイマン/ボクスター」に限定モデル 懐かしの青いボディーカラーが特徴 2019.8.8 自動車ニュース ポルシェジャパンが「718ケイマンGTS」「718ボクスターGTS」「911カレラGTS」「911カレラGTSカブリオレ」の特別仕様車「ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー」を発売すると発表。外装色を「マリタイムブルー」としたもので、各1台の限定販売となる。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
ホームへ戻る